アリョーナ・コストルナヤ フランス国際2019 エキシビション演技 (ホームビデオ撮影)

2019年ISUグランプリシリーズ第3戦、フランス・グルノーブル(Grenoble)のペティノワール・ポレサッドで開催された国際競技会「2019年フランス国際(2019 Internationaux de France de Patinage)」、女子シングル優勝、ロシア代表-アリョーナ・コストルナヤ(Alena KOSTORNAIA)のエキシビション演技の動画です。


Date:2019年11月3日
曲名:Bishop Briggs 映画『フィフティ・シェイズ・フリード』より「Never Tear Us Apart」 (Never Tear Us Apart by Bishop Briggs)

フィフティ・シェイズ・フリード [Explicit] (オリジナル・サウンドトラック)

フランス・グルノーブル開催 ISUグランプリシリーズ第3戦 フランス国際2019(フランス大会)の出場選手、日程、結果。男子シングルはネイサン・チェンが優勝、宇野昌磨8位。女子シングルはアリョーナ・コストルナヤが優勝、坂本花織4位、樋口新葉6位、白岩優奈9位。

(ホームビデオ撮影)

(ホームビデオ撮影)

『アリョーナ・コストルナヤ フランス国際2019 エキシビション演技 (ホームビデオ撮影)』へのコメント (2件)

  • 1
    こたつ猫  2019/11/04(月) 20:16:50  ID:5e5efe971

    う~ん、このエキシはいまいちかな。どうして女子はエキシになるとステッキとか傘とか小道具を使いたがるのか。そんなもの小細工いらないから、ただ普通にのびのびと滑ってほしい。これ止めて昨年のピアソラやってください。コストルナイヤさんなら黒の練習着でも最高にカッコいいから。

  • 2
    もう一人の通りすがり  2019/11/07(木) 01:53:46  ID:50aaabe0a

    いやあ、このエキシ演技も素敵ですよ〜。
    私は「変なもん」じゃなければエキシで小道具使うの大好きです。。
    今までで一番好きなのは真央ちゃんの扇、あってもなくてもよかったかもしれないけれどザギトワの2年前のザギ虎ライト、昨年エキシのトゥクタミのスチュワーデスさんのお盆にコップ、古いところでヤグディンのグラディエーターの両手小刀、よく使う薄布もきれいだと思います。衣装替えは最近試合でもやるようになってきましたが、これもどっちかっていうとエキシ向けかな。ポゴリラヤもかつら&衣装がえやってましたよね。
    どちらかというと、ちょっとやりすぎのふざけパターン、着ぐるみ系は個人的には「結構です」と言いたくなりますが。
    コストルナイヤ、器用なので小道具づかいもなかなかうまいもんだと思います。
    ネクタイなんか首に巻いちゃって、エレガントで思いっきり女性らしいのがこれも似合っちゃうんだから本当に憎い。背の割に意外と靴が大きく見えるんですが、もしかしてすらっと背が伸びたりするのかな・・・。
    では、もう一回動画リピして見ようかな・・