Currently set to Index
Currently set to Follow

村主章枝 世界選手権2006 フリー演技 (解説:イギリス英語・カナダ英語)

村主章枝 世界選手権2006 フリー

2006年カナダのカルガリー(Calgary)で開催された2006年世界フィギュアスケート選手権
(2006 World Figure Skating Championships) 、日本代表-村主章枝(Fumie SUGURI)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2006年3月25日
曲名:セルゲイ・ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18」 (Piano Concerto #2 in C minor, op.18: I Moderato by Sergei Rachmaninov)

技術点:58.86
構成点:60.29
合計:119.15

B0053MFJ24ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&パガニ-ニ狂詩曲
ラン・ラン

カナダ・カルガリー開催、2006年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。女子シングルはキミー・マイズナー(米国)が優勝、村主章枝2位、中野友加里5位、恩田美栄11位。男子シングルはステファン・ランビエール(スイス)が優勝、織田信成4位


(カナダ英語)

(イギリス英語)

(アメリカ英語)

(インタビュー)

『村主章枝 世界選手権2006 フリー演技 (解説:イギリス英語・カナダ英語)』へのコメント (5件)

  • 1
    ○×  2009/05/20(水) 19:47:43  ID:d0028df3a

    当時の村主選手絶対痩せすぎo(××)o
    線が細すぎて、パワーが感じられなかった。
    今季は適正体重に戻ったのか、ややふっくらした感じで(それでも細いけど)良かった。
    もう29歳ですよね。
    これまで、死ぬほど努力して練習して来たと思うし、彼女にとって有終の美で完結できたらいいなと思う。。。

  • 2
    misa  2009/05/23(土) 15:41:20  ID:1f835a82b

    このPG本当に好きです。
    サルコウにミスが出たけど、この世界選手権での滑りは本当に綺麗で感動しました。
    彼女の選手人生の集大成のPGなんだろうなぁ…
    何度負けても、転んですりむいても前に進み続ける彼女が好きです。
    そして、彼女の頑張りに奮起させられたサーシャ。
    二人とも満足のいく来期になるように頑張って!!

  • 3
    aki  2009/05/23(土) 15:57:06  ID:75ed385e1

    濃紺に薄い紫のこの衣装、好きでした。

  • 4
    ce  2009/05/24(日) 02:42:30  ID:8569c77d9

    村主さんは会場によって映える衣装を選ぶとトリノオリンピック前に聞いたことがあります。
    トリノのときはオレンジと紫という組み合わせでしたが、
    この同色系の衣装のほうがより好みです。
    村主さん、24日ジャンクスポーツ、25日深イイ話、4日ケンミンSHOW出演だそうです。

  • 5
    dakota  2010/01/03(日) 02:10:36  ID:6baf66c81

    全日本を見終えて、独り言っぽいですが。。。
    このとき、村主選手が世界女王になるかもしれない・・・と祈るような緊張で他の選手の演技を見ていたような覚えがあります。
    この前 数年間、国際大会で魅力あふれる演技で日本の枠を取ってきてた。
    その枠あってこその今の日本女子フィギュアの黄金期があると思ってます。
    なのに、トリノの金ですっかり荒川さんに注目がうつってしまって。
    もちろん荒川さんは2004年の世界女王だし、オーラあふれる滑りは大好きなのだけど、なんていうか、功労者の村主選手に神様がご褒美くれてもいいのでは・・・って思っていました。
    あなたのやってきてくれたこと、覚えているフィギュアファンだっていっぱいいるよ。
    ありがとう。