Currently set to Index
Currently set to Follow

浅田真央 世界選手権2007 エキシビション演技 (解説:アメリカ英語)

浅田真央 世界フィギュアスケート選手権 EX

2007年東京の東京体育館で開催された世界フィギュアスケート選手権(2007 World Figure Skating Championships)、女子シングル第2位、日本代表-浅田真央(Mao ASADA)のエキシビション映像の動画です。


日時:2007年3月25日
曲名:作曲-ジョルジュ・ビゼー ヴォーカル-フィリッパ・ジョルダーノ 歌劇『カルメン』より「ハバネラ」(Habanera from Carmen by Georges Bizet / Filippa Giordano)

B000FIHBAYフィリッパ・ジョルダーノ
サルトーリ ジョルダーノ(フィリッパ)

東京開催、2007年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。女子シングルは安藤美姫が優勝、浅田真央2位、中野友加里5位。男子シングルはブライアン・ジュベール(フランス)が優勝、高橋大輔2位、織田信成7位。

(フランス語)

(アメリカ英語)

(解説なし)

『浅田真央 世界選手権2007 エキシビション演技 (解説:アメリカ英語)』へのコメント (3件)

  • 1
    にゃんきち  2009/02/24(火) 17:37:46  ID:0b2854882

    なつかし~。かわいい~。
    キュートなハバネラ。
    やっぱり好感のもてる笑顔だね。

  • 2
    睦月  2010/11/09(火) 23:21:20  ID:327c50818

    スピードありますね。
    これは、まおまおしちゃいますな,、’`,、 (´∀`) ,、’`,、

  • 3
    ゼット  2015/04/30(木) 21:41:42  ID:3e2da0b38

    この季のEXの真央ちゃん、かわいいことはかわいいんだけど、 「ハバネラ」の選択はちょっと違うような。
    振り付けもちょっと手抜きされて作られたかな、という印象。
    「ハバネラ」を舞うには二年ほど早かったような…
    振り付けは十代前半の子になら違和感ないが…
    曲の持つ妖艶さとkiddyな振り付けのミスマッチ(汗)
    どうせいゆうねん?!、 が素直な感想。
    ワールドで優勝候補と目される選手のEXにはふさわしくないと思う。
    もっとキツく言えば振付師として世界に恥をさらすようなもの。
    次の季のEXが素晴らしいだけに残念な思い。