河辺愛菜 JGPレークプラシッド2019 フリー演技 (解説:英語)

ジュニアグランプリシリーズ第2戦、アメリカ・ニューヨーク州レークプラシッド(Lake Placid)ハーブ・ブルックス・アリーナで開催された国際競技会「JGPレークプラシッド2019(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating – Lake Placid)」、日本代表-河辺愛菜(Mana KAWABE)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2019年8月31日
曲名:クリント・マンセル 映画『ブラック・スワン』より  (Black Swan by Clint Mansell (based on Petr Tchaikvoski))
技術点:56.09
構成点:53.17
合計:109.26

ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック

アメリカ・レークプラシッド開催、JGPS第2戦レークプラシッド2019の出場選手・日程・結果・動画リンク。男子シングルは佐藤駿が優勝、女子シングルはアリサ・リュウが優勝、河辺愛菜5位、田中梓14位、アイスダンスは吉田唄菜&西山真瑚組6位。

『河辺愛菜 JGPレークプラシッド2019 フリー演技 (解説:英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    にゃあ  2019/09/05(木) 16:10:10  ID:d68b3674b

    スケーティングが素晴らしいですね!
    時折見せる鋭い眼差しがすごく良い。
    キスクラで見ると膝にサポーターしてるけど
    調子悪かったんでしょうかね
    所属が変わったのかな?
    今季3A試合で跳べますように!

  • 2
    S  2019/09/08(日) 07:42:55  ID:3b5d5e295

      ノービスBのころからSSが図抜けて素晴らしかった子です。ここ2シーズンは、身体が大きくなったこともあって不調でした。
     実技を見るのは久しぶりですが、いや、まぁ、凄いね。滑りだけ取ったら、すぐにシニアに行っても構わない。身体の動きも切れてるし。紀平とでもタメ張りそうな。
     氷が合わなかったのかなぁ。ちゃんと踏み切れてない。身体の動きは問題ないので、次は調整できてると期待します。
     とにかくお疲れ。全日本Jr、必ず推薦枠を争ってくれ。