マッテオ・リッツォ 世界選手権2019 フリー演技 (解説:ロシア語)

埼玉県さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催された国際競技会「2019年世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2019)」、イタリア代表-マッテオ・リッツォ(Matteo RIZZO)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2019年3月23日
曲名:クイーンメドレー (Bohemian Rhapsody by Queen + Love Of My Life by Queen + Don’t Stop Me Now by Queen)
技術点:83.31
構成点:81.98
減点:1.00
合計:164.29

さいたま市・さいたまスーパーアリーナ開催、2019年世界フィギュアスケート選手権の出場選手、日程・結果、動画リンク。男子シングルはネイサン・チェン(アメリカ)が優勝、羽生結弦2位、宇野昌磨4位、田中刑事14位。女子シングルはアリーナ・ザギトワ(ロシア)が優勝、紀平梨花4位、坂本花織5位、宮原知子6位。

(解説なし 23分56秒~)

(ロシア語)

(イギリス英語)

(ロシア語)

(イギリス英語)

(インタビュー)

『マッテオ・リッツォ 世界選手権2019 フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (6件)

  • 1
    YOKO  2019/03/23(土) 22:05:27  ID:1873102bf

    リッツォ君、緊張が伝わってきた〜(^^;
    最初固くて4Tも転倒して心配したけど、その後ジャンプは成功させました
    最終グループの空気、いい経験になったと思う。強くなって下さい!
    3Aに入る前の、大きなスケーティングが好きです
    ジャンプは正直、迫力は無いんだけど演技の中に収まってるし、何といっても美しいスケーティング、華麗なステップ、観客を惹きつけるムーブメント、魅せる所がいっぱいありますよね
    4回転時代とは違う、新しい旋風を巻き起こして欲しいです
    イタリアは2枠獲得?がんばりました(^^)
    来季も期待しています!
    また日本に来てね〜♡

  • 2
    ブログ  2019/03/23(土) 22:59:00  ID:cd8d12754

    ワールド、最終グループ総合7位は立派です。

    何を着ても似合う体系、まだ若いし北京までいけますとも。
    ジャンプ面での難易度うまく決まらないとダンス・カテゴリーかと一瞬。
    あの後半のノリノリのメロディーはアイスショーでもおなじみ、こちらも一緒に踊りたくなる~ぅ。

  • 3
    Riu  2019/03/24(日) 10:07:47  ID:4c371296b

    今季、最も上手くなった選手の一人だと思います。
    2枠獲得おめでとう!

  • 4
    たまやん  2019/03/24(日) 22:44:55  ID:7fd001546

    まだ若い!
    これから活躍が’期待される選手ですね。
    クイーンの曲。
    映画ボヘミアン・ラプソディーが’流行ってタイムリー。
    この曲はエキジビション向きかな?
    ドンストはやはりマッチーを思い出します。
    でも若々しい演技に見入りました。

  • 5
    黒トリュフ  2019/03/28(木) 17:19:40  ID:f838f5b18

    ほんとにほんとに2枠とれて良かった。
    緊張したんだろうなあ。
    取りあえず来年はリッツオくんもグラスルくんも2人とも出られそうですね。
    特徴が対照的のような2人だけどグラスルくんの存在がリッツオくんの良い発奮材料になっているのかも知れませんね。
    今季はグラスルくんがナショナルで優勝し世界ジュニアの方に出て世界選手権が補欠でしたが来年はユーロの時の様に2人で上位に食い込んでますます面白くさせてくれることに期待してます。

  • 6
    ポムポム  2019/04/04(木) 00:24:49  ID:e1983b484

    今季大ヒット映画クイーンの音楽が流れたのと、意外と上手な選手だなと気がついて、うれしくなりました。