◆注目の大会

タグ:国別対抗戦2019

島田高志郎 全日本ジュニア選手権2018 フリー演技 (解説:日本語)

福岡県福岡市のアクシオン福岡で開催された国内競技会「JOCジュニアオリンピックカップ大会 第87回全日本ジュニア選手権大会」、島田高志郎 (Koshiro SHIMADA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年11月25日
曲名:アストル・ピアソラ 「ブエノスアイレスの冬」  (Winter in Buenos Aires by Astor Piazzolla)
技術点:59.58
構成点:69.10
減点:1.00
合計:127.68

Astor Piazzolla: Four Seasons of Buenos Aires – Vivaldi: Four Seasons
Gidon Kremer

『島田高志郎 全日本ジュニア選手権2018 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (7件)

  • 1
    ブログ  2018/11/26(月) 13:07:51  ID:958c841d1

    SPの1位発進、これはもしかしてが3位。
    これはこれですごいと思いますがなんとなく用心深い滑り。
    今一つ迫力にかけたような、全日本で見られるのはうれしい。

  • 2
    S  2018/11/26(月) 16:02:11  ID:8be90f10c

     SPの80点超えは見事でした。とにかく今の国内ジャッジは厳しいですから。<やeや!を、情け容赦なくスコアに突き刺していきます。
     総合順位もむしろこれで良かったのでは。大いに刺激になったでしょう。うかうかしてたら、下の世代にどんどん抜かれてしまう。気合を入れ直せたんじゃないですかね。
     ファイナル直後に全日本で代表争い。FPをドタバタで作り直す手間も考えたら、佐藤達を相手に1枠を争うのは並大抵な戦いじゃない、、、じゃないけど、頑張ってくれ。

  • 3
     2018/11/26(月) 16:14:41  ID:684173cad

    4T入れずの3A2つ確実に出来るだけクリーンにとか
    思いますがそういうわけにはいかないのかな
    まだまだ身長が伸びているように見えます。
    頑張って欲しいな
    ショートのアディオス、すごかったそうで見たいです。

  • 4
    はい  2018/11/27(火) 22:05:19  ID:1bdae28db

    正直、ジャンプがなくても島田さんの演技は魅入られるわ。
    表現者にもハイレベルなジャンプの要素が、今はどうしても必要なのかぁ。厳しい時代だね。

    ガクンとしたジャンプやとりあえずのつなぎ、とりあえずの演技で構成されたものでも、ハイレベルなジャンプさえ決まれば上位者というのがちょっと気分的につまらない今日この頃。
    採点の基準が大幅に変更された今季はそういう意味では期待してたのだけれどなあ。
    私はもっと表現者の活躍するフィギュアが見たい。

  • 5
    いちじく  2018/11/28(水) 12:44:07  ID:296b1eb3d

    4T挑戦したんですね!

    いいんじゃない!
    これから絶対必要となるし、試合で4T入の構成を試すのは大事。
    回を重ねて3A共々安定していくといいね。

    このプログラム最後が突然幸せモードになって笑顔で終わるのが、なんかランビっぽくって好きですww

  • 6
    メグ  2018/11/28(水) 22:07:54  ID:3ed9cc51c

    親元を離れて、一人で外国暮らしで炊事、洗濯やらも頑張っている高志郎君。
    生活全てから日々精進してますネ!
    日本選手権とジュニアグランプリファイナルでまた開花しますように、陰ながら応援しています!

  • 7
    孫悟空  2018/11/29(木) 09:13:12  ID:b7a955144

    「はい」さんへ

    「ジャンプがなくても・・・演技は魅入られる」というのは、

    4回転や3Aがバンバン跳べる選手に対する褒め言葉では(笑)。

    私も、島田選手応援してるけど、来年は4回転2種は跳べないと、北京オリンピック行けないでしょ。

    目先の結果に拘らず、挑戦しなきゃね。

    技術が安定するまで、まだまだ、その先があるんだから。