パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ フランス国際2018 フリー演技 (解説:フランス語・ロシア語)

2018年グランプリシリーズ第6戦、フランスのグルノーブル(Grenoble)で開催された国際競技会「フランス国際2018(ISU Grand Prix of Figure Skating Internationaux de France 2018)」、カナダ代表-パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ組(Piper GILLES / Paul POIRIER)のフリーダンス演技の動画です。


Date:2018年11月23日
曲名:ドン・マクリーン 「ヴィンセント」 (Vincent by Don McLean)
技術点:60.75
構成点:53.74
合計:114.49

American Pie
Don McLean


フランス・グルノーブル開催 ISUグランプリシリーズ第6戦 フランス国際2018(フランス大会)の出場選手、日程、結果。女子シングルは紀平梨花が優勝、三原舞依2位、本田真凜6位。男子シングルはネイサン・チェンが優勝、田中刑事8位。

(フランス語)

(ロシア語)

(スペイン語)

(イギリス英語)

(解説なし)

『パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ フランス国際2018 フリー演技 (解説:フランス語・ロシア語)』へのコメント (2件)

  • 1
    島暮らし  2018/11/25(日) 02:31:04  ID:70e9da4df

    3位おめでとう!
    このプロ好きなのにファイナルに出られません。
    ロシア杯に彼らが出ていたら、ファイナルに行かれたんじゃないでしょうか。
    ポイント制だから、ほんと残念。
    衣装までこんなよくできたストーリーの美しい絵画のダンスなのに(涙)
    ファンがひまわりの花束渡しました。ゴッホだからですね、おしゃれ!冬なのにと思ったら造花だったのかな。

  • 2
    Da Capo  2018/11/25(日) 03:20:22  ID:a6afde19e

    ライスト見てました。3位おめでとうございます^^

    すごく素敵なプログラム+良い演技だったのに、母国のファイナルは無理でした…残念。
    ホント、激戦区に入ってしまったのが運が悪かったとしか。。。(泣)

    でも ナショナルできっと結果を出して、ワールドには出られますよね?!

    平昌五輪が終わって、団体金メダルのカナダも 有力選手が引退したり休養したりで層が薄くなってしまったけど、でもどのカテゴリよりも やっぱりカナダはアイスダンスが一番ハイレベルじゃないかと思います。

    怪我なく実力を発揮して ワールドはさいたまに来てくれますように。楽しみに待っています。

    ひまわりの花束を渡したファンの方、センス◎!