TSL GPSスケートアメリカのおさらい (2018/10/21-英語)

TheSkatingLesson.comのデイヴィッド・リースとオペラ歌手のジョナサン・ベイヤーがグランプリシリーズ第1戦スケートアメリカについて語った動画です。映像は「TheSkatingLesson.com」のYoutube公式チャンネルで公開されたものです。


アメリカ ワシントン州エバレット開催、ISUグランプリシリーズ第1戦 スケートアメリカ2018の出場選手・日程・結果。女子シングルは宮原知子が優勝、坂本花織2位、本田真凜8位。男子はアメリカのネイサン・チェンが優勝。

(宮原知子:1時間11分55秒辺り~、坂本花織:1時間16分20秒辺り~、本田真凜:1時間18分15秒辺り~)

『TSL GPSスケートアメリカのおさらい (2018/10/21-英語)』へのコメント (23件)

  • 1
    その他  2018/10/23(火) 20:51:43  ID:5f051a043

    https://www.youtube.com/user/TheSkatingLesson
    管理人さんがアップして下さった動画の他に最近公開されていた動画です。

    This and That: 2018 JGP Yerevan, Gracie Gold, Daisuke Takahashi and Carnival on Ice
    (2018/10/14 に公開)
    https://www.youtube.com/watch?v=srmMx4MuWUg

    +5/-5: Judging the Jumps of Yuzuru Hanyu, Shoma Uno and Jason Brown
    (2018/10/04 に公開)
    https://www.youtube.com/watch?v=cvvxYr5HbqQ

    ※この理解が正しいかどうか分かりませんが、この動画作成者は音声から起こす自動英語字幕表示設定・日本語を含む多言語自動翻訳設定付きにしてくれているようです
    ◆PCでの使い方を説明して下さっています
    https://www.howtonote.jp/youtube/play_video/index6.html

    英語がご堪能な方や、学生時代に真面目に英語を勉強しなかった、あるいは、真面目に勉強したが遠い昔過ぎてうろ覚え、だが、これを機会に勉強してみるか~、あるいは、ぼけ防止に思い出してみるか~、と思っていらっしゃる方の中で、お時間とご興味のある方はどうぞ~。私は・・・その両方のために見てみます。正解が分かるかどうかは・・・神のみぞ知る。

  • 2
    くり  2018/10/23(火) 21:27:50  ID:d2a0f0865

    宮原選手の話題になった途端、ジョナサンが「大・満・足」みたいな様子がアリアリで笑っちゃいました。
    デイヴもタンゴ×知子の組合せには疑問符を抱きつつもその表現力の進化を絶賛してますね。<ウムウムそうであろう。
    対して自国のブレディの表現面には辛口気味。この人はGGが出て来た当初も同じように厳しかったと記憶してます。

    相変わらず二人とも坂本選手にはアッサリ目…?

    本田選手には、まあ以前は期待値大きかったのが最近ガッカリ感が否めない様ですね。<いつか見返してほしい。
    ジョニー・タラ・テリーの3人がジャンプの深刻な回転不足を無視して、まだ手放しで褒めてるのが理解できない、みたいな事言ってる?

    しかし長すぎて全部見れませんでした。orz
    全部の話が分かるように、アイスダンスなんかもじっくり見てみたいですね。

  • 3
     2018/10/23(火) 21:41:44  ID:b1c6513e4

    訳して下さるのもありがたいのですが、ジャッジでないこの方達の言いたい放題の不文律、聞きたくない時もあります。
    信じていけない場合もありただの自己主張の時もー

  • 4
    ミントT  2018/10/23(火) 22:07:18  ID:9dea55507

    欧米の伝統的なタンゴが好きな方には、宮原さんの端正で清純な雰囲気のプログラムに違和感を感じるんでしょうか。映画でよくあるホットな?ちょっと乱れた感じの?とは違いますよね。

  • 5
    くり  2018/10/24(水) 19:24:23  ID:35e8028be

    リッポンが宮原選手のスケアメ演技に
    ”Satoko Miyahara has BDE“ってツイートしてて
    上品な知子ちゃんに巨⚫️エネルギーってどういうこっちゃねん!?って思ってたけど、デイブらネイティブの人から見ても変テコなツイだったのね。
    悪い意図じゃ無いかったんだろうけどヤメてリッポン

  • 6
    天然桃元帥  2018/10/24(水) 19:34:44  ID:50aa810a8

    誰か翻訳してください。お願いします。

  • 7
    FSF  2018/10/24(水) 23:10:49  ID:7216a4d96

    宮原、坂本、本田、各選手の部分をまとめてみました。雑談は省いてありますが、5.くりさんがアダムの件に触れておられるので、そこはざっと訳してみました。ご参考までに…。意訳、省略ありです。誤訳の訂正、補足など指摘していただければ助かります。
    *****

    宮原知子
    歴史的といえば知子のプロ。素晴らしかった。SP『小雀に捧げる歌』は手の使い方、動き、2Aや3Fの前など要素と要素の間の振り付け、コンビネーションジャンプも良くなっていた。終盤のステップシークエンスから締めのレイバックスピンまでが特に良かった。両方とも最高の出来だ。ただただ美しかった。神秘的で魅惑的で素晴らしかった。最高級のジャンプがなくてもGPSで知子が優位なのは、これがあるからだ。

    だが、ジャンプをしっかり跳べた知子とブレイディ(テネル)では、その差は歴然。トーマス・キンケイドとヴァン・ゴッホの絵を並べて見ているよう。一芸に秀でた者と全てに秀でた者との違い。知子は、美しい物語となる文章をスケーティングで紡いでいる。全てを超越したスケールの大きさにプロトコルも気にならない。

    今季、スケーティングが飛躍的に進化した。個人的に知子に合わないと思うタンゴでさえ成長が見られた。振り付けにこだわりトム(ディクソン)の元へ通って手直ししているので、今大会は動きが進化し振り付けのニュアンスが全て伝わって来た。もの凄いこだわりと自信が見て取れた。アダム(リッポン)は知子のことをBDEだと言っていた。女子に使う言葉じゃないと思うが、意味はググってみて。アダムが言いたかったのは、知子は揺るぎない自信を持っているってこと。

    衣装も知子の魅力を引き立てていて良い。全てが内面から出ているかのように自然に調和している。タンゴは変化している。FSは必ずしも知子を定義するプロではないが、SPは素晴らしい。しかも更に素晴らしくなるポテンシャルを秘めている。FSは全日本頃までにはもっと良くなるだろう。このプロは知子のスケーティングを進化させ、確実にジャンプの競争力を上げた。陣営側がそこに着手したのは見事だ。

    PCS及び全てにおいて公平にジャッジするなら、ザギトワには当然ジャンプのポイントが与えられる。だが、ザギトワのプロはジャンプと同じレベルにはない。同様に知子のジャンプはプロと同じレベルにはない。全体的に見て、二人の総合点はもっと近いはず。そろそろPCSのウェートを重くする時期ではないだろうか。特に+5/-5システムにおいてバランスを取るために。このシステムは芸術性を支持するとジョニー(ウィアー)は言うが、ミスを減らすのに役立っているのであり必ずしも芸術性を支持しているわけではない。この二つは全く別物だ。

    坂本花織
    活気が出て来た。ブノワ(リショー)とよく振り付けを練習したようだ。ブノワは鋭い動きを好む。例えばジャンプからバックスリーターンでポーズを決める鋭角の動き。ブノワのスタイルを以前よりうまくまとめている。白にオンブレグレーのFS衣装は、あまり映えないと思う。

    (SPに関しては二人の意見が分かれ、衣装もプロも良かったというデイヴに対し、ジョナサンは「曲は好まない、衣装は腰にパラシュートを巻いたようで気が散った」との事。)

    ジャンプは素晴らしい。伸びやかさはあまりないが、前より少し改善されており努力が見られる。ジャンプの着氷時、片足を伸ばさずだらりと下げるので両足着氷ではないのにそう見えてしまう。知子の場合、片足はエッジに乗り、もう片足は後方に伸ばし常に体の動きが良い。花織とはレベルが違う。

    コーチ(中野園子)は花織をよく支えている。かつて佐藤コーチが小塚にしていたように(背中を撫でるまじないを)花織にしていた。効かないけど、いい事だと思う。

    本田真凜
    真凜とともに僕らも沈没。SPで最悪だったのは回転不足を取られた事。だが、楽し気で真凜らしい可憐な演技に希望が持てた。最初のジャンプ後、スピードに乗った。ジャンプ直後に速度が上がるのは興味深い。回転は少々怪しかった。SP後、喜んでいたようなのでこれで波に乗るかと思ったが…。

    大ファンだからこそ失望も大きい。だから厳しい事を言う。濱田美栄(元コーチ)によると真凜は練習熱心な方ではない。体が小さかった頃は全てうまく行っていたが、体形変化後の現在、ジャンプのタイミングなどが変わり、厳しくなっている。アシュリーに対してもそうだったが、ラフ(アルトゥニアンコーチ)は真凜に厳しく指導していないのかも。米国の標準でも真凜は練習熱心な方ではないと聞いている。怪我のせいかもしれない。だが、既に数か月経っている。今大会は積み重ねの結果では。以前から足首の怪我を抱えていたのかもしれないが。ラフに師事してからの真凜は、フル・プログラムをやるほど熱心な生徒ではないようだ。長い間、才能にあやかって来たと数人から聞いたが、そのままだ。

    だが、前へ進もうとしている今、リンクでも地上トレーニングも、もう少し頑張る必要があるだろう。そうすれば全ての歯車が合って来る。真凜の演技に才能を感じる人は今も多い。知子は別として、真凜は誰にも手に入らないものを明らかに持っている。

    英語を外国語とする二人だが、真凜とラフは意思の疎通がしっかりできているだろうか?FS後、キスクラでラフが言い聞かせていたが、真凜は呆然としていた。演技のせいか、ラフの英語が通じなかったのかは分からないが。真凜は落ち込んで恥じ入っていたのだろう。本当に辛い演技だった。

    他のコンビネーションは不安定なため、SPではうまく行けば回り切れる3Lo+3Tで点を取りに行った。真凜は今大会よりネーベルホルンの方が良かった。その後で怪我をしたのかもしれないが、怪我なら地上トレーニングをしっかりやれば今後の貯金になる。

    海外に渡り、新しいコーチに師事し、環境ががらりと変わった。不安にもなるだろうし今後どうなるか心細いだろう。しかも周囲の期待は大きく、応えなければならないので大変だ。話題になっている才能あるロシアの選手らも、これから出て来る。

    だが、真凜の才能やカリスマ性、自然な動きやスケート技術に変わりはない。情熱を注ぎ、できると信じて本気で臨めば周りをあっと言わせられる。不公平だが、例えばブレイディが毎日一生懸命練習しても真凜のような才能は手に入らない。ジャッジの支持もある程度まで。だが真凜にはサーシャ・コーエンや佐藤有香のような生まれ持っての魅力がある。それなのに、もったいない話だ。「才能が努力をしなければ、努力は才能に勝つ」という言葉は、真凜とブレイディそのものだ。

    ブレードがピンク色だった。衣装はピンクと赤なのに…。
    *****

    以上です。

  • 8
    JJ  2018/10/25(木) 00:14:53  ID:afb2d812c

    翻訳ありがとうございます!
    わかりやすいです!

  • 9
    獅子吼  2018/10/25(木) 07:11:17  ID:1158edb60

    おはようございます。

    管理人様
    動画紹介ありがとうございます。

    FSF様
    毎回分かりやすい翻訳ありがとうございます。

    本田選手…
    練習嫌い…説というかイメージ
    が地下水脈のように広がってしまっているのかなぁ…と
    なんだか気の毒ですね…。
    そんなことないでしょ。

    環境を変えるのも大きな決断だったことでしょう。
    持ち前の才能と華ー
    足を癒して
    次の試合で素晴らしい演技が出来ますように♬
    願っています。
    応援してます。

  • 10
    みま  2018/10/25(木) 09:47:00  ID:9f1651282

    FSF様
    翻訳ありがとうございます。
    PCの日本語自動翻訳機能を試したもののよく分からず
    最後の才能とカリスマ性という所もブレディの事かまりんちゃんの事かよく分からなかったのでスッキリしました。
    いつも早口で長い話を分かりやすく訳して下さりありがとうございます。感謝致します。

  • 11
    onigiri  2018/10/25(木) 10:03:06  ID:ef853d6b4

    FSFさんの解りやすい翻訳のおかげで内容が楽しめ有難いです。管理人さん、FSFさん、ありがとうございます。

    宮原選手の上品で洗練された努力の美しさが万人に周知されてきたんだなぁと感激。今後の彼女の成長も楽しみ。

    坂本選手も改善点の指摘はあるものの評価されている様子。改善点の指摘は期待の表れと。衣装のスカートは確かに気になる。ジャンプをより大きく見せる為の作戦なのかなぁと思いつつも、もっと似合うデザインがあるんじゃないかと今後に期待。

    本田選手は、他の人が欲しくても手に入らない才能を生まれ持っているだけに、現状がもどかしくてついつい厳しい意見になってしまうんだろうなと思う。今回の結果はまだ希望の持てるものではなかったと思うし。北京五輪の一年前のシーズン、三年後には花開くよう長いスパンを見据えて怪我しないように開き直って欲しいなぁ。

  • 12
    マイ  2018/10/25(木) 17:07:56  ID:33c43310e

    FSF様、こまやかの翻訳ありがとうございます。
    坂もっちゃんのサルコーからバックスリーターンというのですね。覚えられるかな?
    あそこがすごく好きで、何回も見てしまいます。ジャッジのほうを見ながら厳しい顔での下がっていくところ。。凄いです。

    サットンは毎年ファンを驚かせてくれる。努力の虫なのに決して顔に出さずキスクラで待っている姿に泣けてきます。
    感謝

  • 13
    はち  2018/10/25(木) 23:09:21  ID:4b811a651

    FSFさま、いつも素晴らしい翻訳、ありがとうございます。
    今回のスケアメではさっとんの更なる進化に興奮覚めやらずでしたが 、TSLの2人も興奮して?手放しで褒めているのですね❣️
    地道な努力が実を結ぶときのパワーは世界中に伝わるんだなと感慨深いです。
    一方で残念な結果に終わってしまった真凜ちゃんに対しても親身なコメント! 本当にファンなのですね。

  • 14
    cafe  2018/10/26(金) 10:56:48  ID:405767585

    アメリカ比でも練習熱心でないかどうかは一緒に練習している人しかわからないですよね…。日本でも同門に宮原がいたから報道以上に練習していないように言われていただけで…。

  • 15
    マイ  2018/10/26(金) 13:30:08  ID:24590929c

    え、練習嫌いと本人が語っていましたよ。NHKだと思います。
    司会は高橋一生さんかな、
    はい、嫌いです。すぐに飽きちゃう。
    試合は?
    試合の時は、もう後で何を食べようかと考えています!!

    その後に今度は濱田先生に叱咤されリンクを降りていく画像も見ました。
    余り悪く言いたくはないですが、本当にジュニアのころは素敵だった。
    立派に成長する姿が見たかったのに、あの番組で嫌になってしまったのです.。
    まずは芸能プロダクションを辞めて、真摯にフュギュアに向き合ってほしいです。選手として追いかけられる真凛ちゃんが見たいのです。
    せっかく華があるとか、SSが素晴らしいと賛辞されているものを、自分でつぶしてほしくはないですよね。
    まだ未成年なのですから、ご両親見守ってやって欲しいです。

    アメリカでの濱田先生の浮腫んだ顔にくぼんだ眼、どれほど苦しんだかわかります。
    園子先生だって、花織ちゃんを迎えるとき眉にしわを寄せて多分泣いていたと思う。
    コーチ、選手は一心同体なのだと痛感しました。

  • 16
    雪りす  2018/10/26(金) 13:43:48  ID:607b9ebfe

    今は、練習づけの毎日のようですね。
    真凜=練習嫌いのレッテルを貼られ、いつまでも攻撃の材料にされて、
    本当にかわいそうです。
    足の怪我もですが、メンタルの方が心配になります。

    ラファエルコーチは、良い演技ができず呆然としている真凜ちゃんを、
    励まし諭していたようですね。
    でも「練習の時はすっごく怖い」と真凜ちゃん言っていました。

    以前、ラファエルコーチが真央さんのコーチをしておられた時、
    3Aのことばかり、しつこく聞くマスコミに対して、
    「真央の本当の素晴らしさは美しさだ」ときっぱり、
    インタビューで答えていらしたのが印象的でした。

    ジャンプの矯正はどのくらい時間がかかるのか未知数ですが、
    いざという時には選手を守ってくれる、厳しくも包容力のあるコーチ
    だと思いました。

    真凜ちゃんがんばれ☆

  • 17
    るる  2018/10/26(金) 14:12:48  ID:83282498a

    FSFさん翻訳ありがとうございます!

    宮原知子のフリーのタンゴは必ずしも知子を定義するものじゃないと自分も思う。

    このタンゴの音楽はソチオリンピックのキムヨナのアディオスノニーノの盛り上がらない音楽構成のタンゴを思い浮かべる。あれだけ音楽と調和の上手いヨナでも単調な音楽に振り付けと思った。

    バンクーバーオリンピックのラウラ・レピストのタンゴの音楽構成は好きだった。

    タンゴが宮原知子に合わないかもしれんが音楽構成をいじって欲しい。そして振り付けも単調。手直しをしてもらってたんですね。どう良くなってるのか分からない。

    やっぱりオリンピックの勝負曲の編曲と振り付けと比べるとだいぶ差があるように思う。今回は同じトムの
    振り付けなら紀平梨花の振り付けと音楽の方が素敵だと思った。

    本田真凜ちゃんはやっぱりこの人達の言うように華がある。フリーはルッツとフリップの本数減らしてでも回転不足対策に挑んだがいいと思う。ジャンプの回転不足が気になるならスピンは全部レベル4揃え勢いで頑張れ!!

  • 18
     2018/10/26(金) 14:50:36  ID:ea0446e98

    宮原さんのタンゴは高く評価されています。
    米国のN B Sでも絶賛されていましたわ
    これからもっと仕上げてくると思うな
    音楽構成も何もあれはピアソラの4シーズンですから
    難しいチャレンジをさっとんはいつも選ぶ
    誰にも出来るもんじゃないですね

  • 19
    ライ  2018/10/26(金) 14:56:17  ID:96cec76be

    FSFさん翻訳有難う御座います。

    アメリカでは日々の大半練習という報道もあるし、言いたい放題がこの人らの特徴。必要以上に真に受けず楽しんでればいいでしょう。
    適当なもんこじつけたらきりがない

  • 20
     2018/10/26(金) 14:58:51  ID:ea0446e98

    訂正、N B Cです。
    FS F様、いつもありがとうございます。
    自国のテネル選手を何か比べているのが気になります。
    彼女は昨季よりも洗練されて
    すごく良くなっていると思うのですが…
    後半3-3-2で攻めてますし。
    今の米国女子に希望はいまのところは彼女だけ
    少し悲しく思います。

  • 21
    ライブ  2018/10/26(金) 15:47:02  ID:1535a9a83

    本田選手、オスカー辞められてます。今は芸能プロダクションには所属されていませ
    ん。17歳の選手の間違えた情報を世間に垂れ流しする前にきちんと調べるのも、大人の責任だと思います。信じて批判のネタにする方もいます。

    出来ないよ!無理!と誰かの挑戦を批判・笑う人は決して自分の夢も叶わないと思います。
    どの選手も本人の道を行く、コメントする方達はコメントする方達の道を行く。
    それでいいじゃあないですか!
    頑張れフィギュア選手みんな!

  • 22
    雪りす  2018/10/26(金) 16:24:02  ID:607b9ebfe

    FSF様、いつも分かりやすい翻訳を本当にありがとうございます。

    16の私のコメントの
    >真凜=練習嫌いのレッテルを貼られ、いつまでも攻撃の材料にされて…。

    これは、世間一般の一部の心ない人からの攻撃という意味です。
    言葉足らずですみません。
    このお二人が真凜ちゃんファンというのは、よく分かります。

  • 23
    FSF  2018/10/26(金) 22:36:50  ID:b2502d6f9

    12.マイさん、

    スリーターンは片足ターンの一種です。大雑把に言うと、片足で滑りエッジチェンジをした瞬間、くるりと真逆に方向転換します。軌道が数字の3に似ているのでスリーターンと呼ばれます。後方に進むのがバックスリーターンです(前方に進むバージョンもあります)。

    D&Jが坂本選手のFSについて話しているジャンプ→バックスリーターン→ポーズ、は最後のコンビネーションが分かりやすいと思います。3F+2Tを着氷したその足で、くるりと方向転換(スリーターン)して手を伸ばしポーズを取っています。最初のコンビネーション3F+3Tの直後もスリーターンを入れています。

    2Aの前にはカウンターを入れたり、リショー氏は難しい技をジャンプ前後によく入れているみたいですね。難度の高いプロをノーミスで演じた坂本選手はすごいです。