スティーブン・ゴゴレフ JGPカナダ2018 フリー演技 (解説:英語)

2018年ジュニアグランプリシリーズ第4戦、カナダのブリティッシュコロンビア州リッチモンド(Richmond, BC)で開催された「JGPカナダ2018(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Canada 2018)」、カナダ代表-スティーブン・ゴゴレフ(Stephen GOGOLEV)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年9月15日
曲名:ハンス・ジマー 映画『シャーロック・ホームズ』より  (Sherlock Holmes (soundtrack) by Hans Zimmer)
技術点:62.98
構成点:64.06
減点:2.00
合計:124.04

Sherlock Holmes (Original Motion Picture Soundtrack)
ハンス・ジマー


『スティーブン・ゴゴレフ JGPカナダ2018 フリー演技 (解説:英語)』へのコメント (7件)

  • 1
    ツキ  2018/09/16(日) 10:34:40  ID:6065f913e

    管理人様、ありがとうございます。

    自国開催で期待も大きかったでしょうに残念でしたね。
    しかし…シーズンインからまた身長伸びた?大きくなったように見えますが?
    身体が言う事きかないみたいに見えましたけどね…
    13歳ですから刻々と身体が成長しているのは当たり前ですけど、その中でエレメンツを微調整していくのは大変でしようね。

    まだ骨格が出来上がっていないのでどうぞケガや故障には気を付けて、
    ガンバレ~!!!

  • 2
    丈太  2018/09/16(日) 10:40:28  ID:f3986d263

    GPFが危なくなりましたね
    ギリギリ出れないかも

  • 3
    ブログ  2018/09/16(日) 10:55:40  ID:949379646

    オーサー氏のお顔もみえました。
    まだまだこれからと言いつつもうシニアで戦える装備は出来てます。
    スピンもうまいし、なんとなくお手本もみえる。
    あとは身長の伸びとどう向き合うか、あっという間に180㎝越え。
    同門のロマン君がそう。怪我もうまくお友達になれれば北京の次もチャンスあり。

  • 4
     2018/09/16(日) 11:34:35  ID:71658b647

    まだ13歳です。
    リッチモンドはリンクがたくさんある所ですか
    そりゃ期待もすごいでしょう
    足首かどこか痛めてないでしょうか
    3A-3Tのリカバリー見ました?すごいですよ
    オーサーさん、大事に育ててください
    怪我していませんように

  • 5
    Da Capo  2018/09/16(日) 17:52:28  ID:07b0bfc8d

    ゴゴレフ選手、あまり調子が良くないようでしたね…。

    FSでは絶対巻き返してくると思ったけど、ファイナルはこの後の試合での 他の選手次第かな、自国開催で出たいでしょうけど かなり微妙なところですね。

    でも多分、今までジュニアデビューの年に 世界中からこんなに注目された男子選手はいなかったのでは?
    何しろ、まだ13歳ですから…男子の13歳なんて 心技体のピークまであと10年くらいあるわけだし、怪我なくゆっくり成長して どうか長く活躍して欲しいです。

    今回 バーケルコーチは、デールマン選手の帯同でUSクラシックですね。
    クリケットは今季も、ジュニア・シニアも男女ともに有力選手が目白押し。お互い刺激を受けつつ 皆ガンバ〜。

  • 6
    エカテリンブルク  2018/09/18(火) 00:31:58  ID:97c6f5f0d

    フリーの方はデヴィッド・ウィルソンの振付ですか。
    あの指紋の衣装は誰の案なのか、面白いし可愛い。

    今回のジャンプ失敗は残念だったけれど焦らず怪我をせず順調に成長して欲しい。
    この先身体も大きくなって、シニアになって、フリーは30秒多くなって、ますます過酷になって行くかもしれないけれど、へこたれず続けて頑張って欲しい。

    これまでクリケットの選手でオリンピックのメダルを手にして来たのは、ある程度の年齢に達していたり既にシニアで活躍してクリケットに移籍した人達だったから、もっと幼いジュニアから、ゴゴレフくんは9歳頃からかな?クリケットで育て、メダルを取る選手も出るものなのか興味しんしんな部分もある。
    クリケットはエテリさんのとこと逆のタイプで、大人の指導にたけているのかな、と思っていたけれど、違うかも知れないし、いや、やはりそうかも知れないし。ただ、自分がメドベージェワであったら、この先は実績からクリケットに行った方が良いかも知れない、とは思うかも知れない。

    取りあえず、ゴゴレフくんがシニアに上がってどうなるか、クリケットがどう育てて行くのかも興味しんしん。

  • 7
    yuria  2018/09/18(火) 10:13:09  ID:15e912316

    去年より随分男らしい顔立ちになりました
    綺麗な金髪なので、黒いシンプルな衣装でも暗くならず、映えますね!

    最初のルッツの入り方(バッククロス→前向き→フロントクロス)はプルシェンコが当初跳んでいたアプローチで、
    金髪といい、まさに14歳のプルを彷彿させます
    (プルは生意気だったけどww)

    今回は良い経験になったのでは?
    まだ13歳ですからね、これからです
    ただ、ファイナルがどうなるか微妙ですが・・