Currently set to No Index
Currently set to No Follow

中野友加里が選ぶ ベストステップ (2020/5/25&6/1)

元フィギュアスケート選手の中野友加里が、ベストステップスケーターを選んだ動画です。映像はYouTube『フィギュアスケーター中野友加里チャンネル』で公開されたものです。

動画

前編(9分)

00:32  ステップの説明
03:40 パトリック・チャン
04:59 浅田真央
06:37 アレクセイ・ヤグディン

後編(7分)

00:33  髙橋大輔
02:55 ステファン・ランビエール
04:26 カロリーナ・コストナー

関連動画

パトリック・チャン

【優勝】四大陸選手権2009、カナダ代表-パトリック・チャン(CHAN Patrick)のフリープログラム演技の動画です。
【優勝】四大陸選手権2012、カナダ代表-パトリック・チャン(Patrick CHAN)のフリースケーティング演技の動画です。
グランプリファイナル2015、カナダ代表-パトリック・チャン(Patrick Chan)のフリースケーティング演技の動画です。

浅田真央

スケートアメリカ2016、日本代表-浅田真央(Mao ASADA)のショートプログラム演技の動画です。
スケートアメリカ2016、日本代表-浅田真央(Mao ASADA)のフリープログラム演技の動画です。
世界選手権2014、日本代表-浅田真央(Mao ASADA)のショートプログラム演技の動画です。
スケートアメリカ2006、浅田真央のショートプログラムの演技の動画です。

アレクセイ・ヤグディン

ソルトレイクシティオリンピック2002、アレクセイ・ヤグディン(Alexei Yagudin)のショートプログラム演技の動画です。
【金メダル🥇】 ソルトレークシティオリンピック2002、ロシア代表-アレクセイ・ヤグディン(Alexei Yagudin)のフリースケーティング演技の動画です。

髙橋大輔

スケートアメリカ2007、日本代表、高橋大輔のショートプログラム演技の動画です。
ソチオリンピック、日本代表-高橋大輔(TAKAHASHI Daisuke)のフリースケーティング演技の動画です。
ロシア代表-エリザベータ・トゥクタミシェワ(Elizaveta TUKTAMYSHEVA)のショートプログラム演技の動画です。

ステファン・ランビエール

世界選手権2007、スイス代表ステファン・ランビエール(Stephane LAMBIEL)のフリースケーティング演技の動画です。
【優勝】世界選手権2006、スイス代表-ステファン・ランビエール(Stephane LAMBIEL)のフリースケーティング演技の動画です。
2010年バンクーバーオリンピック、スイス代表-ステファン・ランビエール(Stephane Lambiel)のショート演技の動画です。

カロリーナ・コストナー

【銅メダル🥉】ソチオリンピック、イタリア代表-カロリーナ・コストナー(KOSTNER Carolina)のフリースケーティング演技の動画です。
グランプリファイナル2017、イタリア代表-カロリーナ・コストナー(Carolina KOSTNER)のフリースケーティング演技の動画です。

『中野友加里が選ぶ ベストステップ (2020/5/25&6/1)』へのコメント (2件)

  • 1
    ❤(^^♪ファントム✨❄✨❄✨  2021/06/02(水) 13:47:57  ID:89080360c

    ❤(^^管理人さん✨❄✨❄✨天才✨~♪❤(^^/⭐⭐⭐⭐⭐

    ヤッター~♪❤(^^/⭐⭐⭐⭐⭐

    ❤(^^♪ファントム✨❄✨❄✨がいつも❄リンクでジャッジ紹介のときジャッジ席の目のまえのすぐ後ろの席でおっきな拍手を送っているジャッジの先生~♪❤(^^/⭐⭐⭐⭐⭐

    ❤(^^ゆかりん✨❄✨❄✨が選ぶ~♪❤(^^/⭐⭐⭐⭐⭐

    ❤(^^パティ✨❄✨❄✨&※
    ❤(^^まおひめ✨❄✨❄✨&
    ❤(^^リョーシャ✨❄✨❄✨
    ❤(^^だいちゃん✨❄✨❄✨&
    ❤(^^ステフ✨❄✨❄✨&※
    ❤(^^キャロ✨❄✨❄✨&※の~♪

    ✨ベストステップ✨記事ーーーキターーー❤(^^♪ーー~♪❤(^^/⭐⭐⭐⭐⭐

    ……………………………….
    ※ニックネーク(敬称略)

  • 2
    傍観者  2021/06/11(金) 22:13:40  ID:4639ac9cf

    ステップは舞踏的なわかりやすさから、全体の動きがダイナミックなものがわかりやすく好まれるようですが、私はそっちはもういいや、ショーがあるし、と思うようになってきました。これ見よがしなこってりした振付は西洋の動的な美観であり、東洋の情緒的な静寂とは無関係、続けてみるとお腹いっぱいになっちゃうんです。そういうものは、一日ひとつ、単発で時間をおいて見たい。

    そんな振付だといくら演じ手が羽生でも飽きてしまう。どうせこってりならダマスク織みたいなものがいい、と考えた時、『泉のほとりで(リスト)』はどうだろう、と。スケート向きではないけど彼なら演じられる、足技をたっぷり見せられる音楽。EXに仕立てたら、なんと煌びやかで精緻で贅沢なものになるでしょう。いつか滑ってもらえないかな。