Currently set to Index
Currently set to Follow

ステファン・ランビエール 世界選手権2007 フリー演技 (解説:日本語)

ステファン・ランビエール 世界選手権 フリー

2007年東京の東京体育館で開催された世界フィギュアスケート選手権(2007 World Figure Skating Championships)、スイス代表ステファン・ランビエール(Stephane LAMBIEL)のフリースケーティング演技の動画です。


日時:2007年3月22日
曲名: ビセンテ・アミーゴ 「ポエタ」   (Poeta by Vicente Amigo)
技術点:53.22
技術点:82.49
構成点:78.16
合計:160.65

男子シングル・フリー得点詳細(英語)
男子シングル・フリージャッジスコア(英語)
男子シングル総合結果(英語)

B000026YIGPoeta
Vincente Amigo


東京開催、2007年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。女子シングルは安藤美姫が優勝、浅田真央2位、中野友加里5位。男子シングルはブライアン・ジュベール(フランス)が優勝、高橋大輔2位、織田信成7位。

(日本語)

(日本語)

(日本語)

(日本語 Jスポ)

(スペイン語)


(解説なし)

(?)

(選手紹介)

『ステファン・ランビエール 世界選手権2007 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (1件)

  • 1
     2018/10/13(土) 00:25:13  ID:af0655281

    そうそう、ランビエールのもカッコ良かったー。
    本当によくぞ東京へお越しくださいました。
    最後の流石のスピンは盛り上がりますよね。
    何故かホルモンの提灯の前でインタビューに答えてる。
    最初の方の牛の様な振付がコリヤダ君のカルメンの振付と何となく似てる気がする。コリヤダ君のカルメンもとてもいい。