Currently set to No Index
Currently set to No Follow

パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ 世界選手権2021 フリーダンス演技 (解説:ロシア語)

スウェーデン・ストックホルムで開催された国際競技会「2021年世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2021)」、カナダ代表- パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ(Piper GILLES / Paul POIRIER)のフリーダンス演技の動画です。


Date:2021年3月27日
曲名:ジョニ・ミッチェル 「青春の光と影」 (Both Sides Now by Joni Mitchell) 

技術点:73.54
構成点:57.44
合計:130.98

2021年3月22日~28日スウェーデン・ストックホルム開催、2021年世界フィギュアスケート選手権の出場選手、日程・結果、動画リンク。羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真、紀平梨花、宮原知子、坂本花織、三浦&木原組、小松原夫婦組

(ロシア語)

(ロシア語)

(スペイン語)

(英語)

※以下の動画は日本・アメリカ・カナダ・中国・韓国からの視聴不可

(ロシア語)

(表彰式)

『パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ 世界選手権2021 フリーダンス演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (2件)

  • 1
    光と影  2021/04/05(月) 02:18:16  ID:fe4627a43

    ぱいポーの演技良かった~
    中盤のステップのとこらへんでゾクゾク来ましたもん
    キーくんがいつもの如くカナダの大きな旗を振ってる~

  • 2
    ミルクティー  2021/05/13(木) 13:32:30  ID:6f37cbd48

    解説の滝野さんもおっしゃる通り、
    本当に軽やかなスケーティングが素晴らしいです。
    点数が出た時のパイパーさんのお目目が凄かったですね。
    全米の時のアンバーちゃんを思い出しました(^^♪
    思わず声も出ていましたね♪