Currently set to Index
Currently set to Follow

松生理乃 全日本選手権2020 ショート演技 (解説:日本語)

長野県野市のビッグハットで開催された国内競技会「第89回全日本フィギュアスケート選手権(2020–21 Japan Figure Skating Championships)」、中京大中京高校所属 松生理乃(Rino Matsuike)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2020年12月25日
曲名:映画『カラーパープル』より (The Color Purple by Quincy Jones) [振付:樋口美穂子]

技術点: 36.03
構成点:30.54
減点:1.00
合計:65.57

長野開催、第89回全日本フィギュアスケート選手権(2020年)の出場選手、日程、結果、動画リンク。

『松生理乃 全日本選手権2020 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (4件)

  • 1
    S  2020/12/25(金) 21:23:19  ID:a216c6b7b

     見かけによらず、精神的にたくましいんですよね。おっさんの方がドキドキしてしまったわ。その分、コーヒーがうまかった。
     しかし、リンクサイドの光景は、なにやら「女系3世代で守る老舗の看板」みたいな感じでしたな。

  • 2
    ちょっと  2020/12/25(金) 23:58:28  ID:61d0e96b1

    まだ16歳で若いのに、ジャッジの前でのいきなりの転倒にもめげずに、その後全てのジャンプを決めるなんて、しっかりしてるね。
    りのちゃんのフリーは今一番好きなプログラムだけど、このショートのふわふわ感がたまらなく心地良いね!

  • 3
    グリーン  2020/12/26(土) 04:33:13  ID:f06e8eb54

    いやー、最初の転倒にもかかわらず、笑顔でちゃんと終えるところ、立派。
    何より彼女の身体能力の優れていること。
    テンポの速い音にしっかり乗れるリズム感と柔軟性。
    将来性を感じさせます。
    彼女の実力はまだ秘められています。
    すごい女子が出てきましたよ!シニア勢、うかうかして入られません。
    フリーでどう挽回してくるか、楽しみ。思いっきりやってほしい。

  • 4
    ノブリン  2020/12/27(日) 01:25:18  ID:dc5f59a14

    きっかけは浅田真央さん!!
    15〜16歳の頃の真央ちゃん思い出させるような、優美で軽やかなスケートにとても惹かれます。
    思わぬアクシデントも動揺することなく、メンタルも強い。本当に楽しみな選手です。
    フリーも頑張ってください。