Currently set to Index
Currently set to Follow

イタリアグランプリ2020第1ステージ (解説:イタリア語)


イタリア・ベルガモ開催、イタリアグランプリ2020第1ステージの情報をまとめました。

基本情報

大会名 イタリアグランプリ2020 第1ステージ 
(伊語:Gran Premio Italia 2020 – #1 tappa )
種目 女子シングル
男子シングル 
ペア
日時 2020年 10月24日(土)~25日(日)
開催地 イタリア・ベルガモ IceLab
関連リンク HP公式結果
イタリアグランプリ2020は、イタリア氷上連盟が主催するイタリア国内の競技会です。イタリアの選手のほかに、招待された海外選手が参加します。10月から12月の間に行われる4つの大会と20210年2月に行われるファイナルで構成されます。

スケジュール:
第1ステージ(ベルガモ) 2020/10/24-25 女子、男子、ペア
第2ステージ(トリノ) 2021/1/9-10 女子、ダンス、Jr.ダンス※
第3ステージ(エーニャ) 2020/11/28-29 女子、男子、ペア
第4ステージ(トレント) 2020/12/5-6 女子、ダンス、Jr.ダンス
ファイナル 2021/2/13-14

※第2ステージは開催延期

ショートプログラム演技

動画フルVer.(2時間36分)

女子SP:2:43~、 男子SP:1:03:22~ ペアSP:2:03:14

@ FISG

女子シングル ショート

得点詳細ジャッジスコア

Time 名前 国籍 SP曲名 SP得点
6分間練習
09:21 Chenny PAOLUCCI イタリア 『エル・タンゴ・ド・ロクサーヌ』 36.25
16:52 Francesca POLETTI イタリア 『エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)』byミューズ 47.98
24:00 クリスティン・スポウルス
(Kristen SPOURS)
イギリス アストル・ピアソラ:
『オブリヴィオン』
『私はマリア』
50.58
30:25 Greta MORKITE リトアニア 『タイスの瞑想曲』byジュール・マスネ 47.49
37:20 Ginevra Lavinia NEGRELLO イタリア 『Impossible』by ジェームズ・アーサー 56.77
44:25 エリザベッタ・レカルディ
(Elisabetta LECCARDI)
イタリア 『フィーリング・グッド』 53.26

男子シングル ショート

得点詳細ジャッジスコア

Time 名前 国籍 SP曲名 SP得点
6分間練習
1:10:00 Alberto VANZ イタリア 『Laughing』byゲス・フー 50.70
1:16:20 ガブリエレ・フランジパーニ
(Gabriele FRANGIPANI)
イタリア 『Impossible』 by ジェームズ・アーサー 68.51
1:23:00 フィリップ・ウォーレン
(Philip WARREN)
フランス ジェームス・ブラウン:
『The Payback』
『I Got You (I Feel Good) 』
63.39
1:29:50 マッティア・ダッラ・トッレ
(Mattia DALLA TORRE)
イタリア 『Step Out For A While』 by パトリック・ワトソン 57.28
1:36:30 マッテオ・リッツォ
(Matteo RIZZO)
イタリア 『ロマンツァ』 by アンドレア・ボチェッ 77.04
1:43:30 ダニエル・グラスル
(Daniel GRASSL)
イタリア 『Dig Down』byミューズ 95.72

ペア ショート

得点詳細ジャッジスコア

Time 名前 国籍 SP曲名 SP得点
6分間練習
2:09:53 レベッカ・ギラルディ&フィリッポ・アンブロジーニ
(Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI)
イタリア 『ブリング・ミー・トゥ・ライフ』by エヴァネッセンス 54.22
2:16:35 Dorota BRODA / Pedro BETEGON エストニア ミュージカル『ライオン・キング』 39.96
2:24:00 Sara CONTI / Niccolo’ MACII イタリア 51.23

フリースケーティング演技

動画フルVer.(3時間33分)

女子FS:2:38~、 男子FS:1:17:16~ ペアFS:2:32:37

@ FISG

女子シングル フリー

得点詳細ジャッジスコア総合結果

Time 名前 国籍 FS曲名 FS得点
6分間練習
Chenny PAOLUCCI イタリア All By Myself by Jamie O’Neal 棄権
09:25 Greta MORKYTE リトアニア 88.03
17:07 Francesca POLETTI イタリア 『灰色の途(病の果てに)』byララ・ファビアン 93.02
24:33 クリスティン・スポウルス
(Kristen SPOURS)
◆3位◆
イギリス 『ショウ・マスト・ゴー・オン』byクイーン
『ワン・デイ・アイル・フライ・アウェイ』
92.58
33:36 エリザベッタ・レカルディ
(Elisabetta LECCARDI)
◆2位◆
イタリア Dawn of Faith by Eternal Eclipse 90.15
43:06 Ginevra Lavinia NEGRELLO
◆優勝◆
イタリア 『La Terre vue du ciel』byアルマンド・アマール 107.28

男子シングル フリー

得点詳細ジャッジスコア総合結果

Time 名前 国籍 FS曲名 FS得点
6分間練習
1:23:50 Alberto VANZ イタリア 84.63
1:33:10 マッティア・ダッラ・トッレ
(Mattia DALLA TORRE)
イタリア 『In This Shirt』byジ・イレプレッシブルズ 114.16
1:40:35 フィリップ・ウォーレン
(Philip WARREN)
フランス 112.30
1:48:50 ガブリエレ・フランジパーニ
(Gabriele FRANGIPANI)
◆3位◆
イタリア Red Right Hand by Nick Cave & The Bad Seeds
Ballad of a Thin Man by Richard Hawley
I’m a Man by Black Strobe
138.31
1:56:30 マッテオ・リッツォ
(Matteo RIZZO)
◆2位◆
イタリア 映画『グレイテスト・ショーマン』 136.97
2:05:05 ダニエル・グラスル
(Daniel GRASSL)
◆優勝◆
イタリア 189.27

ペア フリー

得点詳細ジャッジスコア総合結果

Time 名前 国籍 FS曲名 FS得点
6分間練習
2:39:20 Dorota BRODA / Pedro BETEGON エストニア 82.22
2:47:40 Sara CONTI / Niccolo’ MACII イタリア 87.59
2:57:45 レベッカ・ギラルディ&フィリッポ・アンブロジーニ
(Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI)
◆優勝◆
イタリア 『グランデ・アモーレ』 by イル・ヴォーロ 104.81

『イタリアグランプリ2020第1ステージ (解説:イタリア語)』へのコメント (4件)

  • 1
    YOKO  2020/10/29(木) 22:58:44  ID:9eb4caf5d

    リッツォ君、フランカコーチとパパの元を離れたそうですね
    ジャンプが不調のようですが、美しいスケーティングと洗練されたパフォーマンスは群を抜いています
    両プロとも素敵。
    リッツォ・ファンの私としては、やっぱり正統派のあなたがイタリアの1番であって欲しいよ…
    ずっと応援してるよ〜♡

  • 2
    D.G  2020/10/30(金) 09:29:11  ID:f687650ef

    ダニエル・グラスル選手、数々のクワド決めて優勝しました。
    あの腰高体系で転びもせずにはすごい。
    アクセル系はちょっと苦手そう(に見えた)。

    プログラムに浸れなかったのはジャンプに集中してたからでしょうか。
    この世代は次に見た時はあっという間に進化してますから
    楽しみです。

  • 3
     2020/10/30(金) 15:00:04  ID:285acbcb9

    私も端正なスケーティングで洗練された演技のマッテオ君が好きです。
    キスクラのお隣はもしや元ペアのホタレックさん?
    イケメンさん2人
    不思議君も頑張ってるな〜

  • 4
    苺タルト  2021/06/19(土) 02:18:02  ID:232e5b8d0

    管理人様、今更ながらですがアップして下さりありがとうございました。

    全体・グラスル選手・リッツォ選手についての感想。

    (全体)
    第一ステージで初戦でした為、コロナウイルスの為異例だった事もあり、殆どの選手が本調子でなく、乱れが目立った大会となりました。

    (グラスル選手)
    全体的に出場選手の乱れが目立つ中、一人SP.FS共に乱れずノーミスの演技、初戦から圧巻でした。所々回転不足が気になったのですが、プロトコルを拝見すると減点されてなく、また加点なども凄く、その点は疑問でした。
    しかし、初戦から唯一いきなり高何度ジャンプ含めノーミスの演技で、思わずジャッジの方々も興奮されてしまったのでしょう。点数は国際大会とかなりの差が生まれてしまいましたが、高得点を出したくなる事も分かります。ただ、選手の為にはならない為、構成点含め国際大会と同様に(またはより厳しく)評価して欲しいと感じます。

    また、これにより非公認ながら世界初同一プログラムで4回転ルッツ・フィリップ・ループ成功という事を達成されました。ヤフーニュースにも載りました。現状だと正式に認定される日は、仮に成功させたとしても遠いように感じますが、いつかクリーンな技術で成功させ認定される日が来る事を願います。

    (リッツォ選手)
    ジャンプは不調、またプロトコルを拝見するとレベルの取りこぼしが幾つかあるなど、本調子でなかった事を伺わせる内容でしたが、やはり、他の方々が仰られるように、スケーティングの滑らかさ、前後の流れ含め成功すると良質なエレメント、身のこなしなどは出場選手の中で群を抜いており、「流石だ」というように感じました。

    ですので、リッツォ選手はジャンプの安定感が戻ると間違いなく総合力含め確実に点数を積み上げる事が出来る為、1日でも早くジャンプの安定感が戻る事を願います。

    また、この時点ではこれだけ不調であったにも関わらず、最も重要な世界選手権では美しい4回転トゥーループ含め殆どミスのない演技をし、総合11位という成績を修められた事を考えると、重要な場面へのピークの持っていきかたなども、経験豊富なだけに、「流石だな」というように感じました。

    グラスル選手・リッツォ選手・フランジパーニ選手の五輪シーズンなどについて。

    (グラスル選手)
    まず、4日間の高校の卒業試験お疲れ様でした。

    五輪シーズンは、恐らく4回転の数を増やし、更に難度をあげる事でしょう。Instagramによると、4回転ルッツ+3回転ループ、タケノコ4回転ループなども着氷させているようですね。また、最も難しいとされる羽生選手のツイヅルの3アクセルも挑戦・着氷させました。いずれも試合に投入して来るかもしれません。

    しかし、余計なお世話ながら、個人的にはジャンプの難度をあげる前に、現在のジャンプ構成で如何に得点に繋げるかという事を重視して欲しいと感じます。今の構成でも十分ハイレベルです。寧ろ、それが中々得点に結び付いておらず、それにより失ったメダルなども幾つかある為、残念ですし、損をしている状態です。ですので、今は難度を更にあげるでなく、将来の為にも、良質にし確実に得点に繋げる事を優先して欲しいです。

    (リッツォ選手)
    コーチと拠点をグラスル選手と同じところに変更し、世界選手権では復活の兆しを見せました。

    五輪シーズンは、ジャンプの安定感が戻る事を願い、数シーズン前のような活躍が再び拝見出来る事を願います。

    また、大技に関しては、4回転トゥーループ+シングルオイラー+三回転フィリップ、4回転ループがあります。リッツォ選手は総合力が素晴らしい為、大技が無くともミスがなければ高得点を出す事が出来ますが、ジャンプの調子次第では試合で投入して来るかもしれません。仮に成功すれば、間違いなく高い加点を得られると思うので、その点も楽しみです。

    (フランジパーニ選手)
    昨シーズンは、SPで初めて80点を超える得点を出しました。また、ネーベルホルン杯、チャレンジカップなどで表彰台にもあがり、GPS1枠も既に獲得し、確実に成績を残しています。

    また、Instagramによると、4回転サルコウ、4回転フィリップを成功されていました。中々良質なジャンプでした。試合で投入して来るかもしれません。

    とにかく、ここ数年でのフランジパーニ選手の成長は素晴らしく、もしかすると、五輪イタリア男子シングルの代表を掴むかもしれません。可能性は十分あります。正直なところ、4回転などジャンプの質はリッツォ選手に次いで素晴らしく、グラスル選手もうかうかしていられないと感じ、代表争いは大変な事になると予想します。

    長くなり申し訳ありませんでした。
    3選手が最後まで五輪の枠2枠をかけてベストを尽くし、最高のシーズンになりますように。