TSL 世界ジュニア選手権2020のおさらい (2020/3/9-英語)

TheSkatingLesson.comのデイヴィッド・リースとオペラ歌手の ジョナサン・ベイヤーズがエストニア開催の2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権について語った動画です。映像は「TheSkatingLesson.com」のYoutube公式チャンネルで公開されたものです。


女子シングル:
18:35 マイア・フロミフ🇷🇺
27:33 アリサ・リュウ🇺🇸
35:33 ダリア・ウサチョワ&カミラ・ワリエワ🇷🇺
43:55 ウィ・ソヨン🇰🇷
45:19 イ・ヘイン🇰🇷
47:43 アリソン・シューマッハ🇨🇦
48:00 エカテリーナ・クラコワ🇵🇱
49:29 スター・アンドリュース🇺🇸

男子シングル
58:04 スティーブン・ゴゴレフ🇨🇦
1:02:49 ペトル・グメンニク🇷🇺
1:07:00 スティーブン・ゴゴレフ🇨🇦
1:07:45 アンドレイ・モザレフ🇷🇺
1:09:07 鍵山優真🇯🇵
1:13:55 アンドリュー・トルガシェフ 🇺🇸
1:17:55 ジョゼフ・ファン🇨🇦
1:18:52 ダニエル・グラスル🇮🇹

アイスダンス
1:21:05

ペア
1:24:33

*時間リンクをクリックすると、指定時間から自動再生されますが、スマホ、タブレット、一部のブラウザの設定で自動再生機能が制限されている場合があります。時間リンククリック後、自動再生されない場合Youtubeの再生ボタンをクリックしてください。
*タイムラインはYouTubeのコメント欄Claudia様を参考にしています

『TSL 世界ジュニア選手権2020のおさらい (2020/3/9-英語)』へのコメント (9件)

  • 1
    ❤(^^♪ファントム⛸⛸✨❄✨❄✨  2020/03/10(火) 23:36:21  ID:82bfe1258

    ❤(^^デエヴィッド&❤(^^ジョナサン

    ❤(^^ハロー♪⭐❤⭐❤⭐❤⭐❤⭐❤⭐❤⭐

    オビエスリー ジュニアガール (^^(^^(^^トップスリー イズ エクセレント スケーター(^^/⭐⭐⭐⭐⭐

  • 2
    FSF  2020/03/13(金) 00:45:56  ID:a2d40d4cd

    女子の1位から3位までをまとめてみました。意訳・省略ありです。ご参考までに…。誤訳その他、お気づきの点をご指摘いただけると助かります。
    *****

    男女シングルの総評
    決まりによりジュニア女子はSPでは3Aも4回転も跳べない。だが、FSでは認められている。ゆえに体を保護するためという理屈は成り立たない。こんなルールはなくすべき。SP/FSともに禁止するか、解禁し方がいい。

    女子は強豪ぞろい。特にトップ6は素晴らしい演技を見せ、最高の最終戦となった。色んな技に挑戦し、しかもほとんどミスがない。それに比べ男子はミスが多かった。男子と女子のトップ10を並べてみると、落差に驚く。女子は凄い。

    3位 アリサ・リウ
    FSはジャンプを後半に固め打ち。ザギトワを思わせるほどだ。全て後半に跳んだわけではないが、後半はジャンプが目立った。

    ジャンプに入る際、笑顔から集中した顔つきになるところはタラ・リピンスキーを思わせた。タラ同様フォアクロスでジャンプに入るが、アリサはモホークを入れバックエッジに切り替えて跳ぶ。繋ぎなしで跳ぶことにだけに集中しジャンプに向かう。ジュニアぽいが、ある意味、素直でアリサらしい。衣装でドレスアップしていても氷上のアリサはまだ子供。

    アリサのコーチはフランク・キャロルの門下生だった。フランクの教え通り、脚力でジャンプするようアリサを指導しているとのこと。だが4Lzはもう跳べなさそうだ。今回の4Lzはチートジャンプに見え、回転不足で転倒した。3Aの方が良いジャンプだった。3Sは腕で回り切ろうとしていた。今後もジャンプを維持するには脚力が肝心だ。脚力はあると思うが、今のところ使いきれていない。

    「アリサのスケーティング技術は拙い」とこれまで批判してきた。だが、フットワークのエッジに改善が少し見られる。プロ全体ではなく、中盤だけだが。ローリー(ニコル振付師)がしっかり指導しているのだろう。

    今季のアリサはJGP開幕時に比べ表情が大人っぽくなった。キスクラでは子供ではなくティーンの顔に見えた。キスクラではプレッシャーを感じていた様子。スコアが出ても嬉しそうに見えなかった。ロシアの強豪が相手だから覚悟していたのだろうが。

    しかもエテリガールズはPCSでも米国選手を上回った。伸びやかさ、繋ぎ…スピンも素晴らしかった。ウサチョワにミスが出なければアリサにチャンスはなかっただろう。

    2位 ダリア・ウサチョワ 
    ダリアのプロはなぜどれも狂おしい感じなのだろう?FSの『Je suis malade』で前に滑り頭をのけぞらせるダリアは真剣そのもの。ケイトリン・ウィーバーよりずっと気持ちが入っている。まるで今夜で世界が終わるかのように滑る。対してSPの『Please Don’t Make Me Love You』は「夏を奪わないで」とか「恋をさせないで」とか…(笑)

    来季は『エビータ』を滑ればいいと思う。ニコル・ボーベックのスパイラルシークエンスをコピーして。『ミス・サイゴン』もいい。米国ペアの酷いバージョンじゃなく、レア・サロンガの歌う『世界が終わる夜のように』とナンシー・ケリガンがランジで盛り上げた『命を上げよう』。この2曲を演じるといい。『ミス・サイゴン』はポール・ワイリーの長いニースライドも良かった。

    ダリアの滑りには流れがある。だが繋ぎが多すぎるため動作を長くキープできない。綺麗に動作に入っても最後までしっかり終わらせられない。イナバウアーもあと少しで最高に盛り上がるのに。それでも完璧な垂直位で氷上に平行線を描けるのは凄い。2Aからのスパイラルも凄い。その後に入るスプレッドイーグルはカリン・カダヴィのようにお尻が出ている。カーブを描かないと。

    SPは3ループの出が素晴らしい。ジャンプは空中姿勢に目が行くものだが、足元をよく見るとダリアの凄さがよくわかる。2Aの出も最高。

    今季序盤は緊張のため苦労した。最近になって思うように演じられるようになった。(ノービス時代のコーチ)イケメン・セルゲイ(ロザノフ)が恋しいだろうか?エテリ(トゥトベリーゼコーチ)は表看板。実際に技術指導している訳じゃないので一番助けになる専任コーチをつけるべきでは?

    1位 カミラ・ワリエワ
    コンビネーションの第2ジャンプを踵の後ろで降りてしまい、こらえる形になった。だが、それ以外は抜きん出ていたので問題ない。4回転に挑戦し、勝ちに行った。プレッシャーがかかっていたが、魅せてくれた。

    (SPの)衣装は(ピカソの)絵をイメージしたもの。単色のSP衣装はカミラの伸びやかさを際立たせる。良い選択だ。FSはシュレッダーにかけたような衣装。2003年ロシアの再来だ。

    FSもそうだが、SPのオープニングをあんなに急がせる必要はないと思う。一本目の四回転ジャンプを跳び急ぐ原因になる。2本目の4回転は落ち着いて入れており、成功させて高いGOEを得ている。SPは曲調も徐々に落ち着いて行くが、3Lo以降の曲調がちょうどよいと思う。

    2Aの出方がよい。スケーティングのスピードはかなり速い。ダニーGの振付は、プロの冒頭と終わりに同じポーズを挟み入れるのがお決まり。そのポーズを絵画から取ったこのSPは、これまでのどのバージョンよりも効果的だと思う。
    *****

    以上です。

  • 3
     2020/03/13(金) 01:28:57  ID:a81550766

    FSFさん、いつも翻訳をありがとうございます♡
    ジュニア女子最終グループ、素晴らしかったです。
    ゆっくり読ませていただきます。
    男子もお2人はなんか盛り上がってましたね
    感謝です♡

  • 4
    FSF  2020/03/15(日) 13:49:43  ID:7efac651e

    咲さん、コメントありがとうございます。

    男子の1-3位をざっくりですが、まとめてみました。意訳・省略ありです。ご参考までに…。誤訳・その他お気づきの点をご指摘くださると助かります。
    *****

    男子
    3位 ピョートル・グメン二ク
    『オペラ座の怪人』にはうんざり。ピョートルのファントムは見ていて辛かった。『カルメン』もよく演じられる曲だが、内容は多種多様。一方、『オペラ座』は音楽的深みがない。

    演技開始直後は、曲の力強さに乗っていた。ピョートルはロシア男子では一番才能がある。残念だがまだ『オペラ座』を見ることになるだろう。ピョートルはジャンプが下手だとは思わない。ただ、最悪のプロを選ぶコーチに師事していると思う。

    ステップシークエンスは動作が大きく、音楽によく合っていた。ミーシン門下生ではないが、ミーシンの影響を感じる。

    『オペラ座』も終盤は激しく壮大なクライマックスを迎える。だが、ピョートルは曲負けしている。ここを滑れるのは汗びっしょりで『カミーナ・ブラーナ』を演じたポール・ワイリーくらい。あれほどの熱演でなければ曲に負ける。

    3Lz+3Lo+2Loは、ぴったり曲に合っていた。その後、3Fをステップアウト。最後のスピンが…。曲に急がされたようだ。ポールと違い、曲の激しさについて行けず演じきれなかった。

    1位 アンドレイ・モザレフ
    SP曲の編曲はちょっと理解できない。出だしはトルガシェフのSP曲同様、いい雰囲気だった。だが、『ギャングスタズ・バラダイス』が始まると…。ロシア人がアフロアメリカ系音楽を滑ると、ちょっと違和感が。

    ジャンプは全て粗い。ほぼノーミスという形で優勝したが、どのジャンプも何とか降りたという印象。あまり高さもなく、着氷は一貫して乱れていた。優真が勝利を与えてしまった。

    2位 鍵山優真
    FSはやたらとハッピーなのが鼻につく。四回転をミスしてAはパンク。優勝を逃した。優れたスケーティングスキル。SPの3Loは四回転が軽く跳べそうな大きなジャンプだった。優真の滑りは軽妙で音楽性に富んでいる。スピンや深く曲げた膝など、全て良い。最高の3Aを跳ぶ。素晴らしいスケーターだ。優真には多くのファンがつくだろう。好きにならずにいられない。
    *****

    以上です。鍵山選手がシニアの世選に選ばれなかったことにまた触れていましたが、前回、前々回と同じ内容なので割愛しました。

    アデリナ・ソトニコワさんが公式に引退したとのことです。

    世選がキャンセルになってしまい、残念です。だけど新型コロナウィルスを取り囲む今の現状では仕方ないですね。早く状況が良くなりますように。

  • 5
    FSF  2020/03/15(日) 13:57:13  ID:7efac651e

    訂正です。モザレフ選手のSP曲のくだり、正しくは
    ギャングスタズ・パラダイス です。

    「バ」ラダイスになっていました><

    映画『デンジャラス・マインド/卒業の日まで』のBGMにも使われていましたね。

  • 6
     2020/03/15(日) 14:53:25  ID:62d64cc90

    FSFさん、男子もありがとうございます♡
    あまりにもズバリなので笑ってしまいました。
    グメンニク君がロシア男子で才能があるのはわかります。
    顔良しスタイルも良し、早く成長が落ち着きますように

    モザレフ君は動きが独特で
    ギャングスタズ・パラダイスを見てきました、
    ヒップホップをやってみたら若さ溢れて良かったでしょうか
    メンタルは強くなりましたね

    鍵山君は全く心配ない選手で
    冷静に自分を分析出来ていますし
    これからどれだけ強くなるのでしょうか
    佐藤君の曲かけを見てもらえたら
    きっとびっくりしたのでは思います。
    震えました。

    女子は4位のフロミフさんのゴーストも素敵でした。
    いつもありがとうございます、感謝感謝です♡

  • 7
    ❤(^^♪ファントム⛸⛸✨❄✨❄✨  2020/03/15(日) 15:17:51  ID:a540655e1

    ❤(^^FSF~♪❤

    ❤(^^ハロー♪⭐❤⭐❤⭐❤⭐❤⭐❤⭐❤⭐

    オビエスリー (^^ユア トランスレート イズ クォリティ トランスレーション ビコウズ (^^ユー アー バイリンガル~♪(^^/⭐⭐⭐⭐⭐

  • 8
    壱川蛇蔵  2020/03/15(日) 16:35:56  ID:43595cd23

    FSFさん、いつもありがとうございます。
    鍵山選手に関して
    >好きにならずにいられない
    いいこと言うねぇ~

  • 9
     2020/09/29(火) 15:08:44  ID:765527b99

    もしかしてテストスケートのモザリョフ君もぼろくそだったのかな
    相変わらず変わったプログラムですが前衛的で私は好きだな〜
    グメンニク君はフリーは持ち越し、頑張れ
    私は彼のオペラ座が好きです。
    おじさん達はゆまちが大好きなのね
    可愛いけれど、スケーティングもすごいからな〜
    ファントムさん、ワリエワちゃんは大好きな選手なのですが
    新プログラムのフリーは詰め込みすぎなのでしょうか
    怪我なく頑張って欲しいです。