アンナ・シェルバコワ ロシア選手権2020 フリー演技 (解説:ロシア語)

ロシア クラスノヤルスク(Krasnoyarsk)のプラチヌム・アレナ・クラスノヤルスクで開催されたロシア国内競技会「ロシアフィギュアスケート選手権2020(2020 Russian National Figure Skating Championships)」、アンナ・シェルバコワ(Anna SHCHERBAKOVA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2019年12月28日
曲名:エリック・サティ 『グノシエンヌ第1番』 ~ イーゴリ・ストラヴィンスキー 『火の鳥』より (Six Gnossiennes: Gnossienne No.1 by Eric Satie, performed by Roland Pontinen + The Firebird by Igor Stravinski)
技術点:108.22
構成点:73.72
合計:181.94

Stravinsky: The Rite of Spring & Suite from “The Firebird”
レナード・バーンスタイン

ロシア クラスノヤルスク開催、2019-2020ロシアフィギュアスケート選手権の出場選手、日程&結果・動画リンク。

(ロシア語 )

(ロシア語 *日本国内からの視聴不可)

(英語 )

(英語 )

『アンナ・シェルバコワ ロシア選手権2020 フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (26件)

  • 1
    ツキ  2019/12/29(日) 00:36:20  ID:845e6e2a9

    管理人様、ありがとうございます。

    優勝おめでとうございます。
    素晴らしいスピードで惚れ惚れします。

    しかし、このスピードを保ったままジャンプ跳べるにもかかわらず、
    力みもあるのでそこを改善して頂きたい。
    あと、身長が多分160㎝程度はいくと思うのでスケーティングの改善も出来たら…と思います。
    ワールドガンバレ~!!!

  • 2
    まゆまあゆ  2019/12/29(日) 00:40:17  ID:e30c7b8d8

    2連覇するとは!おめでとうございます。
    やってることは男子にも負けないすごいことなんですけど、それをこなしながら、優雅さや儚さも描けるところが、素晴らしいです。 
    ステイヘルシーでね!

  • 3
    ラウル  2019/12/29(日) 00:40:40  ID:c09f33788

    ほぼ完璧
    4Lzー3T 4F 4Lz
    3Lzー3Lo どれも余裕をもって降りています。
    表現力もついてフリーで逆転の必勝パターン。凄すぎます

  • 4
    ジャガミカン  2019/12/29(日) 00:41:00  ID:2fe3bbb4c

    大波乱のロシア選手権はシェルバコワの優勝ですね。
    すごく楽しそうに良い演技でした。
    やはり4回転持ちの方が強いんですね。コストルナヤの美採点表でも勝てないんですよね。まぁそれは男子と同じわけで、4回転を複数種類跳ぶ方が技術点は出ますよね。
    トゥルソワがノーミスならトゥルソワだし、トゥルソワがミスして、シェル子がノーミスならシェル子。GPFでもシェル子がノーミスなら、たぶんシェル子が勝ってましたしね。
    次は欧州選手権ですね。国際大会で何点出せるか。そして誰が勝つか。順番的にはトゥルソワのような気がしますが、勢いに乗ってシェル子が勝ち続けるかもしれない。
    世界選手権で勝つのと同じくらい難しいロシア選手権を2連覇はすごいです。
    次の試合も楽しみです。

  • 5
    なお  2019/12/29(日) 03:20:47  ID:b5df18b59

    凄いですね…まさに異次元!
    試合を重ねる毎に、ジャンプ以外の所作や表現も洗練されてきている気がします。
    解説のタラソワ?が「マオアサダ」と言ってる様に聞こえたのがちょっと気になります…。

  • 6
    たま  2019/12/29(日) 05:56:00  ID:aa71f4a89

    口があんぐり :-O

    素晴らしい演技でした

  • 7
    もん  2019/12/29(日) 06:03:25  ID:ca8c3f7fc

    凄い!まるで化け物見たい!これで3Aが入ったら200点越えも可能になりますね。これじゃザキトワも出たくないのもわかるわ〜。4回転いつまで飛べるのか見てみたい!

  • 8
    マイ  2019/12/29(日) 07:25:46  ID:1b670789a

    いつも謙虚で控えめ。でありながら熱い血潮がみなぎる細~~いアンナちゃん。
    素晴らしい高さの4回転も余裕が見られました。
    コストルナヤはジャンプに小さな揺らぎがいくつか見られいつもの滑りには見えなかった。
    正確に確実に積み上げていった技術点にGOEも大きくつきましたね。
    嘘か真かJスポーツの解説
    >ロシアナショナル特別ルール
    ・4Lo、4F、4Lzを組み込むと2点上乗せ
    ・スピンをレベル4でGOE平均4以上取ると更に加点
    >ロシアナショナル特別ルール
    ・SPで2つクワドを入れるとボーナスポイント(GOEがマイナスの場合ボーナスはつかない)

    これじゃぁ出ますよね。
    でもアンナちゃんほんとにおめでとうございます!
    温かく見守っていきいますよ

  • 9
    ひよこ豆  2019/12/29(日) 09:40:27  ID:47e635e64

    うーん、4回転含めて ジャンプはほぼ完璧ですね!
    女子が4回転とぶためには、彼女の体型じゃないと難しいのかと思ってしまいますが、相当な運動神経と柔軟性の持ち主なんですね。

    この調子が続けば、ミスしなければ当分 エテリガールズの中でも彼女の1位かなあ。

    ほんとに、ロシアにとって一番怖いのが、体型変化でしょうね。

    それを乗り越える選手を見たい!

  • 10
    ユクリア  2019/12/29(日) 12:06:20  ID:b586c7230

    4Lzのプレロテはさすがに露国内ではとられないし、点数盛々
    甘採点だわよね。まぁ、この体形維持していくのが大変だよな!
    メドやザギの例があるからね。でもライバル3人で切磋琢磨していくのは良いことだと思う。

  • 11
    エマ  2019/12/29(日) 13:52:14  ID:cc116cd79

    シェルバコワはジュニアの頃憧れの選手を聞かれた時に浅田真央と答えていたので、もしかしたらタラソワさんはそのことに触れたのかもしれないですね。
    理由は難しいジャンプを跳んで美しい滑りをするからと話していたそう。

    体型変化前のロシアの女の子達の技がどんどん高度なものになるほど栄枯盛衰のターンが短くなるというジレンマに、ロシアの子たちをみていると切なくなりますが、シェルバコワ、トルソワ、コストルナヤ達がシニア2年目、3年目と充実したキャリアを積んでいけるよう願います。

  • 12
     2019/12/29(日) 16:23:21  ID:23ff5d7f3

    優勝おめでとう
    でも国際判定基準なら多分コストルナヤに負けてたと思う
    コストルナヤはGPF、トゥルソワはジュニアワールドを勝ってるけどまだ無冠
    ワリエワが上がって来るまでに何とか1つは取りたいね

  • 13
    ワン  2019/12/29(日) 17:57:54  ID:e202c1a79

    嫌味な書き方してる方がいるなぁ。
    シェルさんは昔、浅田さんのことを憧れと言ってましたね。
    コスさんは、トリプルアクセルの見本が浅田さんだと言ってたし。
    現役時代には、特に自国で散々に言われてきた浅田さん。
    一時期は、後輩の選手達にも某国の選手の方が上手いみたいな事を言われていました。それに比べて、ロシアの選手達からの、浅田さんへの人気やリスペクトは多かったですけど。
    今の女子が、紀平選手以外の選手が世界で通用しなくなるのも解り切っていたこと。このままでは、相手のミス待ち金メダルしかなくなってしまう。まあ、それでもいいんでしょうね。特に女子に関して今のスケ連は。
    男子の方に力を入れているのがまるわかり。
    まあ、しばらくは、女子はロシアが独走かな、悲しい現実です。

  • 14
    マイ  2019/12/29(日) 23:06:40  ID:1b670789a

    どうなんでしょう。
    ジャンプ後半固めとかタノジャンプとかも変わってきましたよね。
    このまま女子4回転時代だとは思えないです。
    いくらすごいとはいえ、男性陣よりずっと高い得点では運営側も変えざるを得ないでしょう。本数の規制がかかるのではないでしょうか。

  • 15
    名無しの権兵衛  2019/12/30(月) 15:10:12  ID:ebe337790

    女子が4回転を試合で認定されるようになってからの
    男子選手ファンの、
    「女子の4回転チートジャンプ見逃すな」
    「いずれ女性化してジャンプ崩れる」
    「女子の4回転ジャンパーはジャンプ集中型ばかりで優雅でない」
    「トップ若年化が激しくなるし、怪我に繋がるから規制した方がいい」
    「いつまでも続くと思えない」
    云々はホント短冊の様なもんですな。
    男子だってチートや、明らかに踏ん張ってグリ降りしてたり
    ステップアウトに大した減点すらつかない
    全体的にグダグダでもPCSも下がらない事もあるってのに。

  • 16
    ワン  2019/12/30(月) 16:48:30  ID:7e2332d5f

    ロシアの女子が、ジャンプだけの選手だったら、マイさんの言う事も解りますけど。そうじゃないから悲しいと言ったんだけどね。
    柔軟性、スピード、演技力、容姿。全て持っている選手達が多い事に加えて、後進の選手達も多い。技術だけではないと言うことです。
    日本の、安藤さんと浅田さんの世戦金銀を取ってからの一国台乗り一人だけ、みたいな点数の付け方も、ロシアとカナダだけは無しですからね。ルッツの3、3があれば勝てるというような風潮に持っていったのは、他でもない日本。柔軟性が無くてもokになったのは、某国の一人の選手の為。
    多分、また、これらは元に戻っていくだろうけど。
    小さい頃から高難度のジャンプに挑みもしなければ、シニアに上がってからなら、もっと難しくなる。それが言いたかったんです。

  • 17
    くり  2019/12/30(月) 18:40:35  ID:e31b5e4e2

    ワンさん
    某国の選手とかの書き方の方が嫌味っぽいよ。
    真央さんを尊敬してたら良い選手とか、
    その某国の選手とやらを憧れてたら日本人選手にあるまじき発言みたいな雰囲気、いい加減やめませんかね?

  • 18
    よっくん  2019/12/30(月) 20:27:08  ID:f591097dd

    ロシアバレエの芸術的要素とスケーティング技術を持つ素晴らしい選手です。感服します。
    年齢、将来を心配する人が多いですが、最高のパーフォーマンスです。才能のみならず、厳しい訓練がなければこのような演技はできません。ロシアバレエを基礎においたダンス指導、ジャンプとスケーティング技術の指導、精神面でのケアが一体化しなければこのような演技はできません。
    日本のフィギュアーの将来が心配です。しっかりとしたコーチ陣の指導がないと、もはやロシアのレベルには追い付かない。今後、日本がロシアと世界に勝つにはどうしたらよいのでしょうか。新技術を開発して、伝統的なフィギュアーに組み込むことが必要かもしれません。子供たちの自由なスケーティングを抑えることなく、個性を伸ばすような指導をしていただけると、日本初の新しい技術が生まれるかもしれません。

  • 19
    マイ  2019/12/30(月) 22:25:30  ID:61b50c711

    正直勝てる方程式を作ったというエテリ組で2年持てばいい選手生活は淋しいです。
    真央ちゃんは随分と長い選手生活でした。辛いことなど一言も漏らさず最後までフュギュアと向かい合っていた。
    私が脳裏に焼き付くのは、引退の年に滑った恋は魔術師のSPとFPあの妖艶さ、衣装、化粧、滑り何をとっても超一流で駆け抜けた青春だったのではないでしょうか。
    そしていまだにツアーで日本中を回りながらフュギュアの素晴らしさを魅せられる素晴らしい人。
    シェルバコワが憧れるのも分かります。
    きっと滑りだけではない人柄や生き方に感銘を受けるのでしょう。
    そんなシェルバコワも真央ちゃんと同じ生き方をしていると感じます。
    そしてできることなら、真央ちゃんのように少しでも長い選手生活であってほしいです。
    可愛いすぎて参りました。ずっと無垢でいてね・・・

  • 20
    まいまいまい  2019/12/31(火) 01:48:34  ID:51a3766ef

    真央オタ うざいです
    なんでもかんでも 真央にからめてきて。
    純粋にすごいって言えませんかね?

  • 21
    You  2019/12/31(火) 11:44:50  ID:9a9208d72

    シェル子は浅田さんファンだから
    でも浅田さんは先輩に注目
    いろいろ面白いな
    ユーロは誰が優勝するのか

    シェル子が優勝したら初タイトルですか、狙っているだろうな
    頑張ってね

  • 22
    マイ  2019/12/31(火) 13:26:15  ID:41ec62d4d

    ひぇ~~!!
    私、真央オタなんですか??????
    こういうドロドロが日本人のダメなところ。
    よく聞くけれど、スケーターは一人じゃにといけないような風潮。
    色々な選手を応援しただけでアンチだのオタだのといやらしい限りです。
    もうばぁさんですから、そんなことを気にする時間はないですよ

  • 23
    Vancouver Love  2020/01/01(水) 14:36:23  ID:faa85a822

    国際大会だったらコストルナヤが勝ってただろうね、ロシアのナショナル特別ルールがないから。このルールはよくない思う、国際大会のルールと異なるルールでやるのはよくないのでは?ロシア選手権の得点は一切参考にはならない、そもそもルールが違うから。国際大会の代表選考をするんだからきちんと国際大会のルールでやるべきでは?採点甘いうんぬん以前の問題。それに正直言ってシェルバコワがSPでメドベデワと同じPCS36点台はおかしい。GPFの時もそう、FSのPCS高すぎるテネルより上とかジャンプ転んだのに転倒なく流れかが途切れずに演技したテネルよりPCS上なのは理解できない。TESとPCSは全く別物なのに。紀平の時から感じてたけど、最近技術点が高ければPCSも高くなる技術点に釣られてPCSも高くなってる全く別物なのに。正直言ってコストルナヤ除いた今シーズンシニアに上がったエテリ組は上海ざつきだんの演技にしかみえない。

  • 24
    Sa-ya  2020/01/02(木) 04:57:34  ID:aee7b8d1e

    ロシアナショナルのルールとかよくわからないですが
    シェルバコワ選手のショートの演技は良かったです。

  • 25
    yuria  2020/01/04(土) 10:18:53  ID:5e62fa632

    いや~4ルッツ恐るべし!
    脚に筋肉がついて、以前ほど極度の沈み込みがなくなったような気がします
    オイラーも以前は無理やり感がありましたが、今回はフワッとしていて、次のサルコウも以前より高かったです
    ますます進化しているような気がします
    インナーマッスルなど良い筋トレをしているのかもね

    ユーロ・ワールドはどうなるのでしょう。

  • 26
    ワン  2020/01/06(月) 08:57:57  ID:48c524562

    くりさん、私は浅田さんの事を尊敬している選手が素晴らしいとか言っているのではなく、高難度の技術と、バレイ的な演技力をなぜ日本の選手達がもっと真剣に取り入れなかったのか、その背景を言っているだけですよ。
    確かに某国の元選手に対しては嫌味を言いましたが、シェルの演技に対して嫌味は言っていない。ここは、シェルのコメント欄ですからね。
    私は、以前の、日本女子の演技が好きだったんです。
    荒川さんも柔軟性の大切さを昔はよく言っていました。荒川さんの演技も凄く好きだった。荒川さんも、高難度の練習を小さい頃からしていましたし。
    日本は昔は技術を伸ばして見栄えする西洋人に対抗してきたんですよ。それだけではダメだということで、柔軟性やバレイ的な要素も含めた演技力も伸ばす合宿が始まった。
    それなのに、一時期であったとしても、トリプルアクセルなどの高難度のジャンプなど必要ない、という風潮に日本がもっていったことに、本当にガッカリしていたんです。
    シェルやコスが、浅田さんではなく、安藤さんや荒川さんをリスペクトしていると言っていたなら、その名前を出したに過ぎませんよ。なんにしてもこのままだと、また、昔のように、女子フィギュアの番組がNHK杯しか観れなくなってしまうかも。という危機感を抱いているんです。