小松原美里&ティモシー・コレト  全日本選手権2019 フリーダンス演技 (解説:日本語)

東京都渋谷区の国立代々木競技場 第一体育館で開催された国内競技会「第88回全日本フィギュアスケート選手権(2019–20 Japan Figure Skating Championships)」、日本代表-小松原美里&ティモシー・コレト (Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO)のフリーダンス演技の動画です。


Date:2019年12月22日
曲名:ローナン・ハーディマン「クライ・オブ・ザ・ケルト」 ~ 「スール・ア・ルイン」  ~ 「ロード・オブ・ザ・ダンス」   (Cry of the Celts by Ronan Hardiman + Suil a Ruin by Ronan Hardiman + Lord of the Dance by Ronan Hardiman)
 
技術点:56.38
構成点:43.14
合計: 99.52

Michael Flatley’s Lord Of The Dance
ローナン・ハーディマン

東京開催、第88回全日本フィギュアスケート選手権(2019年)の出場選手、日程、結果、動画リンク。女子シングルは紀平梨花が優勝、樋口新葉2位、川畑和愛3位。男子シングルは宇野昌磨が優勝、羽生結弦2位、鍵山優真3位。



(インタビュー)

『小松原美里&ティモシー・コレト  全日本選手権2019 フリーダンス演技 (解説:日本語)』へのコメント (2件)

  • 1
    あきママ  2019/12/23(月) 18:13:19  ID:5eb7091b7

    美里ちゃん、コレトさん素敵な演技をありがとうございました。
    とても期待しています。でも、絶対に焦らないでくださいね。

  • 2
    傍観者  2019/12/24(火) 21:37:36  ID:b3f730c95

    UPを楽しみにしていました。派手な振付があったり、印象に強く残るポーズがあったり、力強さや軽妙なリズム感が抜けているわけでもないけれど、ココ組は空気の澱みない流れが感じられる心地よい伸びある品の良い滑りを持っていますよね。

    アイリッシュダンスは農民の力強さがある土着性の色濃いダンス、でも、彼らにかかるとやっぱり品の良さが前面に感じられます。多分、万全な体調でもそうなると思うな。衣装はアイリッシュグリーンをイメージさせているのでしょうか、二人にとてもよく似合っていて素敵です。うたしんとはまた違った大人のカップル。頼むからダンスもペアも放映して~!