TSL 上海杯2019&ジャパンオープン2019のおさらい (2019/10/6-英語)

TheSkatingLesson.comのデイヴィッド・リースとオペラ歌手のジョナサン・ベイヤーが上海杯2019、ジャパンオープン2019、JGPS第7戦エーニャ・ノイマルクト、グレイシー・ゴールドなどについて語った動画です。映像は「TheSkatingLesson.com」のYoutube公式チャンネルで公開されたものです。


埼玉県さいたま市開催、ジャパンオープン2019(木下グループカップ フィギュアスケート Japan Open 2019 3地域対抗戦)の出場選手、日程、結果、動画リンク。日本からは宮原知子、紀平梨花、宇野昌磨、島田高志郎が出場。欧州チームが優勝、日本チーム2位、北米チーム3位。
イタリア・エーニャ開催、JGPS第7戦エーニャ・ノイマルクト2019の出場選手・日程・結果・動画リンク。男子シングルはダニエル・グラスルが優勝、三宅星南10位。女子シングルはクセニア・シニツィナが優勝。アイスダンス吉田唄菜&西山真瑚組は6位。

2:05 グレイシー・ゴールド

上海杯:
18:45エリザベート・トゥルシンバエワ 🇰🇿
21:55 エフゲニア・メドベデワ 🇷🇺
32:15 イム・ウンス 🇰🇷
35:05 彭程&金楊 🇨🇳
36:05 ヴィクトリヤ・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ 🇷🇺
37:20 男子(マッテオ・リッツォ、アレクサンドル・サマリン、金博洋)

ジャパンオープン:
42:05宇野昌磨🇯🇵
49:15ネイサン・チェン🇺🇸
53:55 ヴィンセント・ジョウ🇺🇸
57:15 ハビエル・フェルナンデス🇪🇸
58:20 アレクサンドラ・トゥルソワ🇷🇺
1:03:30 宮原知子🇯🇵
1:05:40 紀平梨花🇯🇵
1:07:15 アリーナ・ザギトワ🇷🇺
1:08:55 ブレイディ・テネル🇺🇸
1:14:05 長洲未来🇺🇸

1:16:55 JGPSエーニャ・ノイマルクト

*時間リンクをクリックすると、指定時間から自動再生されますが、スマホ、タブレット、一部のブラウザの設定で自動再生機能が制限されている場合があります。時間リンククリック後、自動再生されない場合Youtubeの再生ボタンをクリックしてください。

『TSL 上海杯2019&ジャパンオープン2019のおさらい (2019/10/6-英語)』へのコメント (11件)

  • 1
    FSF  2019/10/08(火) 22:34:19  ID:9c6e3b200

    ジャパンオープン男子1~3位をまとめてみました。意訳・省略ありです。ご参考までに…。誤訳その他、お気づきの点を指摘していただけると助かります。
    *****

    ジャパンオープン
    男子
    2位 宇野昌磨
    『Dancing On My Own』を演じた。中盤のクロス・ビハインド・ステップが画期的で素晴らしい。トゥジャンプはまだ危なっかしい。なかなかノーミスとは行かない。

    コーチ不在のため今期は厳しくなると昌磨自身が話していた。全くその通り。誰かの指導を受けるべき。ジャンプが開き気味。見せ場もあるが、よく見ると両足滑走が多い。スケーティングの質がいいので見栄えがよくインパクトもある。だが、昌磨ならもっと踊れて動けるはず。より複雑で高度な演技を指導ができるコーチが必要。

    今季は環境の変化によりスタートが遅れたと昌磨本人が明かしていた。指導を受けていた本田武史を選任コーチにできないのだろうか?何か事情でも?パームスプリングスに行けばフランク(キャロル)に見てもらえるのに。

    1位 ネイサン・チェン
    [訳注: 『ベニーとジェッツ』のパートの演技についてデイヴとジョナサンの意見が分かれていました。ジョナサン=J,デイヴ=Dです。]

    J: 『ベニーとジェッツ』でスライドやキックはよかったがパントマイムや腕のジェスチャーはやり過ぎ。カッコよかったのに途中からダサくなった。狙いは分かるが、個人的に好きなプロではない。

    D: 顔にも表情をつけていて楽しめた。カッコ良かった。僕たちがあのジェスチャーをやっても決まらないし、あのシャツで表には出られない。だが、ネイサンだからイケてる。最高だ。
    [意見が異なる部分は以上です]

    『黄昏のレンガ路』のスピンは完璧。アクセルのパンク以外、ジャンプは凄かった。跳んだ4回転は軽々と綺麗に決めていた。安定している。まだ75~85%という感じ。余裕であれだけ跳べるなら、羽生含め他の選手たちにとってまずい事になる。

    運動能力がピークを迎えている。落ち着いて楽に演じていた。昨季の同じ時期と比べ、いい感じだ。演技力はあるし演技の幅を広げようとしているのは良い。このまま磨いて行けば観客はネイサンの演技に一層心を奪われるようになるだろう。キスクラでもくつろいでいる様子だった。試合に出るたび、より肩の力が抜け、気持ちが伝わるようになっている。

    ネイサンには楽しんで滑って欲しい。シリアスなプロもいいが、フィギュアスケートはいつもシリアスでなくていいと思う。同じようなプロばかりでなくて良かった。

    3位 ヴィンセント・ジョウ
    代わり映えしない演技。ヴィンセントもネイサンのようなジェスチャーを入れればいいと思う。着氷は成功したり失敗したり。振り付けは昨季のFSより良いと思う。曲もこちらの曲の方がいい。

    だが、肩を丸め前傾姿勢で滑っている。技術的難度は落ちるが、昌磨の滑りは姿勢が良く力強い。比べ物にならない。濱田美栄やローリー(ニコル)の指導から期待したほど改善が見られない。ローリーの指導でボーヤン(ジン)は、まだ完ぺきではないものの、しっかり上達した。だがヴィンセントにはそれがまだ見られない。

    ネイサンもヴィンセントも大学に通っている。ヴィンセントには荷が重すぎるのでは?才能はあるが、ヴィンセントはネイサンではない。だが、常にネイサンの背中を追いかけ競おうとしている。ヴィンセントは片道90分運転して大学に通っているとか。毎日トレーニングがあり疲れるだろうに大変だ。これではスケートも後戻りしてしまう。

    もっと楽になることもできる。将来、ヴィンセントがアイスショーのツアーに参加している姿は想像できない。学業に専念し、アイビーリーグの大学生として人生を充実させることもできる。二兎を追うのは厳しく無理があるように思う。

    今季、どこまでうまくいくか興味深い。ローリーや濱田美栄の指導で改善が見られても毎日続けなければ意味がない。短時間で矯正はできないのだから。
    *****

    以上です。

  • 2
    ぽにょ  2019/10/09(水) 14:36:38  ID:b9a4d1321

    FSF様

    いつも丁寧で綺麗な訳をつけてくださり本当にありがとうございます!!!

    ジャパンオープン、男子も女子も楽しめましたね。宇野選手の寡黙でいて情熱的な個性に以前より魅力を感じていましたが、ジャンプの矯正にはコーチが必要なようですね。海外拠点で力を伸ばせるのかな。

    それにしてもネイサンもヴィンセントも厳しいアメリカの大学に通いながら世界のトップレベルに君臨するとは…。心から尊敬します。

  • 3
     2019/10/09(水) 18:17:17  ID:fad373249

    FS Fさま、いつも素晴らしい翻訳をありがとうございます♡
    昌磨君はもうすぐフィン杯ですね
    連戦ですが体調に気をつけて頑張ってほしいです。

    今回ヴィンスは怪我で練習が積めなかったそうで
    それでもUSクラシックよりもずっと良い演技が出来たと思います。
    某ブログさんで清らかなステップシークエンスと評価されてましたが
    そこがヴィンスの魅力だなと思います。
    大学は寮でボストンのマイナーさんのリンクまで
    お母さんが運転されて練習に通っていると聞いたような?
    北京に向けて大学を休学するために今が大変だと記事でも見ました。
    二兎追うのではなくしっかりと準備をしているのだと思います。

    デイブさんのネイサンのロケットマンの評価が良くてホッとしました。
    衣装も絶対に突っ込まれると思っていました。
    まだまだジャンプに集中してる感じで本来のスケーティングではないですが
    コーチ無しで1人練習、試合もこなしてやっぱりすごい選手だなと思います。
    ヴィンスがネイサンと競うのはモチベーションでもあり
    きっと諦めないと思います。
    天才肌のネイサンと努力型のヴィンセント、すごく楽しみです。
    ありがとうございました♡

  • 4
     2019/10/09(水) 20:17:40  ID:fad373249

    すみません、ヴィンセントの伸びやかで清らかなスケーティングでした。

  • 5
    FSF  2019/10/09(水) 22:04:38  ID:ac2331cea

    ジャパンオープン女子の1~4位の部分をまとめてみました。意訳・省略ありです。ご参考までに…。誤訳その他、お気づきの点を指摘していただけると助かります。
    ****

    1位 アレクサンドラ・トゥルソワ
    凄い事をやっているのは確か。女子の中で最高の4Lzを跳ぶ。コンビネーションの第一ジャンプは着氷がいつも詰まる。何か問題がまだあるのだろう。それでも成功させる力をトゥルソワは持っている。

    とは言え、滑りに何も感じない。超高難度ジャンプを成功させているのに、なぜだろう。伊藤みどりやトーニャ・ハーディングがジャンプを降りて興奮する姿にこちらも興奮したものだ。トゥルソワのジャンプにもパワーと技術がある。ただ、トゥルソワはルーティンのようにジャンプを降り、興奮しているように見えない。無表情でチェックマークを入れるように跳ぶ。

    スケーティングも粗い。ジャンプに向けスピードを上げる際はホッケー選手のような滑り方だ。冒頭はジャンプの反復練習のよう。何も感じない原因はトゥルソワなのか振り付けなのかIJSなのか分からない。成功するだろうと思って見ているので興奮しないのかもしれない。成功させること自体は、いい事なのだが。

    トゥルソワにカリスマも個性も感じない。演技というより高難度技の練習を見ているよう。美しい滑りやエッジを求めている者にとっては何もない。ジャンプには感心する。全て着氷し、高得点をたたき出した。凄い事なのになぜ感動しないのか?ジャンプ着氷時に背中が反らず、フィニッシュが綺麗ではない。味わいが無い。音楽性も繊細さもない。凄い技なのだが。

    毎日4回転を跳んでいるが、今後、膝や股関節など体がもつのだろうか?今季は間違いなく勝ち続けるだろう。だが2年後はどうなるかわからない。

    4位 宮原知子
    新衣装で登場。低画質画像で見たため気づかなかったが、前の衣装は背中に(ダビデの)星がついていた。そのことで色々言われていたようだが、知子側に悪意があったわけじゃない。

    演技は美しかった。3Fは今ひとつ。リー・バーケルがコーチについてジャンプに少しパワーが出たようだ。終盤の2A+3Tは良くなったと思う。トゥジャンプはまだ不安が残る。リー効果はゆっくりだが着実に出てくるだろう。終盤1~2分が特によかった。

    あれほど美しいにかかわらず残念ながら今季は埋もれてしまうだろう。順位はこれ以上、上がらないと思う。コリオグラフィックシークエンスや袖で口を覆う場面など知子の演技は感情に訴えてくる。『シンドラーのリスト』とラフマニノフのミックスが良く思えるようになってきた。ピアノの音が繊細かつパワフルだ。万人受けするとは思わないが、興味深い。

    なぜかは分からないが、このプロをノーミスで演じるのは極めて難しいと思う。かつてカロリーナ(コストナー)がローリーのミューズだったように、今は知子がローリーに創作意欲をもたらしているのだろう。ローリーにインスピレーションを与え進化させている。素晴らしいプロだ。

    3位 紀平梨花
    ローリーは(紀平)梨花の力になれないだろうか?同じ振付師を使っても梨花と知子の演技が同ように見える心配はないと思う。梨花は少し顔に表情が出てきた。もっと表情をつける必要はあるが。

    3Fの前に華麗なエッジ使いで体全体でカーブを描いている。動きが良い。言われた通りにだが、しっかりできている。曲は昨季ほど音楽的効果がないので梨花自身が活力・魅力を出さなくてはいけない。今季、最も高難度ジャンプを跳んでいる訳でもないため、昨季ほどの興奮は得られない。

    昨季のプロほどではないが、及第と言ったところか。衣装は全く違う方向にガラリと変えた方がいい。もっと顔に表情をつけ、自信を持つことだと思う。

    オータムクラシックの少し前に怪我をしたと聞いている。4Sを跳ばないのはそのためだ。そのうち見せてくれるだろう。回りきれるかは分からないが。演技は良くなっていると思う。

    2位 アリーナ・ザギトワ
    効率よく得点するため、前半は盛らない構成になっていた。こういったエキゾチックな曲にはボディの曲線美を強調しうねるような動きがよく使われる。だが、冒頭に『ボーグ』のポーズのような硬い動きを取り入れ、変化をつけているのがおもしろい。

    ジャンプが昨季よりずっと良くなった。安心して見ていられる。これまでは着氷時に止まってしまうことがよくあったが、ジャンプにスピードがつき着氷に流れが出た。終盤に使用していたのはそれほど聞かない曲だが雰囲気が盛り上がり、とても良い。とりわけ良いプロとは思わないが、『カルメン』や『ドン・キホーテ』より良かった。ザギトワの演じた中では一番良いプロだと思う。好調で自信に満ちていた。

    だが順位はトゥルソワに次ぐ2位。トゥルソワのPCSを正確に出さない限り、今後も結果は変わらないだろう。
    *****

    以上です。

  • 6
    なっこさん  2019/10/09(水) 22:44:19  ID:796ab83fa

    FSF様 翻訳いつもありがとうございます。

    Youtubeのコメで、どこかの人(外国人)が、即、 ヴィンスのことを、同じように言っていました。 ネイサンの後追いするな、とか。 もしかして同じ人だったりして。。 

    大丈夫、来年からスケートもっと頑張るから。 わたしとしては、今年は 短いけど学校生活というものを経験して視野を広げることも大事だと思う。。輝くような笑顔を学内で見せているようなので。。練習不足は否めないでしょうが。 濱田コーチと出会って彼は変わった。表情や印象が以前と全く違うもの。。これからも もっとかっこよくなって(?)、 スケートも改善して、、人の心をうつ素晴らしい演技をするでしょう。
     
     昌磨君も、自分とよく向き合いながら 考えての事だよね。
    どんな結論になっていくのか、楽しみ。
     

  • 7
    逸材  2019/10/10(木) 00:00:56  ID:52a02ec4d

    FSF様、お陰様で理解できました。本当に有りがたい!

    トルソワ選手はともかく、ロシアが組織的に「勝てる」天才的逸材達を育て備えてる!日本も追随する逸材がなくちゃホント世界に置いて行かれそう。

    紀平選手にあまりプレッシャーかけぬよう注意ですね!まだシニア2年目での苦難の怪我だけど今後経験の糧にして!できる事きっちりできてる前向きなコメントが心強い!頑張ってー!!

  • 8
     2019/10/10(木) 14:23:07  ID:5fc2e25b6

    FSFさま、さらに翻訳をありがとうございます♡
    確かにターガリアンのデナーリスは感じなかったのですが
    髪を下ろすとまた違うかな(でも長すぎるので)
    4回転を次々と跳ぶトルソワちゃんはまさに火を吹くドラゴンのようでした。
    ネイサンが前半にもってきた4Tの3連続をリスキーな後半に
    オイラーがあの感じでも3Sをしっかりと回った
    トルソワちゃんのファイターぶり
    基礎点も上ですし、tesの100点超えを目指し
    男子のトップ選手に挑むトルソワちゃんは素晴らしいです。
    体型が変わってもトリプルは軽々と跳べそうですね

    なっこさん、デイブさんはヴィンスがTSLを確認するのをわかっているので
    同じ人じゃないと思うのですが…
    ネイサンのミラノワールドもぼろくそでしたが本当のことであり
    ネイサンはネイサンでやり遂げたので。
    昌磨君の滑りはネイサンもヴィンスもとても敵わないのですが
    優れているものもあるので気にしません。

  • 9
    マイ  2019/10/10(木) 20:01:29  ID:ce2e328f5

    FSF様 翻訳いつもありがとうございます。
    本当に感謝です。
    宇野選手のスキルも褒めて戴いてとても嬉しいです。
    https://ameblo.jp/sienna12/
    此方でも宇野選手のSSはピカイチ書かれています。
    エテリ組がどんなに凄い技術を見せても何も感じないのです。
    表現を出すには余りにも若すぎますよね。
    宮原さん及び日本女子のほうが芸術性に長けていると思うのは私だけでしょうか。
    もう、ジャンプ大会でアップアップです。

  • 10
    citron  2019/10/11(金) 12:34:03  ID:e1777fab7

    FSF様 分かりやすく見やすい翻訳を、いつもありがとうございます。

    トゥルソワちゃんは愛らしくて好きなのですが
    「演技というより高難度技の練習を見ているよう…」
    ポンポン飛ぶ点数マシーンのようで、演技全体から受ける感動のようなものは
    現時点では感じられなくて残念。

    紀平さんは宮原さんくらい、もう少し表情があって良いと思います。
    随所でタメてもっとドヤっても良いかも 笑
    最後のポーズもアッサリすぎるので、もう2秒くらいキープしてほしい。

  • 11
    お互い  2019/10/11(金) 17:16:56  ID:c4ddada23

     世界で戦う為には、「表現力」と「3Aを越える技術」が必須!(既にロシア15才3大天才児の一人コストルナヤ選手が3A成功!怖!)

     紀平選手、想定外の怪我抱えつつ3A成功させたのは偉業!ジャンプ以外の技術表現力も「経験」を積み重ね豊かに育つ事を見守りましょう!経験豊かな宮原選手とお互いの良さを尊重吸収しつつ、お互い更なる進化して行ける二人!二人ともそして日本女子皆、頑張れーー!