Currently set to Index
Currently set to Follow

ジェイソン・ブラウン 四大陸選手権2015 フリー演技 (解説:日本語)

ジェイソン・ブラウン 四大陸選手権2015

韓国・ソウル(Seoul)で開催された「四大陸フィギュアスケート選手権(2015 Four Continents Figure Skating Championships)」、アメリカ代表-ジェイソン・ブラウン(Jason BROWN)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2015年2月14日
曲名:リヒャルト・ワーグナー/マキシム・ロドリゲス 「トリスタンとイゾルデ」(Tristan und Isolde by Richard Wagner performed by Maxime Rodriguez)

技術点:84.23
構成点:83.12
合計:167.35

Shchedrin: Carmen Suite; Naughty Limericks; The Chimes
Shchedrin: Carmen Suite, Naughty Limericks, The Chimes – ミハイル・プレトニョフ & ロシア・ナショナル管弦楽団

韓国開催2015年四大陸フィギュアスケート選手権の出場選手&日程&結果&動画リンク。女子シングルはポリーナ・エドモンズ が優勝、宮原知子2位、本郷理華3位、永井優香6位。男子シングルはデニス・テン が優勝、村上大介4位、宇野昌磨5位、無良崇人6位。

(解説なし)

(日本語)

(アメリカ英語)

(カザフ語)

『ジェイソン・ブラウン 四大陸選手権2015 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (2件)

  • 1
    クリスタル  2015/02/14(土) 22:55:46  ID:b7e46c5f2

    4回転はフリーでは挑戦しませんでしたが本当ミスが少ないいい演技だなと思いました!!
    このプロには難しいコンビネーションを入れる代わりにジャンプの重複の関係で 2アクセルを2回しなきゃいけないというのがちょっと痛手なんですが
    今回感じたのは4回転を入れないとちょっときついのかなと思う内容に感じてしまいましたね…
    彼はジャンプ以外のステップやスピンそして表現面に関してはにトップクラスのものを持っていると思いますが やっぱりジャンプが点に影響する割合が多く 今回は少しミスこそありましたがほぼ完璧な内容でしかもPBを出したのにも係わらず得点が伸びきらなかったのは今後考えなきゃいけないなと思ったでしょうね…
    ただ今回ショートで4回転を披露したところを見ると彼も真剣にその点に関して気にしていると思いますが やっぱり今の4回転の質で行くのも辛いですし だからといって外すのも伸びきらないところがあるので
    これは完成度を気にする彼にとっては非常に悩ましいことだなと改めて感じましたね…

  • 2
    風花  2015/02/15(日) 03:13:48  ID:c15655158

    ブラウン君はつい2年位前までは、3Aが壊滅的に駄目だったんですよね。
    今回は3Aのコンビネーションを入れられて、本来持っている芸術点を頑張ってプラスして滑り切りました。
    SPから4回転を挑戦して失敗して順位を落としましたが、フリーはなかなかまとめた方だと思っています。
    確かに2Aの連発は、女子仕様となるかな……?と思います。
    ルッツ、フリップ、サルコウ、ループのジャンプの中で、得意なものをひとつふたつ増やして、2Aを抜くと良いのかな。
    トーループはセカンドに持って来るから、4回転を跳ぶならアクセル以外のジャンプバリエーションを増やして、使えるコマを揃えたらもっともっと良くなりますよ。
    音楽を体で感じて踊る能力はズバ抜けていますから、技術的なものを手に入れたら凄い選手になれるのではないかと思います。
    日本で言えば、引退した佐々木選手のような唯一無二の存在でしょうか。
    幸い、ブラウン君はまだ若く現役です。
    更なる飛躍を期待します。
    EXの特別推薦で、出てきてくれないかしら。