Currently set to Index
Currently set to Follow

アメリー・ラコステ 四大陸選手権2013 フリー演技 (解説:イギリス英語)

アメリー・ラコステ 四大陸選手権2013 

2013年大阪(Osaka)の大阪市中央体育館で開催された「四大陸フィギュアスケート選手権(2013 Four Continents Figure Skating Championships)」、カナダ代表-アメリー・ラコステ(Amelie LACOSTE)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2013年2月10日
曲名:ジョージ・ガーシュウィン  「ラプソディ・イン・ブルー」~「ピアノ協奏曲へ調」(Rhapsody in Blue + Piano Concerto in F by George Gershwin)
技術点:46.50
構成点:53.84
合計:100.34

大阪開催2013年四大陸フィギュアスケート選手権の出場選手&日程&結果&動画リンク。女子シングルは浅田真央が優勝、鈴木明子2位、村上佳菜子3位。男子シングルはケヴィン・レイノルズが優勝、羽生結弦2位、高橋大輔7位、無良崇人8位。

(イギリス英語)

(ロシア語)

『アメリー・ラコステ 四大陸選手権2013 フリー演技 (解説:イギリス英語)』へのコメント (3件)

  • 1
    moriiinyo  2013/02/11(月) 19:22:45  ID:321808436

    現地観戦しましたがスケーティングが素晴らしかったです。
    少しずつですがPCSも上がっているので、その辺りが評価されているのでしょうかね。
    しかし、フリップが2本とも抜けてしまった今回の点数がPBに近いというのは驚き。
    能力の高い選手なのでジャンプをとにかく決めてもらいたいです。
    アメリー選手の持っているぬいぐるみ、LINEのマスコット「ムーン」ですね笑

  • 2
    シジフォス  2013/02/11(月) 21:06:15  ID:589fc6ab0

    前半はジャンプのミスが例によって続き…な気分になりかけたのだけど、なんだろう、後半になって息を吹き返したかのような素晴らしい演技とスケーティングに思わず画面に吸い寄せられましたアメリの底力ってこれなのね~

  • 3
    ゆーじん  2013/02/25(月) 17:29:53  ID:cfe6ef91e

    第3Gは未来の五輪メダル候補達が名前を連ねましたが、「若手には負けないよ?」とばかりに基礎的な「滑り」の部分ではやはり彼女が断トツでした。
    上半身の使い方、音の捉え方、曲想の表現、スピン、ステップ、本当に巧いです。やはりこれはベテランならではの「味」なのではないか思います。ただもう少し笑顔が増えると観てる側としては嬉しいかな。(プレゼントのクッションのようにね笑)
    上記お二方もおっしゃっていますが、ジャンプが…。ジャンプを決めてくれ!最初の3F2本がダブって「ああああ、いつものアメリーか…」といった具合に現地で観戦しながらうなだれてしまいました。がんばれアメリー!!!!!!