Currently set to No Index
Currently set to No Follow

エレーナ・ソコロワ 世界選手権2006 フリー演技 (解説:オランダ語)

エレーナ・ソコロワ 世界選手権2006 フリー

2006年カナダのカルガリー(Calgary)で開催された2006年世界フィギュアスケート選手権
(2006 World Figure Skating Championships) 、ロシア代表-エレーナ・ソコロワ(Elena SOKOLOVA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2006年3月25日
曲名:ジェラール・プレガルヴィック 「ロミオとジュリエット」より  (Romeo & Juliette by Gerard Presgurvic) 

技術点:58.93
構成点:57.94
合計:116.87


iconRomeo & Juliette
icon
Gerard Presgurvic

カナダ・カルガリー開催、2006年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。女子シングルはキミー・マイズナー(米国)が優勝、村主章枝2位、中野友加里5位、恩田美栄11位。男子シングルはステファン・ランビエール(スイス)が優勝、織田信成4位

(オランダ語)

(オランダ語)

(アメリカ英語)

(ロシア語)

『エレーナ・ソコロワ 世界選手権2006 フリー演技 (解説:オランダ語)』へのコメント (2件)

  • 1
    くるみ  2009/05/19(火) 14:41:39  ID:039ac0fea

    演技終了後の笑顔かわい~!
    たぶんジャネット・リン並みに笑顔が可愛い選手でした!
    年齢的にもそろそろかな、と思っていましたがいつの間に引退(?)
    してしまったの?

  • 2
    dhrohf2  2009/05/26(火) 14:17:19  ID:da79d5cd3

    彼女の笑顔が好きでした。
    07年に引退されたそうですね。
    その後も一人で練習したり子供のコーチしたりしていたそうですが、現在はどうされているのでしょう。
    また笑顔が見たいです。