Currently set to Index
Currently set to Follow

アシュリー・ワグナー NHK杯2008 ショート演技 (解説:イギリス英語)

アシュリー・ワグナー NHK杯2008 ショート

2008年グランプリシリーズ第6戦年、東京代々木第1体育館で開催されたNHK杯国際フィギュアスケート競技大会(NHK Trophy)、アメリカ代表-アシュリー・ワグナー(Ashley WAGNER)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2008年11月28日
曲名:ジョン・バリー(作曲)/マクシム・ムルヴィツァ(演奏) 映画『ある日どこかで』より (Somewhere in Time soundtrack by John Barry performed by Maksim Mrvica)

技術点:35.60
構成点:25.92
合計:61.52

B0012PYHFGグレイテスト・マキシム
マキシム

東京開催 グランプリシリーズ第6戦NHK杯2008(日本大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは織田信成が優勝、無良崇人5 位、南里康晴8位、女子シングルは浅田真央が優勝、鈴木明子2位、中野友加里3位。

(イギリス英語)

(イギリス英語)


(日本語)

(日本語)

(ロシア語)

『アシュリー・ワグナー NHK杯2008 ショート演技 (解説:イギリス英語)』へのコメント (4件)

  • 1
    sachi  2008/11/29(土) 07:01:37  ID:8ff5d13d6

    いや~、、ワグナーちゃん1位かとおもっちゃっうくらいミス無しです。
    さらに良くなってました!今年はほんとにイメージチェンジしてます。
    この前の試合では真央ちゃんの影響を感じたけど、
    今回の滑りにはワグナーさん独自の個性を感じました。
    スピン、スパイラル、息をのむような美しさです。
    最後のスパイラルからの2A、私だったらGOE5点増やします(笑)。
    これからは3-3にもまたトライして欲しいです!

  • 2
    まりりん  2008/11/30(日) 15:55:39  ID:7d1439769

    管理人様
    こちらにもお邪魔します。
    アメリカ勢の中では、ワグナ-選手とハッカー選手が好きです。
    まず、
    べっぴんサンです
    ハリウッド女優に居そうなお顔立ち。
    ワグナ-選手は昨シーズンよりも
    格別に良いですよね!動きも優雅でキレイ
    フリーよりも、ショートの方がかなりお気に入りです。
    彼女もまだまだ若いので、
    また3-3コンビネーションに挑戦して欲しいなぁ☆

  • 3
    あき  2009/01/31(土) 01:45:06  ID:c6e4c2f6d

    見れませんね 残念!

  • 4
    ゼット  2015/04/09(木) 23:49:55  ID:d3a5eae49

    この時期には彼女もダブルだけどセカンドにループを入れてたんだね。 結構美しいループなのになぜかこれ以降取り入れていないね。 もったいないといえばもったいない。
    1980米映画「Somewhere in time 邦題 ある日どこかで」の、ジョン・バリーの手になるテーマ曲。
    テーマ曲というより、「ベニスに死す」のマーラー「アダージョ」同様映画の全篇にこの曲が流れている。 この映画には他にラフマニノフの「ラプソディ」も取り入れられているから、この時空を越えた恋愛をこれでもかというぐらいに美しく感動的にしている。 どこかしらR・ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」を彷彿させもする。
    ワグナーの演技だけど、この時の年齢からすればなかなかのものだ。
    敢えて言えば、この曲の情感やリリシズムはもう少しスローで優美な身のこなしのほうが一層表現されるように思う。
    シズニーならジャンプを2Aまでにとどめたショーで、浅田真央なら競技でこの曲の演技を見てみたい。
    なお、ワグナーの演技はニコに上がっています。