Currently set to Index
Currently set to Follow

村主章枝 トリノオリンピック2006 エキシビション演技 (解説:スペイン語)

村主章枝 トリノオリンピック2006 エキシビション

2006年イタリア・トリノ(Torino)のパラベラ(Palazzo a Vela)で開催されたトリノオリンピック(XX Olympic Winter Games)-フィギュアスケート大会、女子シングル第4位、日本代表-村主章枝(SUGURI Fumie)のエキシビション演技の動画です。


日にち:2006年2月24日
曲名:シルク・ドゥ・ソレイユ 『キダム』より「セイソーゾ」 Seisouso - Quidam (Soundtrack) (Séisouso from Quidam by Cirque du soleil)

女子シングル総合結果(英語)

B0009K7RNOCirque du Soleil: Quidam
Benoît Jutras

イタリア・トリノ開催、第20回冬季オリンピック(2006年トリノオリンピック)の日程・出場選手・結果。女子シングルは荒川静香が金、村主章枝4位、安藤美姫15位。男子シングルはエフゲニー・プルシェンコが金、高橋大輔が8位。



『村主章枝 トリノオリンピック2006 エキシビション演技 (解説:スペイン語)』へのコメント (1件)

  • 1
    アクア  2008/05/17(土) 23:29:20  ID:0184dd637

    管理人さん、このEXとても好きだったので、また見られてうれしいです!!ありがとうございました。村主さんのこういった演技に、右に出る人はいないと私は思っています。このとき、メダルをとらせたかったです。ジャンプさえ安定してくれれば今でも、まだまだメダルがとれると思っています。一番は真央ちゃんですが、村主さんも来シーズン期待してます。