浅田真央 スケートカナダ2007 フリー演技 (解説:日本語/カナダ英語/アメリカ英語)

浅田真央 スケートカナダ07 フリー

2007年ISUグランプリシリーズ第2戦、カナダのケベック(Quebec City)で開催されたスケートカナダ(HomeSense Skate Canada International)、浅田真央のフリー演技の映像です。

日本語版はテレビ朝日で放送されたもの。実況はテレビ朝日アナウンサー森下桂吉、解説はトリノオリンピック金メダリストの荒川静香です。

英語の映像はカナダのCBCとアメリカESPNで放送されたものです。カナダで放送された映像では、解説はトレイシー・ウィルソン(Tracy Wilson)です。

アメリカESPNでは、実況はテリー・ガノン(Terry Gannon)、解説はスージー・ウィン(Susan Wynne)とポール・ワイリー(Paul Wylie)です。


Date:2007年11月03日
曲名: フレデリック・ショパン  「幻想即興曲」 Louise-Andr?e Baril & Th?r?se Motard - Chopin: Sonate, Polonaise brillante, Fantaisie-Impromptu, Nocturnes, Valse - Impromptu for Piano No. 4 in C-Sharp Minor, B 87, Op. 66 - "Fantaisie-Impromptu" (Fantaisie-Impromptu in C-sharp minor, op.66 by Frederic Chopin performed by Louise-Andr���e Baril)
技術点:61.74
構成点:57.84
合計:119.58

女子シングル・フリー得点詳細(英語)
女子シングル・フリージャッジスコア(英語)
女子シングル総合結果(英語)

Sonate, Polonaise brillante, Fantaisie-Impromptu, Nocturnes, Valse



(日本語)


(優勝決定度のインタビュー)

カナダ英語

解説:S=スコット・ラッセル(Scott Russell)、T=トレイシー・ウィルソン(Tracy Wilson)

S: マオ・アサダは彼女(中野選手)の年下の、そして非常に才能のあるチームメイトです。3月に東京で開催された世界選手権の銀メダリスト、名古屋出身の17 歳です。(世界選手権は)優勝したミキ・アンドウとの接戦でした。そしてマオは苦戦したショートプログラムを(フリーで)挽回しなければなりません。けれど過去に成し遂げたことがあります。

T: マオは3Aを試みる予定ですが、6分間練習の時はやっていませんでした。この試合で跳んだら驚いちゃうわね。やるでしょうか?見てみましょう。ここですよ―ダブル!氷の上を流れるように滑っていくのを見て下さい。

T: ここは3回転-3回転のコンビネーションが予定されています。非常に難しい3Fから3Loへ!Yes!

S: 先に見たシンシア・ファヌフと比較して、マオも身体的にかなり成長しましたが、トレイシー、彼女はどのジャンプも失ってはいませんね。

T: 3Lzへのステップ。きれいな軽いジャンプ、美しく空中へ跳び上がり、やわらかな着氷です。このプログラムはカナダ人のローリー・ニコルによって振り付けされましたが、マオの最高の才能を引き出していると思います。やわらかで軽い膝、氷の上の繊細な動き…そしてスパイラルのポジション。

S: 日本では随行者(取材の報道陣)がたくさんいまして、遠征先にもついてきています。マオ・アサダの前進を追おうと日本からテレビ関係者が33名も来ています。そして彼女は注目の中で大活躍しています。(rebels in theattention. これはどう訳したらいいのかあまり自信ありません。文脈を考えてものすごい意訳をしたので間違えてる可能性大です…)

T: 最後のトリプルです…3F、2Lo。

T: きれいな連続技です。2Aと連続の2Lo。

T: 17歳で、先ほど話が出たように、彼女はメディアに注目されるのが好きだと言います。12歳の時からメディアが彼女を追っているので慣れているのだそうです。その(12歳の)時に3回転-3回転と3Aを跳び始めたのよね。天才です。

T: このステップシークエンスを表現するのに彼女がどのように膝と全身の動きを使っているかご覧下さい。

S: 間近で直接マオ・アサダを見られるのはカナダ人にとっては貴重な経験でしたね。しかもほぼ完璧な演技の時にです。

T: 技術面ではミスがなく、正確。情緒面では最後まで抑制されていましたね。ここで少しゆっくりになりますが、2度目の3回転がきちんと回っていたか確認しましょう。DGされるかもしれませんが、ジャンプ、振り付け、スピン、どれも複雑なプログラムでした。最後は素晴らしい表情をしていますね。

S: 日本のマオ・アサダでした。次はアメリカのエミリー・ヒューズです。

<キスクラ>

S: マオ・アサダとコーチのラファエル・アルトゥニアンです。彼らはカリフォルニア州のレイクアローヘッドでトレーニングしています。同じ日本のチームメイト、ユカリ・ナカノを越して首位に立つには111.35が必要です。ところで、アサダのフリーでの自己ベストは133.13です。技術点、61.74。トレイシー、順調に行っているようですね。

T: そうですね、けれどもちろん最高の演技ではありません。3Aがありませんでしたし、3回転-3回転のコンビネーションは3回転-2回転にDGされてしまいました。

S: 119.58でナカノを抑えて楽々首位に立ちました。あと2人を残してここ、スケートカナダでは177.66が新しい基準となります。

<インタビュー>

Brenda Irving (以下B)、通訳 Sachiさん(以下S)、ラファエル・アルトゥニアン(以下R)

B: マオ・アサダは世界選手権でもやりましたし、ここ、スケートカナダでもやり遂げました。つまり、苦戦したショートプログラムから立ち直って見事なフリープログラムを披露したのです。ではまず、彼女のコーチと話をしてみましょう。ラファエル、先ほどホールであなたは「君がベストだ。君が女王だ。昨日のことは忘れるんだ」と言っていましたが…。

R: いいえ…

B: ここにはいたるところに盗み聞きマシンがあるのよ。フリーの前に彼女に自信を与えるのはあなたにとってどれほど重要なことだったのですか?

R: いえ、違うんです。私が言いたかったのは自信を持たせることではないんです。私は彼女がうまくできることを知っていますし、やり遂げることができること、レベルが高いことを知っています。そして君のスケーティングは素晴らしい。これが私が彼女に伝えたことです。それだけです。驚くべきことは何もありません。

B: そして通訳のサチを通して彼女(浅田選手)に、どのように困難を克服して今日の見事なフリーを演じることができたのか聞いてみましょう。サチ?

S:(浅田選手に日本語で)昨日は3位という不本意なポジションからで、またワールドの時もショートをミスしてしまって、それからまた今回も挽回でフリーがうまくできたんですけど、いつもどうやってフリーの時にうまく滑れるように気持ちを立て直してるんですか?

Mao: (日本語で)やっぱりショートがだめだとフリーでもっと頑張ろうと思うのもひとつなんですけど、でもやっぱり両方良くないといけないのでこれからはしっかりふたついい風にしたいと思います。

S: (通訳さん英訳)ショートでミスをしたら、なるべく忘れるようにしています…けれど両方ともいい結果が残せるように頑張ります。これからはミスをしないようにしたいと思います。

B: マオ、ラファエル、おめでとうございます。

カナダCBCで放送された解説の和訳はみつば様にご協力してもらいました。


(アメリカ英語 ESPN)

Terry Gannon(以下 T), Susie Wynne(以下S), Paul Wylie(以下P), Peter Curruthers(以下P.C)

T: 会場ではマオ・アサダが準備をしています。彼女がショートプログラムの後で首位ではなく、3位となったのはささやかな不正エッジ踏み切りでの減点があったからです。見てみましょう。

<浅田選手の3Lz踏み切り映像>

P: 3Lzはアウトサイドエッジでの踏み切りを求められていますが、マオはインサイドエッジで踏み切りをしています。これは「フラッツ」とも呼ばれています。4人のジャッジがこれにほぼ転倒と同等のマイナス3点をつけました。

T

: さて、FPに臨むにあたってこのことは念頭にあるでしょうか?修正はするのでしょうか?バックステージにいるピーター・カルーザスが取材をしています。

P.C.: マオ・アサダのコーチ、ラファエル・アルトゥニアンに確認したのですが、彼はマオ・アサダに3Lzの踏み切り修正を指導していないと言っていました。第一に彼はルールが不公平だと言い、第二にシーズン中のこの遅い時期だと踏み切ったとしても空中でバランスを崩して転倒する可能性があると言っていました。そしてそれは今現在の状態よりも悪い結果になりうるでしょう。なので現時点では何もかも同じままです。マオ・アサダはこれまでどおり、いつもやっていたのと同じように3Lzを跳ぶでしょう。

T: ありがとう、ピーター。スージー、君はラファエル・アルトゥニアンに賛成する?

(こちらの動画の解説は以下から始まっています)

S: そうですね、コーチの立場からするとこのタイプの技術を変更するのは難しいことです。けれどISUが(ルール)変更を明確にするということを知った以上、夏の間に時間をうまく使って修正をするか、もしくは他の部分でポイントを稼ぐ方法を考えなければなりません。(マオとラファエルは)既にそうしていると思います。

P: 彼女は3Aを跳ぶことができます。もしやるとしたらここなのですが、ダブルを選択しました。手堅く行くことにしたようです。

T: 彼女は同一プログラムの中で3Aを二回跳んだ最初の女性です。2006年の全日本選手権の時ですね。

P: 彼女は非常に才能のあるジャンパーです。ここで3回転-3回転のコンビネーション。3Fから3Loへ。少し回転不足ですね。フルの点数はもらえませんが、それでもすごいジャンプです。

T: マオと彼女の姉のマイはカリフォルニア州、レイクアローヘッドに拠点を置いているのですが、そこはカリフォルニアの最近の山火事でもっとも甚大な被害が出た地域の一つです。荷物をまとめて逃げ出すのに30分くらいしかなかったそうで、しばらく2時間ほど離れたL.A.で練習をしないといけなかったんです。

P: 今回の競技に参加しているジェフリー・バトルも電話でどうなっているのか確認したそうですよ。

S: スパイラルシークエンスの美しいストレッチ。足が頭のずっと上の方まで上がっていますね。そしてやわらかな腕の動きも細部まで注意が払われています。ルールの事なんか忘れて彼女の才能を楽しみたいと思うのはこういう時よね。

P: ここはとても難しいステップシークエンスですよ。多様なステップを披露しています。ローリー・ニコルがこのプログラムの振り付けをしました。彼女がまだ 17歳だなんて信じられないね。彼女は成熟さと素晴らしい身のこなしでスケートをするし、スージー君が言ったように、本当にたくさんのことができるね。

S: そしてとても静かなのよね。ブレードが動いている音が聞こえないのよ。

<演技終了>

P: あの笑顔が全てを物語っているね。これをやり遂げたことが本当に嬉しいんだよ。ショートで起こったことで***(音声が飛んでいて不明)と思います。世界でも最高のジャンパーの一人なので驚きでした。3F-3Loは先ほど言ったように、3Fは美しいけれど、3Loで少し回転不足ですね。これはDGされるでしょう。これが2回目の3F、それから2Loへ。皮肉なことにこの二つのジャンプは同じように評価されてしまうでしょう。

S: そうね。

T: スージーが静けさを指摘したのは興味深いですね。静けさというのはコメントでは良い観点となります(ここの訳は怪しさ満点です。And silence can be a very good thesis(??) on commentaryと聞こえますがよくわかりませんでした)けれど彼女が滑っている時はブレードの音がほとんど聞こえないんですよ、スージー。

S: 膝と足首の屈曲がとても自然なのね。それに氷の上では本当にやわらかで自然なの。そしてほとんどのスケーターはこの静けさを持っていないのよ。

T: グランプリシリーズではまだ3シーズン目です。信じられない。この点数を見てください。フリーの得点は119.58。総合では177.66、現時点で首位です。マオ・アサダはグランプリシリーズでは表彰台を逃したことは一度もありません。すごい!

アメリカESPNで放送された解説の和訳はみつば様にご協力してもらいました。カナダとアメリカで放送された英語解説の翻訳にご協力してくださったみつば様には感謝です。

『浅田真央 スケートカナダ2007 フリー演技 (解説:日本語/カナダ英語/アメリカ英語)』へのコメント (20件)

  • 1
    みつば  2008/11/26(水) 00:29:13  ID:95caa505f

    2007 Skate Canada Free Program
    CBC版解説の和訳です。ちょっと怪しいところもありますが、ご容赦ください。
    Scott Russell (以下S), Tracy Wilson (以下T)
    ———————————————-
    S: マオ・アサダは彼女(中野選手)の年下の、そして非常に才能のあるチームメイトです。3月に東京で開催された世界選手権の銀メダリスト、名古屋出身の17歳です。(世界選手権は)優勝したミキ・アンドウとの接戦でした。そしてマオは苦戦したショートプログラムを(フリーで)挽回しなければなりません。けれど過去に成し遂げたことがあります。
    T: マオは3Aを試みる予定ですが、6分間練習の時はやっていませんでした。この試合で跳んだら驚いちゃうわね。やるでしょうか?見てみましょう。ここですよ―ダブル!氷の上を流れるように滑っていくのを見て下さい。
    T: ここは3回転-3回転のコンビネーションが予定されています。非常に難しい3Fから3Loへ!Yes!
    (続く)

  • 2
    みつば  2008/11/26(水) 00:32:08  ID:95caa505f

    (続き)
    S: 先に見たシンシア・ファヌフと比較して、マオも身体的にかなり成長しましたが、トレイシー、彼女はどのジャンプも失ってはいませんね。
    T: 3Lzへのステップ。きれいな軽いジャンプ、美しく空中へ跳び上がり、やわらかな着氷です。このプログラムはカナダ人のローリー・ニコルによって振り付けされましたが、マオの最高の才能を引き出していると思います。やわらかで軽い膝、氷の上の繊細な動き…そしてスパイラルのポジション。
    S: 日本では随行者(取材の報道陣)がたくさんいまして、遠征先にもついてきています。マオ・アサダの前進を追おうと日本からテレビ関係者が33名も来ています。そして彼女は注目の中で大活躍しています。(rebels in the
    attention. これはどう訳したらいいのかあまり自信ありません。文脈を考えてものすごい意訳をしたので間違えてる可能性大です…)
    (続く)

  • 3
    みつば  2008/11/26(水) 00:34:00  ID:95caa505f

    (つづき)
    T: 最後のトリプルです…3F、2Lo。
    T: きれいな連続技です。2Aと連続の2Lo。
    T: 17歳で、先ほど話が出たように、彼女はメディアに注目されるのが好きだと言います。12歳の時からメディアが彼女を追っているので慣れているのだそうです。その(12歳の)時に3回転-3回転と3Aを跳び始めたのよね。天才で
    す。
    T: このステップシークエンスを表現するのに彼女がどのように膝と全身の動きを使っているかご覧下さい。
    S: 間近で直接マオ・アサダを見られるのはカナダ人にとっては貴重な経験でしたね。しかもほぼ完璧な演技の時にです。
    T: 技術面ではミスがなく、正確。情緒面では最後まで抑制されていましたね。ここで少しゆっくりになりますが、2度目の3回転がきちんと回っていたか確認しましょう。DGされるかもしれませんが、ジャンプ、振り付け、スピン、どれも複雑なプログラムでした。最後は素晴らしい表情をしていますね。
    S: 日本のマオ・アサダでした。次はアメリカのエミリー・ヒューズです。
    (続く)

  • 4
    みつば  2008/11/26(水) 00:35:42  ID:95caa505f

    (続き)
    <キスクラ>
    S: マオ・アサダとコーチのラファエル・アルトゥニアンです。彼らはカリフォルニア州のレイクアローヘッドでトレーニングしています。同じ日本のチームメイト、ユカリ・ナカノを越して首位に立つには111.35が必要です。ところで、アサダのフリーでの自己ベストは133.13です。技術点、61.74。トレイシー、順調に行っているようですね。
    T: そうですね、けれどもちろん最高の演技ではありません。3Aがありませんでしたし、3回転-3回転のコンビネーションは3回転-2回転にDGされてしまいました。
    S: 119.58でナカノを抑えて楽々首位に立ちました。あと2人を残してここ、スケートカナダでは177.66が新しい基準となります。
    (続く)

  • 5
    みつば  2008/11/26(水) 00:39:17  ID:95caa505f

    (続き)
    <インタビュー>
    Brenda Irving (以下B)、通訳 Sachiさん(以下S)
    B: マオ・アサダは世界選手権でもやりましたし、ここ、スケートカナダでもやり遂げました。つまり、苦戦したショートプログラムから立ち直って見事なフリープログラムを披露したのです。ではまず、彼女のコーチと話をしてみましょう。ラファエル、先ほどホールであなたは「君がベストだ。君が女王だ。昨日のことは忘れるんだ」と言っていましたが…。
    R: いいえ…
    B: ここにはいたるところに盗み聞きマシンがあるのよ。フリーの前に彼女に自信を与えるのはあなたにとってどれほど重要なことだったのですか?
    R: いえ、違うんです。私が言いたかったのは自信を持たせることではないんです。私は彼女がうまくできることを知っていますし、やり遂げることができること、レベルが高いことを知っています。そして君のスケーティングは素晴らしい。これが私が彼女に伝えたことです。それだけです。驚くべきことは何もありません。
    (続く)

  • 6
    みつば  2008/11/26(水) 00:41:05  ID:95caa505f

    B: そして通訳のサチを通して彼女(浅田選手)に、どのように困難を克服して今日の見事なフリーを演じることができたのか聞いてみましょう。サチ?
    S:(浅田選手に日本語で)昨日は3位という不本意なポジションからで、またワールドの時もショートをミスしてしまって、それからまた今回も挽回でフリーがうまくできたんですけど、いつもどうやってフリーの時にうまく滑れるように気持ちを立て直してるんですか?
    Mao: (日本語で)やっぱりショートがだめだとフリーでもっと頑張ろうと思うのもひとつなんですけど、でもやっぱり両方良くないといけないのでこれからはしっかりふたついい風にしたいと思います。
    S: (通訳さん英訳)ショートでミスをしたら、なるべく忘れるようにしています…けれど両方ともいい結果が残せるように頑張ります。これからはミスをしないようにしたいと思います。
    B: マオ、ラファエル、おめでとうございます。
    (終わり)

  • 7
    みつば  2008/11/26(水) 00:45:20  ID:95caa505f

    インタビューの通訳さん、2008TEBの記者会見で通訳されてた方と同じ方ですね、そう言えば…。

  • 8
    らいむ  2008/11/26(水) 14:09:26  ID:f79d7e989

    管理人さん、みつばさん、有り難うございます(^O^)
    この1年で更に進化した真央ちゃん。
    はんぱない努力ですね
    今は日本なんですかね?

  • 9
    こけもも  2008/11/26(水) 15:35:55  ID:3ca1a30b0

    管理人様
    本当にいつも有難うございます!!!倒れないで下さいね・・・。         
    みつば様
    翻訳を有難うございました!!!やはり外国の解説者は真央ちゃんの事を高く評価しているんですね。とても嬉しくなりました。それに比べ日本の解説のレベルの低さは何なのでしょう??天才が日本にいるというのに・・・・。

  • 10
    のん  2008/11/26(水) 16:33:06  ID:a4b2fdc1b

    みつばさん、翻訳ありがとうぞございました!
    真央ちゃんが外国の方からも愛されるスケーターなんだと知ることが、すごく嬉しいです英語がわかればいいんですが、わからないのでつい人頼みになってしまいます。なので、みつばさんの翻訳は本当に感謝ですありがとうございます!!!

  • 11
    あらよ  2008/11/26(水) 16:39:15  ID:4f4fad16d

    みつば様、ありがとうございました!
    昨日、NHKでビットさんの通訳をしておられたドイツ語通訳の方にも負けない素晴らしい訳です!感謝!

  • 12
    ポー  2008/11/26(水) 22:36:37  ID:01cce46f9

    管理人様
    フィギュアスケートファンには嬉しい動画を次々にアップして頂き、ありがとうございます。
    アップして下さっている動画に、得点や曲名、解説者などの情報も記されていているのにも、いつも感謝しています。
    もう管理人様に足を向けて寝れませーん!! (…って、どっちの方向?? ^^;)
    みつば様
    いつも英語の日本語訳ありがとうございます!(お疲れ様です)
    みつば様のおかげで、海外の解説者の意見を知ることができて、とても参考になります!(たとえ厳しい意見だとしても、現在の日本のものより的確かと思われますし)
    昨シーズンの真央選手の演技は、もっぱら四大陸と世界選手権の動画をリピートしていましたので、今回日本語訳と共に、旧衣装での演技とラファエルとのツーショットを久々に観る機会を得て、いろいろ感慨深いものがありました。
    今シーズンの四大陸はカナダですね。再びカナダの観衆を魅了してほしいです☆

  • 13
    こけし  2008/11/27(木) 01:25:44  ID:d84499173

    カナダには真央ちゃんのファンも沢山いると思いますよ)^o^(
    世界ジュニア選手権でも、優勝しましたよね!
    その地がカナダ!
    ワクワクします

  • 14
    みつば  2008/11/27(木) 02:34:23  ID:cfeabd969

    ついでにESPN版の解説訳です。3Lzのwrong edgeについての解説が途中からだったのでYTで別の動画も参考に全訳してみました。
    ———————————————-
    Terry Gannon(以下 T), Susie Wynne(以下S), Paul Wylie(以下P), Peter Curruthers(以下P.C)
    T: 会場ではマオ・アサダが準備をしています。彼女がショートプログラムの後で首位ではなく、3位となったのはささやかな不正エッジ踏み切りでの減点があったからです。見てみましょう。
    <浅田選手の3Lz踏み切り映像>
    P: 3Lzはアウトサイドエッジでの踏み切りを求められていますが、マオはインサイドエッジで踏み切りをしています。これは「フラッツ」とも呼ばれています。4人のジャッジがこれにほぼ転倒と同等のマイナス3点をつけました。
    T: さて、FPに臨むにあたってこのことは念頭にあるでしょうか?修正はするのでしょうか?バックステージにいるピーター・カルーザスが取材をしています。

  • 15
    みつば  2008/11/27(木) 02:36:38  ID:cfeabd969

    P.C.: マオ・アサダのコーチ、ラファエル・アルトゥニアンに確認したのですが、彼はマオ・アサダに3Lzの踏み切り修正を指導していないと言っていました。第一に彼はルールが不公平だと言い、第二にシーズン中のこの遅い時期だと踏み切ったとしても空中でバランスを崩して転倒する可能性があると言っていました。そしてそれは今現在の状態よりも悪い結果になりうるでしょう。なので現時点では何もかも同じままです。マオ・アサダはこれまでどおり、いつもやっていたのと同じように3Lzを跳ぶでしょう。
    T: ありがとう、ピーター。スージー、君はラファエル・アルトゥニアンに賛成する?
    (こちらの動画の解説は以下から始まっています)
    S: そうですね、コーチの立場からするとこのタイプの技術を変更するのは難しいことです。けれどISUが(ルール)変更を明確にするということを知った以上、夏の間に時間をうまく使って修正をするか、もしくは他の部分でポイントを稼ぐ方法を考えなければなりません。(マオとラファエルは)既にそうしていると思います。

  • 16
    みつば  2008/11/27(木) 02:38:52  ID:cfeabd969

    <FP演技開始>
    P: 彼女は3Aを跳ぶことができます。もしやるとしたらここなのですが、ダブルを選択しました。手堅く行くことにしたようです。
    T: 彼女は同一プログラムの中で3Aを二回跳んだ最初の女性です。2006年の全日本選手権の時ですね。
    P: 彼女は非常に才能のあるジャンパーです。ここで3回転-3回転のコンビネーション。3Fから3Loへ。少し回転不足ですね。フルの点数はもらえませんが、それでもすごいジャンプです。
    T: マオと彼女の姉のマイはカリフォルニア州、レイクアローヘッドに拠点を置いているのですが、そこはカリフォルニアの最近の山火事でもっとも甚大な被害が出た地域の一つです。荷物をまとめて逃げ出すのに30分くらいしかなか
    ったそうで、しばらく2時間ほど離れたL.A.で練習をしないといけなかったんです。
    P: 今回の競技に参加しているジェフリー・バトルも電話でどうなっているのか確認したそうですよ。
    S: スパイラルシークエンスの美しいストレッチ。足が頭のずっと上の方まで上がっていますね。そしてやわらかな腕の動きも細部まで注意が払われています。ルールの事なんか忘れて彼女の才能を楽しみたいと思うのはこういう時よ
    ね。

  • 17
    みつば  2008/11/27(木) 02:40:44  ID:cfeabd969

    P: ここはとても難しいステップシークエンスですよ。多様なステップを披露しています。ローリー・ニコルがこのプログラムの振り付けをしました。彼女がまだ17歳だなんて信じられないね。彼女は成熟さと素晴らしい身のこなしでスケートをするし、スージー君が言ったように、本当にたくさんのことができるね。
    S: そしてとても静かなのよね。ブレードが動いている音が聞こえないのよ。
    <演技終了>
    P: あの笑顔が全てを物語っているね。これをやり遂げたことが本当に嬉しいんだよ。ショートで起こったことで***(音声が飛んでいて不明)と思います。世界でも最高のジャンパーの一人なので驚きでした。3F-3Loは先ほど言ったように、3Fは美しいけれど、3Loで少し回転不足ですね。これはDGされるでしょう。これが2回目の3F、それから2Loへ。皮肉なことにこの二つのジャンプは同じように評価されてしまうでしょう。
    S: そうね。

  • 18
    みつば  2008/11/27(木) 02:48:17  ID:cfeabd969

    T: スージーが静けさを指摘したのは興味深いですね。静けさというのはコメントでは良い観点となります(ここの訳は怪しさ満点です。And silence can be a very good thesis(??) on commentaryと聞こえますがよくわかりませんでした)けれど彼女が滑っている時はブレードの音がほとんど聞こえないんですよ、スージー。
    S: 膝と足首の屈曲がとても自然なのね。それに氷の上では本当にやわらかで自然なの。そしてほとんどのスケーターはこの静けさを持っていないのよ。
    T: グランプリシリーズではまだ3シーズン目です。信じられない。この点数を見てください。フリーの得点は119.58。総合では177.66、現時点で首位です。マオ・アサダはグランプリシリーズでは表彰台を逃したことは一度もありません。すごい!
    (終わり)
    ———————————————-
    2007スケカナに関してはCBCよりもESPNの解説の方が好きです (ジェフ君の名前も出てくるし!)
    細切れの投稿でコメント蘭を占拠しちゃってすみません(^^; ヒアリングの良いお勉強になりました。ありがとうございます

  • 19
    ポー  2008/11/27(木) 16:04:09  ID:973c37d18

    みつば様
    再びESPNの翻訳もありがとうございます!
    かなりお疲れだと思いますが、みつば様が楽しんでヒアリングしてらっしゃるようなのは、うれしい限りです♪
    私達も知らなかった情報を得られる喜びをいただき、感謝しています!
    みつば様の日本語訳と共に、再び動画リピートしました♪
    山火事の件は知っていましたが、荷物をまとめて逃げ出すのに30分くらいしかなかったというのは、知りませんでした。
    3Lzのwrong edgeの件のラファエルコーチのインタビュー記事も興味深かったです。
    >S: 膝と足首の屈曲がとても自然なのね。それに氷の上では本当にやわらかで自然なの。
    >そしてほとんどのスケーターはこの静けさを持っていないのよ。
    ↑そうそうー(>o<) こういうトコも日本の解説者もアピールして欲しい!! 私もローリーさんが「真央なら自然の美しさを表現できる」とおっしゃった『月の光』プロ大好きで、進化していくSP楽しみです♪ (↓全くの個人的意見ですが…) 演奏をオケ盤ではなく、ピアノかバイオリンなどの単一楽器演奏のものに変えて欲しい、かな…と。。。 音楽に超ウトい私でも、前回のエリック杯の演奏には違和感があって、音楽や芸術に詳しい真央ファンの方の意見ですと、「音源が酷い、ステレオの左右が逆、楽器の分離も悪い」と酷評でした;;

  • 20
    女の子  2009/02/02(月) 18:19:01  ID:e1b66c4c0

    真央ちゃんの演技前にGOODLUCKボードを持っていた女の子はロシアのクーリックの娘さん(正確には奥さんの連れ子)だそうですね。カナダの真央ちゃんファンのビビちゃんかと思ってました。