Currently set to Index
Currently set to Follow

鈴木明子 全日本選手権2006 フリー演技 (解説:日本語)

鈴木明子 全日本選手権06 FS

2006年愛知県名古屋市のレインボーアイスアリーナで開催された第75回全日本フィギュアスケート選手権大会(2006-2007 Japan Figure Skating Championships)、鈴木明子(Akiko SUZIKI)のフリースケーティング演技の動画です。


日時:2006年12月29日
曲名:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン  「ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op.27-2″月光”」 (Piano Sonata #14 in C-sharp minor, op.27-2 – Moonlight by Ludwig van Beethoven)
技術点:48.10
構成点:48.40
合計:96.50

女子シングル・フリー得点詳細 (日本語)/(英語)
女子シングル・フリージャッジスコア(日本語)/(英語)
女子シングル総合結果(日本語)
/(英語)

B00005G7OMベートーヴェン:ピアノ・ソナタ
ゼルキン(ルドルフ)

愛知県名古屋市開催、第75回全日本フィギュアスケート選手権(2006年)の出場選手、日程、結果。 女子シングルは浅田真央が初優勝、男子シングルは高橋大輔が大会2連覇。


『鈴木明子 全日本選手権2006 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (2件)

  • 1
    オーガスタ  2009/07/26(日) 15:39:57  ID:2ddab9bfe

    力強さはまだないですが、演技は素敵だと思います。
    サーシャ・コーエン選手の月光がフリーになると、こんな雰囲気なのでしょうか。(サーシャはもっとキビキビしていますが。)
    荒川さんは安藤選手のことを、この四年で最も成長した選手と挙げていたらしいですが、成長幅では鈴木選手も負けていません。
    この動画ではまだ心許無いですが、いまやトップレベルに充分対抗できる力があります。
    ところで、実況でも解説でもない余計な話は、演技中には控えて欲しい。今年は特に代表がかかっているので、無駄口叩かないよう願いたいです。

  • 2
    月光  2018/10/13(土) 02:01:43  ID:af0655281

    体調問題、リンク問題、、、あっこちゃんも苦労が絶えなかったのによく頑張って来たと思う。これからも色々あってももりもり食べてがんばってー。コーチ達も若い。
    最後のステップのところはあっこちゃんらしい演技でした。