◆注目の大会

タグ:国別対抗戦2019

TSL 世界フィギュアスケート国別対抗戦2019のおさらい (2019/4/15-英語)

TheSkatingLesson.comのデイヴィッド・リースとオペラ歌手のジョナサン・ベイヤーが福岡市開催世界フィギュアスケート国別対抗戦について語った動画です。映像は「TheSkatingLesson.com」のYoutube公式チャンネルで公開されたものです。


福岡県福岡市・マリンメッセ福岡開催、2019年世界フィギュアスケート国別対抗戦の出場選手、日程・結果、動画リンク。日本からは宇野昌磨、田中刑事、紀平梨花、坂本花織、三浦&市橋組、小松原&コレト組が出場。


アイスダンス:
5:23 ハベル&ダナヒュー組 🇺🇸
19:42 シニツィナ&カツァラポフ組 🇷🇺
23:36 小松原&コレト組 🇯🇵
25:52 パパダキス&シゼロン組 🇫🇷
27:05 ヴァーチュ&モイア 🇨🇦
30:31 スコアについて 📝
31:30 チームジャパンとキス&クライ 💋💦
32:23 ジェイソン・ブラウン 🇺🇸
33:16 ウィーバー&ポジェ組 🇨🇦
34:57 ギニャール&ファッブリ組 🇮🇹

ペア
35:11 ジェームス&シプレ組 🇫🇷
40:06 ムーア=タワーズ&マリナロ組 🇨🇦
40:47 ケイン&ルデュク組 🇺🇸
41:26 再びジェームス&シプレ組 🇫🇷
43:03 デラ・モニカ&グアリーゼ組 🇮🇹
43:08: 国別の賞金 & 五輪チーム戦について 💵
48:39 再びデラ・モニカ&グアリーゼ組 🇮🇹
50:50 チームロシアのキス&クライ 💋💦

男子シングル
51:24 ヴィンセント・ジョウ 🇺🇸
53:37 宇野昌磨 🇯🇵
59:08 ネイサン・チェン 🇺🇸

女子シングル
1:03:19 エリザベータ・トゥクタミシェワ 🇷🇺
1:07:18 2002年五輪 と 国別対抗戦の将来 🏆
1:09:36 再びエリザベータ・トゥクタミシェワ 🇷🇺
1:11:06 紀平梨花 🇯🇵
1:13:01 エテリ・トゥトベリーゼチームの食生活 🙅🏻
1:14:20 再び紀平梨花 🇯🇵
1:15:14 ブレイディ・テネル 🇺🇸
1:19:03 マライア・ベル 🇺🇸
1:21:56 来シーズンのアリーナ・ザギトワ 🇷🇺
1:22:28 2002年五輪 🏆
1:23:37 今週のハイライト 👦🏻👦🏻

*上記のリンクはYoutubeコメント欄のjump rope様より転載
*時間リンクをクリックすると、指定時間から自動再生されますが、スマホ、タブレット、一部のブラウザの設定で自動再生機能が制限されている場合があります。時間リンククリック後、自動再生されない場合Youtubeの再生ボタンをクリックしてください。

『TSL 世界フィギュアスケート国別対抗戦2019のおさらい (2019/4/15-英語)』へのコメント (10件)

  • 1
    井戸端です  2019/04/16(火) 13:12:01  ID:8e1da2785

    宇野選手のところだけ、やっぱりそう思う?と思わず共感しました。翻訳じゃなくて、彼らのいっていることと、自分の感想を混ぜています。

    宇野選手は方向性が未だ定まっていない。あれこれ思いつきで色々手を出している感じ。だからいつも2、3位をうろうろしている。彼のキャリアの時期的に、もうその段階ではない。コーチ陣のせいとまではいわないが、アスリートとしての精神的円熟を助けるスタッフが必要。ゆったりソファーに座って良いカンセラーと話て、自分を見つめ直す時間を持つべき。

    宇野があれこれやっているうちに羽生選手は別の次元を極め、自分の道を定めて、ステップを踏んで発展を遂げているいる。後ろからは難易度技術と完成度両方をもつネイサンもやってきて、荒かったビンセントまで、一皮も二皮も剥けはじめてきた。

    アスリートとしては宇野のほうが優れているが、競技者としてはビンセントのほうにが優れているとか言っています。

    一度コーチを離れるべきというのはよく言われていますよね。とはいえ、宇野選手はたぶんものすごく自分のこだわりが強くて、そういうステップを踏みながら、計算してゴールへゆくっていうタイプではなさそうに思えます。気まぐれな天才で、好きなようにやって、好きなように勝ったり負けたりして、破天荒でいてくれるの、嫌じゃありません。それが彼の個性で魅力かも。

    好きなだけスケートした後はe スポーツで世界チャンピオンになって、心から楽しそうにゲーム競技に没頭しいる姿が浮かびます。好きなことだけに集中して生きてゆける特権のようなものが、彼にはあるような。。。

  • 2
    こざる  2019/04/16(火) 18:09:05  ID:b2f345caf

    1井戸端です様。
    英語音痴の私には大変有り難いコメントです。
    おっしゃってる昌磨の魅力につきましても大きく同感です☆
    彼もきっと賢く円熟期に入りたかったのでしょうが、、
    まだしばらくは迷いながら模索していくのでしょう。
    例えその努力や迷走が他人から見て無駄だと思うことでも
    まじめで頑張り屋だから、自分が出来ることは後悔なきよう全部やってみるタイプかと。
    しかもこの青年の場合は出来ちゃうのもあるから余計に迷っちゃうのかもですけど。。
    私が学生の頃読んでた古い漫画のセリフですが、
    若い時期は散々迷って傷ついて大きな「とげとげ」だらけのいびつなボールで良い。
    大人の円熟期に入って、その「とげとげ」部分に経験値が埋まっていくとより大きな綺麗なボールになるから。
    「とげとげ」が無いままだと、どんなに綺麗なボールを作れても小さいままの人間しか育たないそうです。
    昌磨が来期もどれだけ大きな「とげとげ」を作れるか。
    とても楽しみです。
    (大きな怪我はとても心配ですが。。)
    eスポの件も大いに楽しみです。
    TOYOTAも参戦していますしね♪

  • 3
    FSF  2019/04/16(火) 21:10:58  ID:38bbea3f5

    男子の部分をまとめてみました。省略・意訳ありです。ご参考までに…。誤訳の訂正・補足など、お気づきの点をご指摘くださると助かります。
    ******

    ヴィンセント・ジョウ
    最高の滑りだった。大会ごとに良くなるエッジさばきに濱田コーチの影響が見られる。無論、ヴィンセント自身も上達を望み努力しているからこその結果だ。濱田コーチとの師弟関係を対外的にアピールしていた。ヴィンセントのスケートに取り組む姿勢が示されただろう。

    つま先を伸ばすなど回転不足を取られないよう改善できたのは、濱田美栄ならではだ。グリ降りの癖があるヴィンセントだが、今大会は良いジャンプを見せた。SPのコンボに歓声が上がったが、濱田コーチはグリ降りに気づき、こんなしかめ面になっていた(笑)。四回転を回り切る実力はあるのに、これまでほんの僅かな技術の差で回転不足を取られていた。タイミングやリズムを微調整する必要に気づいたのはトムZ(ザカライセックコーチ)ではないだろう。

    今後のヴィンセントに期待できる。PCSは出し過ぎ。まあ、問題ない。順位がメインの大会だし、このような点数は続かないだろうから。ヴィンセントの4回転は高さがあり素晴らしい。

    宇野昌磨
    またも優勝を献上してしまった。序盤は最高の滑りだったが…。4F2本は凄い。驚いた。この演技を待っていた!と思ったが、途中までだった。内面に何か問題でもあるのだろうか?セラピーを受けたほうがいいかも。

    今大会、やれる事は全てやり尽くそうと思ったのだろうか?3A+4Tを入れたが、4Tは初めから傾いていた。インスタグラムでも昌磨は何とか成功させていたのに、後半に入れた上、軸が傾けば転倒は避けられない。

    昌磨はこれまで出来なかったことも強い意思の力で可能にして、ここまでやって来た。だが、今はもう自分と張り合う段階ではない。本能や衝動に従い大技を入れるようなやり方では安定した演技は決してできない。美しい技も多いのに残念だ。どうしたものか。昌磨が好きだから悔しい。

    堂々たる出だしだったが、終盤は顔をしかめていた。4回転で氷に打ち付けられると、ものすごく痛い。しかも変なこけ方だった。体を思い切り宙に投げ出し四回転や高難度コンボに挑むマゾっぽくも妥協を許さない姿は、スポーツ的に好ましい。だが、肉体的ダメージを受けることになる。ジャンプ競争じゃなく演技なのに、まるで体操か陸上選手のようだった。常に気持ちがはやり、焦っているのでは。ファンとしては技が揃うところが見たい。

    来季、どんな方向を目指すのか楽しみだ。ブノワ(リショー)の振り付けが合うと思う。高橋はブノワの振り付けでうまく行っているので、昌磨も見てみたい。高橋のコーチにつくのはどうだろう?昌磨には大きな変化が必要だ。明らかにコーチを変える必要がある。今やっていることはうまく行っていない。4Fを2本入れても横ばい状態だと思う。ママ・タラソワにマサチューセッツ州マルボロで鍛えてもらうといい。

    夢は大きい方がいい。フィギュアスケート界のアイコン的存在になれる選手だと思う。だが今は2~5位を常にうろついている。五輪金メダル候補になる選手なのに。スケーターとしてはヴィンセント(ジョウ)より優れている。だが、今の時点では競争者としてヴィンセントより優れてはいない。

    ネイサン・チェン
    少し構成を抑えたのは良かったと思う。演技を楽しめた。小さなホップを3つスピンの終わりに入れていて、真央のラストシーズンのシットスピンを思わせた。シンバルに合わせ(頭上で)手を叩くなど、演技が行き届いていた。特にSPは振り付けが面白くなっていた。

    見比べると、世選では振り付けを中途半端にこなしたり省いたりしていた。ジャンプ構成の難度が高かったためだ。今大会はSPにも4回転を入れており、それほど中身が薄かったわけではない。細部やニュアンスがふんだんに織り込まれ、とても良かった。シェイ(=リーン・ボーン)の振り付けはおもしろい。ネイサンの演技も素晴らしいが、シェイのアイデアもクールだ。FSよりプロとして成功していると思った。

    あの曲(『キャラバン』)には色があると思うが、なぜベストはグレーなんだろう?派手さを消して男らしさを演出するという考えなのだろうが、ネイサンにそんな心配は無用だと思う。ベストといえど色が衣装全体のイメージを変えるリスクがある。しかも不細工なベストだ。

    ネイサンのダンスが少し見られて嬉しい。4回転ひとつなら全く問題ない感じだ。
    演技は素晴らしかったが、出し切った訳じゃない。だが、悪くない。演技と解釈に力を入れたのでPCSも上がり良かったと思う。得点上は僅差だが、ネイサンにとってあの演技は二日酔いでもできるだろう。ヴィンセントにとっては全力での最高の演技だったが。
    *****

    以上です。他にもマエ=ベレ二ス・メイテ選手が宇野選手の大ファンだという話をしていました。メイテ選手は宇野選手とのツーショットをツイッターに上げ、❤マークを一杯つけてました。かわいいw 

    JAPAN TIMESにネイサンの体調が悪かったことが書かれていましたが、TSLのお二人はそのことは知らないようです。ネイサンなら「二日酔いでもできる」と言っていましたが、本当に体調が悪くてもあの演技が出来たと知ったらD&Jはどんなに驚くかな、と思いましたw

  • 4
     2019/04/17(水) 15:27:13  ID:6e6db039f

    FSFさま、いつもありがとうございます♡
    ヴィンセントの努力が認められたこと
    濱田コーチの手腕には驚くばかりです。
    カムデン君、トルガシェフ君達、苦戦している若手達も
    関大で指導して貰うと良いのではと少し思いました。
    ネイサンはまた日本でのアイスショーがたくさんでどうなるのか
    ちょっと心配であります。

  • 5
    マイ  2019/04/17(水) 19:43:04  ID:1894c9775

    FSF様、井戸端様

    翻訳感謝いたします。
    濱田先生部分嬉しくもあり、むつかしいです。
    日本男子のお手伝いは無理なのでしょうね、つらいです。
    あれだけくぎを刺されていた選手をここまで導いた手腕には脱帽です。

  • 6
    FSF  2019/04/20(土) 11:12:08  ID:7ec82541c

    女子のまとめです。省略・意訳ありです。誤訳の訂正・補足など、お気づきの点をご指摘くださると助かります。
    *****

    エリザベータ・トゥクタミシェワ
    世選出場は叶わなかったが、今大会の結果を見てトゥクタミシェワが戻って来た!と大感動(笑)。米国の基準だとユーロ女王になったサモドゥロワは世選から外せない。だが、ロシアにはそんな基準は関係ない。これまで通り勝ちにこだわり、ロシアはトゥクタミシェワを世選に出すべきだったと思った。サモドゥロワは控えにして。結果論だけど。今大会、トゥクタミシェワが大技を決めたから簡単に言えるけど、あの時は年齢など考慮した上での苦渋の選択だったのだろう。

    今大会の結果はトゥクタミシェワ次第、大成功か大失敗かのどちらかだと思っていた。成功して最高に嬉しい。もしうまく行かなければ世選の選択を追認することになるから。だがそうはさせなかった。

    FS冒頭の3Aは着氷姿勢も良く、素晴しい。3Aに入る前の腕の動きは謎だが、大技に備え動作を最低限にしているのだろう。それでも、もう少し気持ちを込められるはず。2002年ソルトレイクシティ五輪のプルシェンコはジャンプ前に全く何もしていない。(ジャンプ前に動作を極力抑えるのは)ミーシンの戦略だ。

    お祭り騒ぎの超満員の会場では高得点が出やすい。花試合だから採点法は10点満点にすべき。コンテンツを変えていないのが問題。SPは競技用プロ、FSはショープロにしたほうがずっと面白い。

    リンク中央に立った演技前のトゥクタミシェワは、集中していたのか緊張からなのか真剣な顔つきだった。だが、観客からの歓声や声援が彼女を解放した。日本の観客は手拍子で盛り上げ、観客の後押しに応えてトゥクタミシェワは最高の演技を見せた。素晴らしい。観客の気持ちが伝わり、トゥクタミシェワも気が晴れただろう。彼女にとって今大会は大きな意味があった。見返したかったと思う。

    トゥクタミシェワには売り込む力があるから、その気になればサモドゥロワよりクリスティーナ(アギレラ)を巧く演じられるだろう。だがジャンプ重視なので…。

    紀平梨花
    新しい靴が必要。SPでは銀色のダクトテープの上に白いテープを巻いていたが、FSは銀色のダクトテープだけだったので巻いた所が悪目立ちしていた。白いテープは強度が足りなかったのかもしれない。

    今季、悩みの種だったSPを決められたのは良かった。決めたのがプレッシャーのかからない大会だったのは少し残念だが。FSは疲労のせいだろうか崩れてしまった。特に3Lz+3Tの3Tで転倒したのは珍しい。濱田コーチに死ぬほどしごかれてヘトヘトなのでは?すごく厳しいコーチだと聞いている。梨花は尊敬している様子。

    安定性に欠けるが、なぜか気にならない。精神的にも技術的にも問題はなさそうだし競争力があるので。今季はこれでいいが、来季は勝たなければ。来季は心配するかもしれないが、今は気にならない。国別対抗戦だから気にする必要もない。羽生抜きだったし日本は問題ない。優勝が目的なら羽生が必要だった。

    ブレイディ・テネル
    とてもいい滑りだ。FSはミスが出た(坂本)花織に勝った。二人とも力強い好演技でGOEもプラスがついた。ブレイディは、あのジャンプ構成にしていれば高得点が出て、今季はもっと勢いのあるシーズンになっていただろう。4回転を跳び2-3良い演技を続けただけでジャッジはトゥルシンバエワのSSその他を押し上げた。もしブレイディに安定感があれば、どれだけ売り込めていたか。(樋口)新葉も3Lz+3T2本を跳ぶと得点が伸びている。得点だけでなく、ジャッジの見方がまるきり変わる。ブレイディはループに手こずっていたので、そうはならないだろうと思っていた。

    今大会のブレイディは素晴らしかった。今回の『ロミオとジュリエット』をじっくり見て、ブノワ(リショー振付師)から離れる時が来たと思った。多用している鋭角の動作がブレードの動きを制限している。特に序盤の動きが変にぶつ切れになっているのが今回、目についた。昨年より上達しているのは認める。だが来季は、これまで学んだことを踏まえ、そこからどこへ向かうのか見たい。残念だが来季もブノワだと思う。ブノワは花織には合っていると思うが、ブレイディには合わないと思う。アヴァンギャルドなブノワが趣向を変えれば別だが。ブレイディの腕の動きはいいと思う。彼女に合う振り付けと密な指導でもっと成長できる。

    来季の選曲はシーズン終わりに早めに決めておいた方がいい。半年先を見なければ。遅れを取ると望みの曲や振付師を先に取られてしまう。

    マライア・ベル
    体力をうまく振り分けるのは難しい。着氷が少し前のめりになっていたので疲れているのかと思ったが、後半、目が覚めたように急にスピードを出しガンガンジャンプを跳び始めた。体力をセーブしていたようだ。だが、ジャッジはそれまでに既にPCSを判定し終えていると思う。その上、過去5年間の評価も加わる。今日の演技だけで決まるわけではない。

    マライアの問題は安定感の無さだ。TESが高くないので高いレベルで競うためには毎回、安定した演技をしなくてはいけない。だが、3+3を安定して跳べない。毎回、ノーミスが求められる。マライアが背負う十字架だ。PCSで点を稼がなければならない。スケーティングスキルに時間をかけシェイ(=リーン・ボーン)とじっくり素晴らしいプロを作り安定感を培う事。技術構成を上げた上で毎回安定感のある演技をするのは厳しいと思う。若手に取って代わられないよう気を付けなければ。だが、若手に怪我などあれば2-3年でマライアがエース候補だ。だから確実に進歩し続けなくては。

    華麗なスケーター。明るくて素敵だ。酷い経験をしたが、前向きにうまく対処したと思う。来季のマライアを楽しみにしている人は多いだろうが、正直言って個人的には特に期待していない。観客受けするいい曲が必要だ。次世代の刺激になるほど個性的なスケーターではないが、可愛い。
    *****

    女子のまとめは以上です。デイヴにとって国別対抗戦は全く好きになれず興味も持てない大会だそうで、今大会のハイライトは「パパシゼと大会が終わったこと」を挙げていました。ジョナサンは「エリザベータが報われた事」とのこと。以上です。

  • 7
     2019/04/20(土) 13:11:21  ID:b1b5550a6

    FSFさま、女子の翻訳もありがとうございます♡
    私もジョナサンと同じく「リーザが報われた」に同意です。
    リーザのアギレラも見てみたいです。
    ありがとうございました♡

  • 8
    マイ  2019/04/20(土) 19:58:39  ID:95f644468

    SF様、翻訳有難うございます。感謝
    咲さま同様、リーザのアレギラ見たいです。きっとサモドゥロアより映画の雰囲気にピッタリですね。
    花織ちゃんのFP、今期はスパイラル部分からずっと泣いていました。

  • 9
    マイ  2019/04/21(日) 12:01:08  ID:29bb82601

    訂正
    アレギラ→アギレラ(恥ず)

  • 10
    なっこさん  2019/04/22(月) 18:29:40  ID:9bdc5fd37

    FSF様、翻訳ありがとうございます!

    ネイサンのベストと、ヴィンスの点、以外については同感です。出し過ぎ? 最後の試合に全力でやったんだから当然って思う。素晴らしかったです。