三浦璃来&市橋翔哉 世界ジュニア選手権2019 フリー演技 (解説:なし)

クロアチア・ ザグレブ(Zagreb)のドムスポルトヴァで開催された国際競技会「2019年世界ジュニアフィギュアスケート選手権(ISU World Junior Figure Skating Championships 2019)」、日本代表-三浦璃来&市橋翔哉組(Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2019年3月7日
曲名:リチャード・アディンセル 「ワルソー・コンチェルト」 (Warsaw Concerto by Richard Addinsel)
技術点:35.33
構成点:44.42
減点:1.00
合計:78.75

クロアチア・ ザグレブ(Zagreb) のドムスポルトヴァ、2019年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の出場選手、日程・結果、動画リンク。女子シングルはアレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)が2連覇、白岩優奈5位、横井ゆは菜9位、川畑和愛12位。男子シングルは樋渡知樹[トモキ・ヒワタシ](米国)が優勝、島田高志郎9位、壷井達也14位。

(解説なし)

『三浦璃来&市橋翔哉 世界ジュニア選手権2019 フリー演技 (解説:なし)』へのコメント (2件)

  • 1
    mimi  2019/03/08(金) 12:57:36  ID:3eec5c219

    やはりこのペアもジャンプが今一つですね。
    日本は早期にペアの育成をしないといけないんですが、どうなるのでしょうか。
    ペアを志願する選手が少ないし、特に男子はペアに向く体型の者が少ないし、リンク、指導者などの練習環境もないし。
    日本スケ連はどう考えているのかな。

  • 2
    たまやん  2019/03/09(土) 00:16:08  ID:1cb242a6c

    宮本顕治さんも日本でのペアの練習環境の厳しさを
    仰ってますね。シングルとは軌道が違うから一緒にやると
    危ないとか。
    考えてあげないといけませんね。

    そんな中ペアを目指す二人に拍手喝采です。
    ペアは結果が出るまで長い時間を要します。
    焦らず自分たちの世界を作って欲しいと思います。
    ライバルが出ると励みになって良いのかな?