ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン 欧州選手権2019 フリー演技 (解説:イタリア語)

ベラルーシ・ミンスク(Minsk)のミンスク・アリーナで開催された国際競技会「2019年ヨーロッパフィギュアスケート選手権(2019 European Figure Skating Championships)」、フランス代表-ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン組(Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON)のフリーダンス演技の動画です。


Date:2019年1月26日
曲名:レイチェル・ヤマガタ 「Duet」 ~ 「Sunday Afternoon」 (Duet by Rachael Yamagata + Sunday Afternoon by Rachael Yamagata)
技術点:74.06
構成点:59.13
合計:133.19

Elephants…Teeth Sinking Into Heart (Int’nl Japan) [Explicit]
レイチェル・ヤマガタ



ベラルーシ・ミンスク(Minsk)開催、2019年ヨーロッパフィギュアスケート選手権(欧州選手権)の出場選手、日程・結果・動画リンク。女子シングルはソフィア・サモドゥロワ、男子シングルはハビエル・フェルナンデス、ペアはジェームス&シプレ組、アイスダンスはパパダキス&シゼロンが優勝。

(フランス語)

(イタリア語)

(中国語)

(ホームビデオ撮影)

(インタビュー)

『ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン 欧州選手権2019 フリー演技 (解説:イタリア語)』へのコメント (5件)

  • 1
    GRAM  2019/01/27(日) 16:05:07  ID:7333ee59d

    北京まで無双しそうですね。彼らの世界観や芸術性、技術は素晴らしいけれど、好敵手不在で独走状態は競技としては物足りないかも。メリチャリ・テサモエのツートップが凌ぎを削っていた時代は面白かった。
    個人的にはシニカツの成長に期待しています。

  • 2
    シゼロンらぶ  2019/01/27(日) 16:12:27  ID:f436ae00b

    ただただうっとり。見とれてしまいますね。
    あっという間に、演技が終わってしまいます。
    GRAMさんと同じ意見で、対抗馬がいないのはつまらないですね。
    私もニキータ組に期待しています。

  • 3
    nonki  2019/01/28(月) 16:30:13  ID:a982dc8ec

    素晴らしすぎて言葉がない…。このお二人、別次元…無重力で踊っているのか、妖精なのか…。ひとつの映画あるいは舞台でもみているようで…競技としての実力はもちろんのことですが、それをはるかに超えている高みを目指しておられるのだろうなということを感じます。対抗馬いなくても、私は全然、関係なく、楽しめます…というか、パパシゼの演技を拝見できるだけで幸せです。

  • 4
    dark eyes  2019/01/28(月) 17:15:20  ID:b0d151f93

    本当に素晴らしい。
    前半の無重力感は綿毛が漂っているかのよう。
    one foot stsqの空中を飛んでいるような感覚はなんでしょう。
    それでいてエッジの傾き、身体のポジション、細部に渡るまで見事にシンクロしているのですから。
    後半、曲調が変わってからの思いの丈をぶつけるみたいな激しい部分も何度見ても胸を搔きむしられます。

    衣装はスカートとシゼロンの上衣は前のスモーキーなグレーの方が好きかも。ピンク一色と黒一色より二人の親和性があるので。
    グレーのスカートの透け具合もよかったのに。
    さいたまではピンク×グレーバージョンでお願いしたいです。

  • 5
    パリン  2019/01/29(火) 07:06:10  ID:2a2cdba8b

    フランスのインタビューで、アグノエル・コーチも「ほとんど優勝しそうだったオリンピックシーズン後にモチベーションを高く保っているのは本当に凄い」と言ってました。
    ギヨームは、ペアのヴァネッサ・モーガンに振り付けたり、活躍を広げていますね。
    このフリーのコレオはランビエル、アイスダンスをまた一歩未来へ進めました。欧州選手権を見ていると、ダンスのみならずペアは女子シングルにもパパシゼ過去プロの影響が見て取れます。でも彼ら自身は自分たちの未来に集中してどんどん進んでいくのが頼もしいですね。