コンスタンチン・ミリュコフ ロシア選手権2019 フリー演技 (解説:ロシア語)

ロシア モルドヴィア共和国サランスク(Saransk)のアイスパレスで開催されたロシア国内競技会「2018-2019ロシアフィギュアスケート選手権(2019 Russian National Figure Skating Championships)」、コンスタンチン・ミリュコフ(Konstantin MILIUKOV)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年12月21日
曲名:アントニオ・ヴィヴァルディ『四季』より (Four Seasons by Antonio Vivaldi)
技術点:63.35
構成点:80.28
減点:2.00
合計:141.63

ロシア モルドヴィア共和国サランスク開催、2018-2019ロシアフィギュアスケート選手権の出場選手、日程&結果・動画リンク。女子シングルはアンナ・シェルバコワ(14歳)が四回転ルッツ成功し優勝、男子シングルはマクシム・コフトゥン、ペアはタラソワ&モロゾフ組、アイスダンスはシニツィナ&カツァラポフ組が優勝。

(ロシア語)

『コンスタンチン・ミリュコフ ロシア選手権2019 フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (2件)

  • 1
    ミリュミリュ  2018/12/22(土) 14:27:36  ID:5ae9c5e60

    素人の目からすると滑りが滑らかでスーッと伸びて見ていてとても気持ちがいい。演技も丁寧で前半の何だったか忘れたこの曲もよく合ってる気がする。ジャンプのミスがあってもリピしたくなるこのプロをノーミスで是非観てみたい。ヴォロノフの様に現役が長くなって観る機会が増えるといいな~。

    ところでどうも放送席のタラソワさんの様子が気になるんですけど。
    最終グループはラズキンくん→ドミトリエフくん→サマリンくん→コフトゥンくん→ミリュコーフくん→コリヤダくんの順でしたが、ミリュコーフくんの演技が始まってもキスクラのコフトゥンくんたちの方に手を振るタラソワさん。そこにコフトゥンくんのエレーナコーチがタラソワさんのところへ行くと2人で「良かったね!」と喜んでいるご様子。その後エレーナさんはコリヤダくんの演技もその辺りで観ている。
    この自由な雰囲気、こういうのも何だかいいなあ~

  • 2
    yuria  2018/12/22(土) 16:59:42  ID:00e828767

    うわ~上手ですね
    スケートが伸びる
    エッジが深い
    ロシア男子っぽくないスケーティングです
    コーチがジガンシンとかアイスダンス出身だからエッジワーク重視してるのかな?

    ジャンプはエッジ系得意でトゥ系は苦手みたいですが、流れの中で跳んでいますね

    前半レディカリフと後半四季 ステキな組み合わせです
    レディカリフ好きなんですよ~
    この哀しげな曲を深~いエッジでしっとり滑っていて素晴らしかったです