ドミトリー・アリエフ ロシア選手権2019 ショート演技 (解説:ロシア語)

ロシア モルドヴィア共和国サランスク(Saransk)のアイスパレスで開催されたロシア国内競技会「2018-2019ロシアフィギュアスケート選手権(2019 Russian National Figure Skating Championships)」、ドミトリー・アリエフ(Dmitri ALIEV)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年12月20日
曲名:ガイ・ファーレイ 映画『モディリアーニ 真実の愛』より  (Modigliani by Guy Farley)
技術点:30.66
構成点:42.08
減点:1.00
合計:71.74

Modigliani: Music from the Original Motion Picture
ガイ・ファーレイ


ロシア モルドヴィア共和国サランスク開催、2018-2019ロシアフィギュアスケート選手権の出場選手、日程&結果・動画リンク。女子シングルはアンナ・シェルバコワ(14歳)が四回転ルッツ成功し優勝、男子シングルはマクシム・コフトゥン、ペアはタラソワ&モロゾフ組、アイスダンスはシニツィナ&カツァラポフ組が優勝。

(ロシア語)

(ロシア語)

『ドミトリー・アリエフ ロシア選手権2019 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (4件)

  • 1
     2018/12/20(木) 21:52:19  ID:0b024fbb0

    構成変えたんですね
    3 Aが…
    フリー頑張るしかない、ジーマ!

  • 2
    いちじく  2018/12/20(木) 23:26:06  ID:cc6b733a6

    何が噛み合わないのかな…

    4Tの転倒が激しすぎてアクセルに影響しちゃいましたね。

    首をふるふると振って、これじゃいかんと立て直したスピンとStsqは美しかったです。

  • 3
    くびふり  2018/12/21(金) 02:25:03  ID:2367be46e

    あのアクセルはスピンのところを間違ってアクセルをやってしまいそうになり止めてスピンをやろうと思ったけれど間に合わずに首振りに行った、ってことはいくら何でもないですよね。どうもアクセルの後が挙動不審にも見えるのですが。あの首振りが今日はリアルに見えましたよね。

    タラソワさんが立ち上がると選手よりもついついそっちに気を取られてしまう~。なんともいつも自由で放し飼いの様な雰囲気のロシアの放送席、面白いです。
    トランコフは男子の解説をやっていたのに途中から席を外しペア一番滑走タラ&モロのコーチに行き、それが終って2番滑走の途中から放送席に「ズドラーストヴィーチェ」と言って戻って来るし・・・。

  • 4
     2019/01/16(水) 12:15:49  ID:a3d9c4119

    あの首振りはジーマの振り付け師さんの特徴でして
    振り付けの一部分です。
    ジュニア時代のオブリヴィリオンや他のプログラムでも見れます。
    どちらかというとジャンパーではないと思うのですが
    本人もジャンプに拘っていますから
    4Lz-3Tのつもりが3Lz-3Tになって
    得意の4Tの転倒の影響で3Aもミス
    大きな2つのミスの影響でステップ、スピン
    全部、全体的に元気がなかったですね。
    ショートの出遅れで5位は残念過ぎます。