田中刑事 フランス国際2018 ショート演技 (解説:フランス語・ロシア語)

2018年グランプリシリーズ第6戦、フランスのグルノーブル(Grenoble)で開催された国際競技会「フランス国際2018(ISU Grand Prix of Figure Skating Internationaux de France 2018)」、日本代表- 田中刑事 (Keiji TANAKA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年11月23日
曲名:ゲイリー・ムーア 「ブロフェット」  (The Prophet by Gary Moore )
技術点:41.23
構成点:38.12
合計:79.35

Back to the Blues
ゲイリー・ムーア


フランス・グルノーブル開催 ISUグランプリシリーズ第6戦 フランス国際2018(フランス大会)の出場選手、日程、結果。女子シングルは紀平梨花が優勝、三原舞依2位、本田真凜6位。男子シングルはネイサン・チェンが優勝、田中刑事8位。

(フランス語)

(ロシア語)

(イギリス英語)

(スペイン語)

(解説なし)

『田中刑事 フランス国際2018 ショート演技 (解説:フランス語・ロシア語)』へのコメント (9件)

  • 1
     2018/11/24(土) 02:37:21  ID:d56ac52ec

    6練でも3Aは綺麗に跳んでいました。
    3-3の加点も納得です。
    なのでとても悔しいだろうと思います。
    デカ、フリー頑張れ!

  • 2
    kaorin  2018/11/24(土) 13:24:06  ID:39baf4f20

    ジャンプの着氷が安定すれば、もっと上に行けるのになといつも思います。

    手を突いて転倒をこらえることが多いですが、これでは点は伸びない。
    織田君や昌磨君は、悪い態勢でもこらえてしまう。膝の筋肉が硬すぎるのか?膝や足首の柔軟性や、不安定な中でもバランスをきっちりとる、バランス感覚を重点的に鍛える必要があるのかな。。

    指先の美しさ、スピン、ステップは前より良くなってるので、あとはジャンプの着氷を鍛えてほしいです。

    ステップはちょっと焦ってるみたいに見えます。緩急をもっと自在に、魅せることを意識して、自信を持ってできれば素敵プロだと思います。

  • 3
    イーグル  2018/11/24(土) 13:48:46  ID:865ca477d

    何とか4S着氷出来てよかった。コンビはいいジャンプでしたね。3Aは本来きれいに跳べるはず。
    このプロはサイコーに刑事君の魅力出せますよ。
    また調子を取り戻してこのプロ2シーズン目、パーフェクト演技を見せて欲しい。

    どこかのスレで指先の話が出てたけど、今の日本シニア男子で指先が一番きれいなのは田中選手だと思います。
    どこまで本人が意識してるか分からないけど手の大きさもあって指先の動きが印象に残る。

  • 4
    yuria  2018/11/24(土) 16:13:33  ID:0bfd9b163

    デカ君誕生日おめでとう!
    もう24歳なんですね

    そう、デカ君は腕長くて手が大きくて綺麗なの
    以前は地味と言われてたんですが(>_<)コツコツ努力して、魅せ方が上手になりました

    ジャンプがすんごい高い選手じゃないので、今回のように上がらないと(アクセル)着氷厳しくなっちゃうんでしょう

    また、膝足首が固い訳じゃないんだけど、身長もあるし肩幅あって骨格がっちりなので、小柄な宇野さんのようにシュッと着氷出来ないのかも…
    軸も羽生さんみたいに極細じゃないしね…

    三枠目争いが厳しくなってきましたが、フリー自信を持って臨んで欲しいです!

  • 5
    ノブリン  2018/11/24(土) 16:50:36  ID:90246a7ab

    デカくん、悔しい24歳の初滑りになってしまいましたが、今夜のフリーでのリベンジしてください。
    フリーはスピン&ステップの取りこぼしなく、ジャンプをバンバン決めて、コレオははじけちゃってください!!
    お誕生日おめでとう(*^▽^)/★*☆♪
    頑張れ~。応援しています!!

    野武凛♪

  • 6
    FS  2018/11/24(土) 18:08:52  ID:06df18123

    ただ立っている姿だけでも綺麗でカッコよく見える様になったほど上手くなったから後はジャンプさえ安定したらいいだけ。
    頑張れ~

  • 7
    たまやん  2018/11/24(土) 22:13:46  ID:56db24d15

    本当!ジェイソンブラウン選手の美しい技は別として、
    後は差はやはりジャンプ?
    フリーは英雄ウィリアムテル。
    頑張って!
    納得の演技期待してます。

  • 8
    はい  2018/11/25(日) 00:00:26  ID:3410c59b0

    今回、ジャンプをとばしちゃわなかったし、転倒もしなかった。
    一進一退しながらも、ちょっとずつ進化されてますよね。

    来季はバレエをしこたま体に叩きこんで、身体も柔軟さをアップさせて挑んでみるというのはどうでしょう。
    もしかして大化けするかもしれませんよ!

  • 9
    おつ  2018/11/26(月) 23:42:01  ID:22ff4e65b

    オリンピックに出たプログラムを継続になると、ジャッジの方もよく覚えてるでしょうから、もう少し工夫が欲しと思いました。
    最初、最後のポーズを変えるとか、ステップ大きくアレンジするとか、衣装を変えるとか…。
    全日本に向けては今シーズンに付いた無駄な筋肉を落とす事がまずは大事ですので時間が必要です。
    練習で飛べても本番飛べないジャンプの飛び方と、本番に飛べる飛び方は少し違います。今は飛べない方になっているのですればするほどそれが定着してしまいます。1ヶ月無いのでまずスピン、ステップ等、確実な所をする方がいいのかと、でもバレエ行くと軸整いそうですね。