サラ・ウルタド&キリル・ハリャヴィン ヘルシンキ2018 フリー演技 (解説:イギリス英語・ロシア語)

グランプリシリーズ第3戦、フィンランドのヘルシンキ(Helsinki)で開催された国際競技会「ヘルシンキ2018(ISU Grand Prix of Figure Skating Helsinki 2018)」、スペイン代表-サラ・ウルタド&キリル・ハリャヴィン組(Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN)のフリーダンス演技の動画です。


Date:2018年11月3日
曲名: ピンク・フロイド 「虚空のスキャット」 ~ マックス・リヒター 「ヴラディーミルのブルース」 ~ ハリー・スタイルズ 「Sign of the Times」 (The Great Gig in the Sky by Pink Floyd + Vladimir’s Blues by Max Richter + Sign of the Times by Harry Styles)
技術点:58.67
構成点:48.17
減点:1.00
合計:105.84

The Dark Side of the Moon [Explicit]
ピンク・フロイド

The Blue Notebooks (15 Years)
マックス・リヒター


Sign of the Times
ハリー・スタイルズ


フィンランド・ヘルシンキ開催、グランプリシリーズ第3戦ヘルシンキ(フィンランド大会)2018の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは羽生結弦が優勝、田中刑事8位。女子シングルはアリーナ・ザギトワ優勝、坂本花織3位、白岩優奈4位、本郷理華10位。

(イギリス英語)

(ロシア語)

(解説なし)

『サラ・ウルタド&キリル・ハリャヴィン ヘルシンキ2018 フリー演技 (解説:イギリス英語・ロシア語)』へのコメント (1件)

  • 1
    島暮らし  2018/11/04(日) 18:43:26  ID:7377b5102

    ピンクフロイドまで使った曲の組み合わせが面白いです。
    いや、それより、この組は、RDよりフリーが断然いいです。
    今シーズン、スペインの2組に注目してます。