ブレンダン・ケリー スケートカナダ2018 ショート演技 (解説:イギリス英語・ロシア語)

ISUグランプリシリーズ第2戦、カナダのケベック州ラヴァル (Laval, QC)で開催された国際競技会「スケートカナダ2018(ISU GP Skate Canada International 2018)」、オーストラリア代表-ブレンダン・ケリー (Brendan KERRY)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年10月26日
曲名:(Prelude – Havas by Hans Zimmer)
技術点:45.63
構成点:35.36
合計:80.99

カナダ・ケベック州ラヴァル開催、グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ2018(カナダ大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは宇野昌磨が優勝、友野一希9位。女子シングルはエリザベータ・トゥクタミシェワが優勝、山下真瑚2位、樋口新葉6位、松田悠良11位。

(イギリス英語)

(カナダ英語)

(ロシア語)

(解説なし)

『ブレンダン・ケリー スケートカナダ2018 ショート演技 (解説:イギリス英語・ロシア語)』へのコメント (2件)

  • 1
     2018/10/27(土) 07:28:05  ID:ee13f0a30

    美男子のブレンダン君
    なんか感じが変わりました。
    ジャンプがキレッキレ
    アモさんがコーチですか、びっくりしました
    モロゾフさんはどうなったのかわからないですが
    アモさんはいいな

  • 2
    モロゾフ  2018/10/27(土) 23:06:53  ID:f5cb42aa5

    アモディオもコーチらしくなったなあ