セルゲイ・ボロノフ スケートアメリカ2018 エキシビション演技 (解説:アメリカ英語)

ISUグランプリシリーズ第1戦、アメリカのユワシントン州エバレット(Everett, WA)で開催された国際競技会「スケートアメリカ2018(ISU Grand Prix of Figure Skating 2018 Skate America)」、男子シングル第3位、ロシア代表-セルゲイ・ボロノフ(Sergei VORONOV)のエキシビション演技の動画です。


Date:2018年10月21日
曲名:レニー・クラヴィッツ 「ザ・チェンバー」  (The Chamber by Lenny Kravitz)

ストラット
レニー・クラヴィッツ


アメリカ ワシントン州エバレット開催、ISUグランプリシリーズ第1戦 スケートアメリカ2018の出場選手・日程・結果。女子シングルは宮原知子が優勝、坂本花織2位、本田真凜8位。男子はアメリカのネイサン・チェンが優勝。

(アメリカ英語)

『セルゲイ・ボロノフ スケートアメリカ2018 エキシビション演技 (解説:アメリカ英語)』へのコメント (3件)

  • 1
    ゆりこ  2018/10/23(火) 20:23:18  ID:4347ceb47

    おジョニよ、観客は誰の肌見ても喜ぶとか侮るなかれ。
    このヴォロ様の腹チラ、目にも眩しい腹チラだからこそ、観客は歓喜の悲鳴を上げたのですよ。

    ついでにロロ様伝説のエキシも見返してみました。
    一糸纏わぬ上半身も見ものですが、やっぱりバック転や膝ぐりスピンに目を奪われますね。

    いつの時代もエキシは楽しいものですな。
    ビバ・フィギュア。

  • 2
    ブログ  2018/10/23(火) 21:30:42  ID:129f19644

    高速スピンでも乱れないロシアンカット、すごいです。
    イケメンスケーター、まだまだ頑張ってほしいわ。

  • 3
    pochabara  2018/11/14(水) 09:40:11  ID:539e47b61

    いつも気になっています。エキシビションでの黒い手袋。
    現地で観戦している方は気にならないかもしれませんが、映像でみると、暗いリンクでは手首から先が消えて見えることがあるので、ちょっと怖いです。
    指先まで見えるよう手袋をしないか、肌色にするなどよりよく見えるようにしてくれたら嬉しいんだけど。
    演技はもちろんかっこいいです。