マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー スケートアメリカ2018 フリー演技 (解説:イギリス英語・アメリカ英語)

ISUグランプリシリーズ第1戦、アメリカのユワシントン州エバレット(Everett, WA)で開催された国際競技会「スケートアメリカ2018(ISU Grand Prix of Figure Skating 2018 Skate America)」、アメリカ代表-マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー組(Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE)のフリーダンス演技の動画です。


Date:2018年10月21日
曲名:クレイグ・アームストロング 映画『ロミオ+ジュリエット』より  (Romeo + Juliet soundtrack by Craig Armstrong)
技術点:66.79
構成点:55.60
合計:122.39

William Shakespeare’s Romeo Juliet: Music From The Motion Picture (1996 Version) [Enhanced CD]


William Shakespeare’s Romeo Juliet Volume 2
Craig Armstrong、 ガービッジ



アメリカ ワシントン州エバレット開催、ISUグランプリシリーズ第1戦 スケートアメリカ2018の出場選手・日程・結果。女子シングルは宮原知子が優勝、坂本花織2位、本田真凜8位。男子はアメリカのネイサン・チェンが優勝。

(イギリス英語)

(アメリカ英語)

(解説なし)

『マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー スケートアメリカ2018 フリー演技 (解説:イギリス英語・アメリカ英語)』へのコメント (4件)

  • 1
    島暮らし  2018/10/22(月) 08:24:20  ID:ca02d6e88

    優勝おめでとうございます。

    ダントツで優勝かと思っていたけど、それほどじゃなかったようで。。。
    技術以前に、この2人のロミジュリは、やっぱり、しっくりこない。
    婚約中のハベルさんならジュリエットの気持ちになれるかと思ったけど、大人すぎるし、なんか。。。。
    でもすきな2人です。

  • 2
    ジュリー  2018/10/22(月) 09:11:15  ID:9ce54aa1f

    なぜこのかっこいい系キャラのふたりが今ロミジュリを選んだのか不思議。衣装もロミジュリらしくなく、いつもの感じだし、ただのBGMとして使っていると観た方が良いのか、イメージ打破のつもりなのか、もう一つ良く分からない。
    ショートで指を怪我したのか、イタリア組が頑張ったのか、圧勝では無かったにしては表彰式での嬉しそうにはしゃいでいる様子からは満足している様にも見えるし、どうなんだろう。

  • 3
    パリン  2018/10/23(火) 04:51:16  ID:41cfc9d02

    2018年のかっこいいロミジュリ、これはマジでパパシゼとの金争いを狙って作ってあるプログラムでは、と思いました。細部に神経が行って本当にうまくなったし、去年のツウ受けやや平板なプロよりも、後半に行くにしたがって盛り上がって行く、良く知られた曲と演劇的雰囲気をわかりやすい美女が演じる、という構成は、テサモエの位置に上手ーく入った、ということだと思います。だからこそ、来週のカナダにエントリーしたのかしら…

  • 4
    ひのえうま  2018/10/24(水) 09:53:07  ID:ca2ba9684

    マディソンの、温かみのあるたたずまいが大好き。
    大人の二人によるキッシングユーは見ごたえたっぷりです。
    これからもっともっと良くなっていくと思う。
    楽しみ!!!