アレーナ・カニシェワ JGPアルメニア杯2018 ショート演技 (解説:英語)

2018年ジュニアグランプリシリーズ第7戦、アルメニアのエレバン(Yerevan)で開催された競技会「JGPアルメニア杯2018(ISU Junior Grand Prix of Figure Armenian Cup 2018)」、ロシア代表-アレーナ・カニシェワ(Alena KANYSHEVA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年10月11日
曲名:The Show Must Go On (Moonlight Sonata) by Natalia Posnova
技術点:39.22
構成点:28.53
合計:67.75


『アレーナ・カニシェワ JGPアルメニア杯2018 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (3件)

  • 1
    花魁  2018/10/11(木) 20:55:25  ID:9f63d93ea

    月光かぁ~
    大人気だな今季はっと思っていたら違うバージョンでこちらはこちらで良かった(^ー^)

    細いけど、それだけじゃなくて脚にちゃんと筋肉もついてて危なげじゃない!
    ロシアJr.は本当に層が分厚すぎます。。。(^ー^)

  • 2
    ジャガミカン  2018/10/12(金) 00:40:36  ID:569683d21

    もうシニア顔負けの表現力。
    21歳くらいと言っても信じちゃう。
    それがまだ13才だなんて、おそロシア。
    次から次へと違う才能を持った個性的な子が現れる。
    カニシェワは体の使い方にジュニアっぽさがなくて、本当の意味で完成されたシニア選手みたいです。
    もしかするとこの天才は世界ジュニアに出られないかもしれないと思うと、ルールの方がおかしいと思っちゃいます。
    この子はロシアジュニアの4番手か5番手に相当するけど、他国に彼女に勝てる選手はいるだろうか。
    得点だけならイェリム辺りはいけそうだけど、どちらが良い演技をするかと言えば断然カニシェワかな。
    上も下も詰まってきたロシアはこの先どうなることやら。
    使い捨てと揶揄されるロシアだけど、上が詰まってると、下が困るから、ある意味活躍できなかったら容赦なく切り捨てられるのも致し方無い。
    フリーも頑張ってほしいですね。

  • 3
    yuria  2018/10/12(金) 11:01:12  ID:72bf90648

    カニカニはノーメイクの方が断然美人なんだけどなあ・・・

    ロシア人は根本的に月光のような暗い曲が好きなんでしょう

    エッジで止まるところ素敵ですね
    ジャンプよりも、ジャッジ前で見せる伸びやかなステップがすばらしかったです
    ターンがきれいに描けていました

    フリー、ガッツポーズでるかな?
    ドヤ顔が似合うので、期待しています!!
    ファイナルは大きなミスがなければ、たぶん大丈夫でしょう