アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン フィンランディア杯2018 リズムダンス演技 (解説:なし)

フィンランドのエスポー(Espoo)で開催された国際競技会「フィンランディア杯2018(CS Finlandia Trophy Espoo 2018 )」、ロシア代表-アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン(Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN)のリズムダンス演技の動画です。


Date:2018年10月6日
曲名:「マラゲーニャ」 ~ アル・ディ・メオラ 「Tango Suite, Pt. III」 ~ エディット・ピアフ 「カルメン物語」 (Paso Doble: Malaguena performed by Blast + Tango: Tango Suite Part III by Al Di Meola + Tango: Carmen’s Story performed by Edith Piaf)
技術点:42.74
構成点:36.42
合計: 79.16

Blast – An Explosive Musical Celebration (Original Cast Recording)
Original Cast of Blast – An Explosive Musical Celebration

DiMeola Plays Piazzolla
アル・ディ・メオラ

Carmen’s Story
エディット・ピアフ


フィンランド・エスポー開催、 フィンランディア杯2018の出場選手・日程・結果。女子シングルはエリザベータ・トゥクタミシェワが優勝、本郷理華16位。男子シングルはミハイル・コリヤダが優勝、山本草太9位、日野龍樹10位。

『アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン フィンランディア杯2018 リズムダンス演技 (解説:なし)』へのコメント (2件)

  • 1
    木々  2018/10/06(土) 21:41:54  ID:0b5ad3021

    美男美女、脚ながっ。もっと隠れたキャラがありそうなカップル。

  • 2
    トラブル  2018/10/07(日) 03:24:29  ID:138fa8dc9

    出だしから面白いなーと思っていたら、、、
    あのゴミ?紙吹雪?はいつから落ちていたもの?
    しかも音が出ないなんて気の毒すぎる。
    苛立っている筈なのに、ブーキンが会場に気を使っているのも、
    2人が途中からでも崩れずに演じきったのも偉い。

    本当にお人形さん顔で綺麗で衣装も良く似合ってる。
    ブーキンは、、、お父さんに、、、いい具合によく似てる。