キム・イェリム JGPチェコスケート2018 ショート演技 (解説:英語)

2018年ジュニアグランプリシリーズ第5戦、チェコのオストラヴァ(Ostrava )で開催された「JGPチェコスケート2018(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Czech Skate 2018)」、韓国代表-キム・イェリム(YE LIM KIM)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年9月27日
曲名:エンニオ・モリコーネ 映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より「愛のテーマ」  (Love Theme (from “Cinema Paradiso”) by Ennio Morricone)
技術点:40.68
構成点:28.77
合計:69.45

ニュー・シネマ・パラダイス オリジナル・サウンドトラック【完全盤】
エンニオ・モリコーネ


『キム・イェリム JGPチェコスケート2018 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (3件)

  • 1
    ツキ  2018/09/28(金) 01:01:54  ID:d57f3e417

    管理人様、ありがとうございます。

    やはりジャンプは素晴らしいですわ~
    それに、165㎝もあるのですね。コントロールするの難しいでしょうに…

    身体の成長とともにこのジャンプを調整して、もっともっと美しいジャンプにして行ってください!

    FSも期待しています!ガンバレ~!!!

  • 2
    獅子吼  2018/09/28(金) 09:51:02  ID:f419a6fa2

    管理人様 動画アップありがとうございます。

    もう少しで70点でしたね。
    技術点が高いです!!

    165cmですか。
    手足が細っそりして長くて
    ここにパワフルさが備わったら
    プログラムに相当、映えるのではないでしょうか。

    将来が楽しみな選手が、また1人出てきましたね!

    ロシア、日本以外
    多くの国の選手が競技で活躍する未来を
    想像しています。

  • 3
    ジャガミカン  2018/09/28(金) 21:57:46  ID:df0098863

    うーん。点数ほど良い演技には見えなかったですね。
    でも今季は好調みたいですね。
    ジャンプはしっかりと回り切れるようになってきたから、ポテンシャル通りの実力を出せるようになったんだろうけど、単調な感じがして、ちょっと退屈に感じました。
    もう少し緩急があると、印象がかなり変わりそうですね。
    他の韓国選手と共にロシア時代に待ったをかけられる選手に成長してくれると良いです。
    フリーも頑張ってほしいです。