セルゲイ・ボロノフ オンドレイネペラメモリアル2018 フリー演技 (解説:なし)

スロバキア・ブラチスラヴァ(Bratislava)で開催された「2018年オンドレイネペラメモリアル(ISU CS Ondrej Nepela Trophy 2018)」、ロシア代表-セルゲイ・ボロノフ(Sergei VORONOV)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年9月22日
曲名:カレオ 「Way Down We Go」  (Way Down We Go by Kaleo) *故デニス・テン振付
技術点:78.56
構成点:79.40
合計:157.96

A/B
Kaleo


スロバキア・ブラチスラヴァ開催、2018年オンドレイネペラメモリアルの出場選手・日程・結果。女子はフリーでトリプルアクセルを2回成功した紀平梨花が優勝、新田谷凜9位、男子はロシアのミハイル・コリヤダが優勝、田中刑事3位。

『セルゲイ・ボロノフ オンドレイネペラメモリアル2018 フリー演技 (解説:なし)』へのコメント (15件)

  • 1
     2018/09/23(日) 07:50:07  ID:c8c328db1

    テンくんの振付。
    ヴォロさんの力強い演技にこめられた魂に胸が熱くなります。

    そして30を越えても挑戦していくこと、本当にかっこいいです。

  • 2
    ブログ  2018/09/23(日) 08:31:14  ID:da9ead03a

    こちらの動画も見逃せませんね。
    振付依頼された側はどんないきさつだったのか知りたいところです。
    ボロノフさん、さほどきつそうでもなくまだまだ健在。
    ロシア若手男子は3番手がまだ不動ではないかもしれないとなればこれはチャンスですぞ。

  • 3
    てん  2018/09/23(日) 13:48:19  ID:38ac5db1f

    オンドレイネペラとオータムクラシックの男子フリーの時間が見事に重なってしまい、ここまでピッタリ時間が重なると特に最終Gは厳しかった。

    ボロノフ、本当に4loを入れて来ましたね。URではありましたがそのチャレンジ精神が凄い。10月3日で31歳になるそうですが、あのステップの迫力も凄かった。転倒もありませんでしたし、観ていてほんと、胸が熱くなる演技で感動してしまいます。テンくんもきっと喜んでくれていると思います。

    キスクラで頭を抱えて何を言ったのかコーチ達に大うけして花でポンポンポンと頭を叩かれていますがチームの雰囲気も良さそう。

    テンくんがらみの演技で、そのうち管理人さんがアップして下さると期待していますが、オータムクラシックの男子フリーが始まる前のアイスダンスフリーで、最終滑走の地元カナダのケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェが、テンくんの綺麗な声と曲に乗せたトリビュート・プログラム?(振付/パスカーレ・カメレンゴ)を披露してくれましたが泣けましたー。スピンまで十字架に見えて来ました。今シーズン、これを見る度に感動して泣けそうです。

    こちらがその演技↓
    https://www.youtube.com/watch?v=0SPt4B5RtcQ

  • 4
    ブログ  2018/09/23(日) 14:24:56  ID:da9ead03a

    3番さま(ずれることはないであろうと思うスレッドなのであえて)のおかげでアイスダンスの演技、他サイトで評判になってましたがここにきて初めて訪問することが出来ました。

    涙なくしてはみれません、もともとこのカップルは好きだったんですが今回は何かより神がかってると言うかD・テン君がそこにいるかのような。
    あんな歌声だったのね。どこから聞こえてたのか不思議でもあり。振付もカメレンゴさんだなんて他に思い浮かびませんね。
    遺作、伝言、メッセージ・・

    ボロノフさんといい何か予感していたのでしょうか。

  • 5
    島暮らし  2018/09/23(日) 16:12:40  ID:ebc843cf5

    ボロノフさん、体力的にもしんどくなってくるのにクワドの挑戦、頭が下がります。
    ところで、そのウィーバポジェは、グランプリシリーズに出ないんです。ですから貴重な動画となりますね。
    皆さんに見ていただきたいです。
    ボロノフさんのところですみません。

  • 6
    てん  2018/09/24(月) 00:11:29  ID:65599e5de

    >ブログさん! 
     申し訳ありません! テンくんの声ではないと思われます!
    こちらがテンくんがインスタの中に残している歌声ですが、高音が似ているのでよく考えずに思い込んでいました。
    https://www.instagram.com/p/BkIp63IDznL/?hl=ja&taken-by=tenis_den

     よく考えたら、この曲は昨シーズンにテンくんがFPで使用していた曲で、カザフスタンの歌手の方の歌です。平昌ではフリーに進めなかったのでこれを観る事はできませんでしたが、こちらのブログの中に四大陸の演技の動画はあります。地球の苦難を唄った平和へのメッセージの詩なんでしょうか?
     こちらは今年6月にカザフスタンで開催されたテンくんのショーでの演技です。この時にウィーバー&ポジェも(織田くんも)招かれて参加していた様です。
    https://www.youtube.com/watch?v=6zIm2OzsBqg
     
     ボロノフは経験のないテンくんにどうして振付を頼んだのか不思議ですよね。テンくんがロシアにいた頃のコーチ繋がりもあるのかも知れませんね。

    >島暮らし さん
     確かテンくんが亡くなられた後にウィーバー&ポジェはテンくんのトリビュートプログラム?をやるとコメントを出していたと思うのですが、それを読んだ時に、未だプログラムを作っていなかったのかな?変更するのかな?と思った記憶がありますが、GPSを欠場して引退するカナダ選手のアイスショーに出るんですね。
    カナダ選手権には出そうなので、四大陸かさいたまで観られるといいな・・・。少ないチャンス。せめてアイスショーで観せて欲しいですね。
    情報ありがとうございました!

  • 7
    島暮らし  2018/09/24(月) 10:07:49  ID:6df41a57a

    てんさんご丁寧に訂正をありがとうございました。
    フランス語のオリジナルをカザフスタンの言葉で歌っているのですね。美しいファルセットですね。
    ボノロフ選手のフリーもウィーバー&ポジェのフリーも
    できるだけ多くの人に見てもらいたいです。
    思い出すことが、デニステンさんの供養になるのですから。
    ボロノフ選手、グランプリシリーズ頑張れ!

  • 8
    ブログ  2018/09/24(月) 13:21:20  ID:6c86abb8d

    ご紹介ありがとうございます。
    D・テンさんの過去映像めぐって本当に胸打たれます。
    怪我も多く平昌ではどんなに無念だったことか。

    ボロノフさんほかしっかり受け継がれてることがわかり
    永遠に記憶に残るでしょう。
    それにしてもスケーターも多芸な人多いですね。

  • 9
    てん  2018/09/24(月) 13:37:20  ID:65599e5de

    >島暮らし さ~ん

    こちらこそありがとうございます!
    なるほど、ウィーバー&ポジェの方は確かにフランス語ですよね。カナダですし。テンくんが使用していたものとも違いオリジナルの方で、訂正したつもりがまた間違ってしまいました。
    もう適当過ぎてお恥ずかしい・・・で、反省して少し勉強致しました。

    先ずこれがオリジナルと思われる、ダニエル・バラボワーヌ(1952年フランス生まれ~1986年、33歳の時にヘリコプター墜落事故死)さんの歌声によるもの。
    この歌は1978年に発表され、翌年パリで初演されたロックオペラ「starmania」の中の「S.O.S. d’un terrien en detresse “苦悩する(悲嘆に暮れる)地球人のS.O.S.”」で、作詞はカナダ人のリュック・プラモンドンで、作曲はミシェル・ベルジェだそうで、初演の主役を務めたのがダニエル・バラボワーヌだった様です。
    https://www.youtube.com/watch?v=0tcuEuQZAQo

    次に、グレゴリー・ルマルシャル(1983年フランス生まれ-2007年、23歳の時に難病で病死)さんの歌声によるもの。
    この方はフランスの番組で優勝しデビューしたそうです。
    その歌声がこちらのようです。
    https://www.youtube.com/watch?v=7MnaNA1VjDI

    そして、テンくんが使用していたカザフスタンの歌手の歌声は
    ディマシュ・クダイベルゲン(1994年カザフスタン生まれ~)さん。
    2017年に中国のコンテスト番組に出て爆発的人気を得たそうです。
    そのディマシュさんがインスタの中でテンくんが亡くなられた時にあげていたコメントの一つとテンくんの演技動画がこちらです。
    https://www.instagram.com/p/Blb-WFplhXr/?taken-by=kudaibergenov.dimash

    ディマシュさんのコメントにも少しありますが、歌詞は「なぜ僕は生きてるの? なぜ僕は死ぬの? なぜ僕は笑うの? なぜ僕は泣くの? ほら、ここにひとりの地球人のS.O.S.がある。今まで一度も地に足が着いた気がしなかった。僕は鳥になりたかったのに。生きるのが辛い。世界を逆さまに眺めていたい。天から・・・」と出だしの一部がこんな詩だそうです。な、何だか・・・。

    私には誰の歌声もミッシェル・ポルナレフに聞こえてきますがテンくんも含め皆さん綺麗な声です。

    ウィーバー&ポジェのサイトには今シーズンのFPについて
    >Free Dance: “SOS d’un terrien en détresse” (dedicated to the late Denis Ten; choreographed by Pasquale Camerlengo)
    と書かれていました。

    テンくんのご冥福とボロノフのご健闘とウィーバー&ポジェの祈りが届きます様に。
    (間違いも含め、長々と大変失礼致しました)

  • 10
    てん  2018/09/24(月) 13:46:10  ID:65599e5de

    あっ、ブログ さん、

    長々と書いていた間に行き違ってしまいました。
    次々にウソばっかり、申し訳ありませんでした。
    わざわざ、ありがとうございます!

  • 11
    さき  2018/09/24(月) 21:53:55  ID:dd187d150

    ネペラ杯の表彰式の動画はないのかな
    ヴォロノフさんとコリヤダ君
    演技だけではなく人柄もめっちゃ好き

  • 12
    島暮らし  2018/09/25(火) 09:45:15  ID:9ccbbdf81

    てんさん、
    いろいろ詳しくありがとうございます。
    大丈夫ですよ〜間違いなどを追求しませんから。
    それより、この曲の背景がわかって、感慨深いものがあります。
    調べていただいてありがたいです。
    いろいろあったんですね〜。
    11番さま、
    去年のNHK杯で日本のファンの前で滑ることがどれほど自分にとって良いかと話してくれたボノロフ選手を応援し続けます。
    コリヤダ選手も今年は4Lz転倒しませんように。
    https://m.youtube.com/watch?v=jhHFkKEEf6o#fauxfullscreen
    これで表彰式が見られます。画像の質が良くありませんが。

  • 13
    ブログ  2018/09/25(火) 10:44:40  ID:577f58d75

    D・テン君関連でもフィギュアの理解がより深くなりました。

    皆さんのリサーチ力もすごくさっそく表彰式風景拝見。
    「オータム~」より幾分あっさり気味ですがボロノフ氏もちゃんと台乗りすごいです。そうだわが日本の刑事君もいた。

    覇者への流儀、1シェイク、1ハグ(ガバッとでなく半身ごろ)なのかな。まさか男子はキスは・・なしでしょうね。

  • 14
    yuria  2018/09/25(火) 12:03:17  ID:d4d47939d

    表彰式動画、ありがとうございます
    セリョージャとコリヤダ君、ロシア男子伝統の仁王立ちですねww
    シャイで、前髪を直す(←いつもながら!)デカ君も素敵
    大好きな三人が表彰台上がれて嬉しいです

    表彰台上で自分を見つめる子供に手を振るセリョージャ、優しいな
    先シーズンも書いたんですが、彼と同年代の選手はみんな引退してしまって・・・
    でも彼だけが頑張っているんですよね・・・
    とても感慨深いものがあります

  • 15
     2018/09/26(水) 07:36:01  ID:0c9809f6d

    表彰式の動画をありがとうございます!
    セリョージャさんとコリヤダ君の仁王立ち
    2人の挨拶がウケました。
    お人柄がわかりますね
    ザイスでセリョージャさんが目の前で演技をされて
    そのイケメンぶりに圧倒されました。