ヴィンセント・ジョウ USインターナショナルクラシック2018 フリー演技 (解説:なし)

アメリカのユタ州ソルトレイクシティ(Salt Lake City, UT)で開催された国際競技会「USインターナショナルクラシック2018(2018. U.S. International. Figure Skating Classic)」、アメリカ代表-ヴィンセント・ジョウ(Vincent ZHOU)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年9月15日
曲名:譚盾(タン・ドゥン) 映画『グリーン・デスティニー』より (Crouching Tiger, Hidden Dragon (soundtrack) by Tan Dun)
技術点:69.60
構成点:74.30
減点:1.00
合計:142.90

Crouching Tiger, Hidden Dragon

アメリカ ユタ州ソルトレイクシティ開催、USインターナショナルクラシック2018の出場選手・日程・結果。女子シングルは宮原知子が優勝、白岩優奈5位、男子シングルは佐藤洸彬が6位。

『ヴィンセント・ジョウ USインターナショナルクラシック2018 フリー演技 (解説:なし)』へのコメント (4件)

  • 1
     2018/09/16(日) 00:43:40  ID:71658b647

    最後の挨拶がいいですね
    ボーヤンの昨季のS Pと同じ曲だけど
    後半は和の「ライジング・サン」
    バトルさんのこんな曲の振り付けはびっくりしました。
    ヴィンスにすごく合っていると思います。
    怪我のために通しの練習は1週間前から
    ジャンプは1回転から戻していったそうだから
    回転不足などは仕方がないです。ー
    それにしてもこの標高の高いソルトレイクで
    バテないのは強いです。
    コロラドで練習しているのでスタミナはありますね。
    このまま怪我を再発させないように
    ずっと元気であればヴィンスはきっと大丈夫だと思います。
    くるかな〜 今度こそ

  • 2
    ほし  2018/09/16(日) 00:47:32  ID:7573c6987

    うわっ衣装が似合っていてステキです。初めて見ました。

  • 3
    dark eyes  2018/09/16(日) 03:03:43  ID:3bad1b499

    これ、バトルの振り付けでしたか。
    中国だと思っていたら後半はいきなり曲が和風になってびっくりしました(笑)
    ヴィンスは昔から訴えかけるような表現が得意だけど、このプロは今までより少し抑え目なところがいいですね。
    それでいて決めポーズはかっこいいし、最後はいやらしくなく盛り上がるし。
    今でもうまく表現できているなあと思いましたが、滑り込んでいくうちに更に何層にも重なった深みが出せそうで楽しみ。
    まだシーズン始まったばかりなのでこれからこれから。
    それにしても身体つきが大人っぽくなってきました。
    素敵に成長していますね〜。

  • 4
    ブログ  2018/09/16(日) 06:10:21  ID:949379646

    眠る前にコメントしておこうと思ったら朝になっていました。

    曲途中のどこからか竹林駆け抜ける風景が浮かんできた。
    (この表現は以前の皆さんから)
    衣装も墨絵風は素敵だけどあのフォルムは東洋をイメージ。
    振付バトルさんて聞いて彼の中には個々のアジアが区分されてるのかな。
    ビンス君は世界のホープになる素質、彼ならではのプロを積み重ねて行って欲しい。