ガブリエル・デールマン USインターナショナルクラシック2018 ショート演技 (解説:なし)

アメリカのユタ州ソルトレイクシティ(Salt Lake City, UT)で開催された国際競技会「USインターナショナルクラシック2018(2018. U.S. International. Figure Skating Classic)」、カナダ代表-ガブリエル・デールマン(Gabrielle DALEMAN)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年9月14日
曲名:ジョルジュ・ビゼー 歌劇『カルメン』より  (Carmen by Georges Bizet)

技術点:31.12
構成点: 32.16
合計:63.28

Shchedrin: Carmen Suite; Naughty Limericks; The Chimes
ロシア・ナショナル管弦楽団 & ミハイル・プレトニョフ

FILIPPA GIORDANO
フィリッパ・ジョルダーノ


アメリカ ユタ州ソルトレイクシティ開催、USインターナショナルクラシック2018の出場選手・日程・結果。女子シングルは宮原知子が優勝、白岩優奈5位、男子シングルは佐藤洸彬が6位。

『ガブリエル・デールマン USインターナショナルクラシック2018 ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (3件)

  • 1
    ツキ  2018/09/15(土) 10:17:38  ID:a947074dc

    管理人様、ありがとうございます。

    あの3T-3TにGOEいくらつくか?と思ったら少しズレてしまいました…
    ジャンプはミスがありましたが全体的に滑っていて良かったと思います。

    FS期待しています!ガンバレ~!!!

  • 2
    CVSRVGB  2018/09/15(土) 11:40:23  ID:6be72fb5b

    3T+3T GOE満点かと思った。満点かほぼ満点出しても良かったのに。
    宮原とは技術点差がないので、PCS宮原に35?デールマンの方がPCS上だと思った、リンクを大きく使ってるし。来シーズンのオズモンド選手のために3枠とって、いや取れる。今シーズンからタノジャンプが加点要素から消えたので後後半のジャンプを制限したのでロシア勢をだいぶ抑えれるタノジャンプじゃなく、すごい高さ幅流れで加点をとるカナダ勢が大躍進する。デールマンGPファイナル優勝いける。GPファイナルには絶対いける。それにしても、PCSもうちょっと高くても良かったPCS35で 66~68くらいは出しても良かったと個人的には思う。

  • 3
    pochabara  2018/09/15(土) 13:00:48  ID:f74b24362

    持ち越しプロですね?
    レベルを上げて3Lz-3Tを予定→3T-3Tに変更。
    3F→3Lzに変更、ところが2Lz(0点)がもったいない。