アンドリュー・トルガシェフ JGPブラチスラヴァ2018 フリー演技 (解説:英語)

スロバキアのブラチスラヴァ(Bratislava)で開催された国際競技会「ジュニアグランプリシリーズ第1戦ブラチスラヴァ2018(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Bratislava 2018)」、アメリカ代表-アンドリュー・トルガシェフ(Andrew TORGASHEV)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年8月24日
曲名:ユアン・マクレガー 映画『ムーランルージュ』より「エル・タンゴ・ド・ロクサーヌ」   (El Tango de Roxanne (“Moulin Rouge” soundtrack))
技術点:61.26
構成点:70.12
減点:2.00
合計:129.38

Moulin Rouge

『アンドリュー・トルガシェフ JGPブラチスラヴァ2018 フリー演技 (解説:英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    yuma  2018/08/25(土) 00:45:08  ID:bbfdbcdfa

    ジャンプ2回転倒でメダルをのがしてしまいましたね
    それでもステップやスケーティングはかっこよかったし
    表現面は去年より洗練されててよかった

  • 2
    Da Capo  2018/08/25(土) 00:48:23  ID:b406446e2

    うぅ…表彰台乗れなかったかぁ〜(> <)

    ジャンプ以外の演技そのものは良かったから、仕方ないんだけど ちょっと残念だなぁ。

    この曲は五輪でテサモエ組が滑った後だから すぐあの強烈な神演技とイメージが結びつくし、普通のジュニアだったら曲負けしちゃいそうなのに、彼はちゃんと表現できているところが凄いですね。

    最後のステップからの盛り上がりが いいわぁ♪
    (途中のカメラワークが、寄りすぎじゃ〜 足元写してくれ!と思ったけど)

    今後、ジャンプを安定させて 活躍してくれるのを願ってます。