ウィ・ソヨン 世界ジュニア選手権2020 ショート演技 (解説:英語)

エストニア・タリン(Tallinn)のトンディラバアイスホール開催された国際競技会「2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権(ISU World Junior Figure Skating Championships 2020 )」、韓国代表-ウィ・ソヨン(Seoyeong WI)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2020年3月6日
曲名: 譚盾(タン・ドゥン) 映画『グリーン・デスティニー』より  ~ 譚盾(タン・ドゥン)  映画『女帝[エンペラー]』 (Crouching Tiger, Hidden Dragon (soundtrack) by Tan Dun + Banquet (soundtrack))
技術点:36.62
構成点:28.83
合計: 65.45 (ショート6位)

Crouching Tiger, Hidden Dragon


エストニア・タリン開催、2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の出場選手、日程・結果、動画リンク。女子シングルはカミラ・ワリエワが優勝、河辺愛菜11位、川畑和愛14位。男子シングルはアンドレイ・モザレフが優勝、鍵山優真2位、佐藤駿6位。アイスダンス吉田&西山組12位。

(英語)

(解説なし)

『ウィ・ソヨン 世界ジュニア選手権2020 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (3件)

  • 1
    ツキ  2020/03/07(土) 00:04:36  ID:b502e7821

    管理人様、ありがとうございます。

    あら?FSSpはNo-value???
    しかしそれにしても韓国の選手は綺麗なジャンプをお跳びになる。
    FSもガンバレ~!!!

  • 2
    るる  2020/03/07(土) 01:10:45  ID:f08f39948

    立ち姿が美しいね。スピンちゃんと出来てたら3,4位だろうな

    韓国も次から次へと上手な子が出てくるね

  • 3
    苺タルト  2020/03/07(土) 10:49:09  ID:b5c9a1135

    ジャンプの安定感が素晴らしいです。安心して見ていられます。
    スピンが一つ0になり惜しいですが、その他はレベル4を取れ問題ないですね。
    他ではいないタイプ、アジアンビューティーですね。素敵です。
    フリーも楽しみです。楽しんで演技をして下さい。それが一番です。
    後、最後に一つ。「ELLE」12月号購入しましたよ。最後の一つでした。(売り切れが早い…)
    その中の彼女が特に綺麗でした。