マイア・フロミフ 世界ジュニア選手権2020 ショート演技 (解説:英語)

エストニア・タリン(Tallinn)のトンディラバアイスホール開催された国際競技会「2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権(ISU World Junior Figure Skating Championships 2020 )」、ロシア代表-マイア・フロミフ(Maiia KHROMYKH)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2020年3月6日
曲名:ジョシュア・ベル 映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー 」  (Fantasy for Violin and Orchestra by Joshua Bell)
技術点:37.58
構成点:29.20
合計:66.78 (ショート5位)

Ladies in Lavender.
Joshua Bell Nigel Hess

エストニア・タリン開催、2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の出場選手、日程・結果、動画リンク。女子シングルはカミラ・ワリエワが優勝、河辺愛菜11位、川畑和愛14位。男子シングルはアンドレイ・モザレフが優勝、鍵山優真2位、佐藤駿6位。アイスダンス吉田&西山組12位。

(英語)

(英語)

(ロシア語)

『マイア・フロミフ 世界ジュニア選手権2020 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (1件)

  • 1
    ツキ  2020/03/06(金) 23:29:17  ID:2ce43cd87

    管理人様、ありがとうございます。

    体格的に見栄えがするけど、ジュニアにあってはこの身長はやはり不利ですね…
    でも、どうにか頑張ってね!
    FSもガンバレ~!!!