本田真凜 ババリアンオープン2020 ショート演技 (解説:なし)

ドイツ・オーベルストドルフ(Oberstdorf)のパラベラ開催された国際競技会「2020年ババリアンオープン(Bavarian Open 2020 )」、日本代表-本田真凜(Marin HONDA)ショートプログラム演技の動画です。


Date:2020年2月6日
曲名:スコット・ブラッドリーズ・ポストモダン・ジュークボックス&ヘイリー・ラインハート 「セヴン・ネイション・アーミー」  (Seven Nation Army by Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox feat. Haley Reinhart) [振付:シェイ=リーン・ボーン]
技術点:32.00
構成点:30.72
減点:1.00
合計:61.72

Seven Nation Army
Scott Bradlee’s Postmodern Jukebox

『本田真凜 ババリアンオープン2020 ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (4件)

  • 1
    ゴロゴロ  2020/02/07(金) 13:23:00  ID:a382732f4

    やつぱり演技が良いなあ~と思ってしまう。
    特に本田選手の独特の3-3ジャンプが好きです。

  • 2
    ぷぷ  2020/02/07(金) 15:37:39  ID:3e161b8fa

    3Loー3Tしっかり回転しています。あとは鬼門の3Fだけ。
    内容は 悪くない。
    がんばれ真凜

  • 3
    cafe  2020/02/07(金) 17:18:45  ID:9fc6891f1

    このプログラムも最後かと思うと悲しいです。
    3Lo+3T今季元々安定してはいましたが、この厳しい大会でURなしの加点で成功したのはよかったです。3Fリストラして3Lzとかはだめですかね~。以前のようなシャーロットも見たいですが特につなぎいれなくても単独ジャンプ跳べるわけなので来季の戦略、気になります。

  • 4
    木々  2020/02/08(土) 00:32:29  ID:19a4b7284

    あの羽生選手のスケーティング見た後に、まりんちゃんがクリケットに行っていたらどうなっていたかな?なんて思っちゃいました。まあたられば言ってもしょうがないですね。美しさは相変わらずぴかいちです。