ユ・ヨン ローザンヌユースオリンピック2020 ショート演技 (解説:英語)

スイス・ローザンヌ(Lausanne)のパラベラ開催された総合競技会「2020年ローザンヌユースオリンピック(2020 Winter Youth Olympics)」、韓国代表-ユ・ヨン(Young YOU)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2020年1月11日
曲名:映画『ロミオ+ジュリエット』より(Romeo + Juliet) [振付:トム・ディクソン]
技術点:40.25
構成点:33.26
合計: 73.51

スイス・ローザンヌ開催、2020年ローザンヌユースオリンピックの出場選手、日程・結果・動画リンク。男子シングルは鍵山優真が優勝。女子シングルはユ・ヨンが優勝、河辺愛菜4位。吉田唄菜&西山真瑚はアイスダンス6位。

(英語)

(英語)

(英語)

(ロシア語)

【英語】ユ・ヨン ショート演技

(Youtubeオリンピックチャンネルの動画は埋め込みからの再生が不可な為、リンクのみ掲載)

『ユ・ヨン ローザンヌユースオリンピック2020 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (7件)

  • 1
    ジャガミカン  2020/01/12(日) 08:55:55  ID:3ac0cd9c0

    シニア1年目だから仕方ないけど、ジュニアの大会に混ざると、違和感なく、やっぱりジュニアだなぁという印象を受けますね。
    ただジュニアに残留していたら、ここまで良い演技ができるようにはなっていないだろうなとも思いますね。
    どのタイミングでシニアに上がるべきかというと、ユヨンの場合は今季で正解だったと思いますね。
    冒頭を2Aにするしかないためか、体力も残って、最後のスピンの連続は良かったですね。スピンも大事な得点源なので、3Aがなくても、十分高い点数が出ました。
    四大陸とか出るんですかね?
    韓国選手権もついこの間終わったばかりで、割とハードスケジュールな気がしますね。
    無理しすぎず、頑張ってほしいです。

  • 2
    相変わらず。  2020/01/12(日) 13:47:32  ID:313609060

    点が出すぎですね。今季はグランプリの時から点数が出やすくなっている印象で実力よりも出過ぎですよ。

    3-3はルッツは詰まり気味、セカンドは回転が足りてないように見えます。少なくとも2点以上加点の付くジャンプではありません。

    分かりきったことですが、韓国だからまたかという感じです。優遇される選手は応援は出来かねます。

    どうみてもスケーティングスキルはシニツィナさんの方が上です。滑らかさエッジの深さが違います。

  • 3
    中村  2020/01/12(日) 19:43:47  ID:0fb4d04d7

    宮原知子のコーチだからな

  • 4
    ふにゃ  2020/01/13(月) 01:44:22  ID:e35bb3773

    3番、中村
    うっぜぇよ
    織田オタ

  • 5
    んんん  2020/01/13(月) 07:54:45  ID:15436459a

    ジュニアの大会でシニアレベルの演技だからこれぐらい点数出て当たり前だと思う。
    韓国の選出事情は分かりませんが、他国はジュニアトップ選手を派遣、今年ならヘイン選手が妥当だったのではと思います。年齢ありきだとロシア3人娘、紀平さんが出てもいいわけで…逆にそれも見てみたかったかも⛸

  • 6
    ここ  2020/01/13(月) 11:19:57  ID:f6855fce4

    点数出すぎは、韓国選手の特権なんでしょう。ヨナの演技に比べると相当上手いです。

  • 7
    るる  2020/01/14(火) 03:34:22  ID:1f06847c2

    ジュニアっぽいけど良かったですね〜。165cmもあるのにジャンプ決まるんで凄い。点数は妥当だろ。

    来月の四大陸は紀平が優勝と思うが坂本と樋口はユヨンに勝てんだろうな。