日野龍樹 全日本選手権2019 ショート演技 (解説:日本語)

東京都渋谷区の国立代々木競技場 第一体育館で開催された国内競技会「第88回全日本フィギュアスケート選手権(2019–20 Japan Figure Skating Championships)」、日野龍樹(Ryuju Hino)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2019年12月20日
曲名:カミーユ・サン=サーンス 「交響曲第3番ハ短調作品78 オルガン付き」  (Symphony No. 3 in C minor Op. 78 by Camille Saint-Saens)  [振付:吉野晃平]
技術点:29.22
構成点:34.25
減点:1.00
合計:62.47

東京開催、第88回全日本フィギュアスケート選手権(2019年)の出場選手、日程、結果、動画リンク。女子シングルは紀平梨花が優勝、樋口新葉2位、川畑和愛3位。男子シングルは宇野昌磨が優勝、羽生結弦2位、鍵山優真3位。

(インタビュー)

『日野龍樹 全日本選手権2019 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (2件)

  • 1
    K  2019/12/20(金) 22:24:58  ID:c780c0c30

    今年は順位とか点数を気にしないで試合を見せていただきました。そうしたらどの選手の演技も落ち着いて観戦できました。日野選手の演技がまた見ることができて嬉しかったです。フリーも楽しみにしています。

  • 2
    たまやん  2019/12/21(土) 23:04:04  ID:ae5d94830

    この曲がよく合いますね。

    ノーブルな姿勢がぴったりです。
    吉野晃平さん日野さんのスケートの美しさをよく
    知っているのが分かります。

    素敵な作品でした。
    フリーも頑張って下さい。