アンバー・グレン 中国杯2019 ショート演技 (解説:スペイン語)

2019年ISUグランプリシリーズ第4戦、中国・重慶市(Chongqing)の重慶華西文化スポーツセンター で開催された国際競技会「2019年資生堂中国杯(SHISEIDO Cup of China 2019)」、アメリカ代表-アンバー・グレン(Amber GLENN)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2019年11月8日
曲名:マディリン・ベイリー 「Scars」 (Scars by Madilyn Bailey)

技術点:37.25
構成点:30.44
合計:67.69

Wiser EP
Madilyn Bailey

中国・重慶市開催、グランプリシリーズ第4戦中国杯2019の大会情報、日程、出場選手&結果&動画リンク。女子シングルはアンナ・シェルバコワが優勝、宮原知子2位、本田真凜7位。男子シングルは金博洋が優勝、田中刑事5位。三原舞依は欠場。

(スペイン語)

(スペイン語)

(解説なし)

『アンバー・グレン 中国杯2019 ショート演技 (解説:スペイン語)』へのコメント (2件)

  • 1
     2019/11/08(金) 22:54:02  ID:3e8aff15f

    USクラシックから3戦全部ノーミスはすごい
    ショートが安定しいてるのは全米に向けてもいいね
    フリーはなるべくミスなくまたパーソナルベストが出ますように

  • 2
    ジャガミカン  2019/11/09(土) 12:07:31  ID:6bb64ddec

    GPSに2戦出られるんですね。良かった。
    ショートは良いんですよね。全部カウントはしてないけど、イメージ的にはショートは3位までにいても、フリーで一気に順位を下げるんですよね。
    単純にフリーで130~140点くらい出さないといけないけど、どうしても出ないんですよね。
    才能だけなら、かなりあると思うんですよね。
    ただ発揮できないというのが、もどかしいです。
    スピンもかなり柔軟性があるから、もうちょっと工夫するだけで劇的にGOEを稼げると思うんですよね。
    あとは私はこのタイプの演技は好きだけど、
    音楽はやや無視でも、やはりつなぎをたくさん入れる方が得点を稼ぐ主流だから、難しいところですよね。
    アメリカの選手は20歳付近で急にジャンプが跳べなくなる選手が多いから、まだ3-3をクリーンに跳べるということはすごいですよね。スピン、ステップもレベル4で言うことないのですが、やはり演技構成点もほしいところです。
    他の出場者を見ても、表彰台は、やっぱり205点超えないと厳しいから、ショートだけの選手という感じではなく、フリーで良い演技ができると良いです。