ライラ・フィアー&ルイス・ギブソン  スケートカナダ2019 フリーダンス演技 (解説:カナダ英語)

2019年ISUグランプリシリーズ第2戦、カナダ・ケロウナ(Kelowna, BC)で開催された国際競技会「2019年スケートカナダ(2019 Skate Canada International)」、イギリス代表-ライラ・フィアー&ルイス・ギブソン (Lilah FEAR / Lewis GIBSON)のフリーダンス演技の動画です。


Date:2019年10月26日
曲名: マドンナ「ヴォーグ」  ~ マドンナ 「ライク・ア・プレイヤー」 (Vogue by Madonna, Shep Pettibone + Like A Prayer by Madonna, Patrick Leonard)
 
技術点:66.69
構成点:51.99
合計:118.68

Celebration
マドンナ


カナダ・ケロウナ開催、グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ2019の日程、出場選手、結果、動画リンク。男子シングルは羽生結弦が優勝、田中刑事3位。女子シングルはアレクサンドラ・トゥルソワが優勝、紀平梨花2位、本田真凜6位。 *三原舞依は体調不良のため欠場

(カナダ英語)

(スペイン語)

(解説なし)

(解説なし)

『ライラ・フィアー&ルイス・ギブソン  スケートカナダ2019 フリーダンス演技 (解説:カナダ英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    パリン  2019/10/27(日) 14:59:50  ID:7ad5bd327

    逆転3位おめでとう!
    音楽センスが良くて注目していたカップル、今シーズンはピカリと光るプログラムで飛躍の年になりそうですね。観客に親しみやすいマドンナの歌声の中で男性がゲイカルチャーを解放して独自の動きをクリエイトしたのが素晴らしい!

  • 2
    いちご  2019/10/27(日) 17:44:01  ID:bf6b41e38

    凄い盛り上がったしスピードがあって踊りも上手なんだけどオープンホールドが多くてアイスダンスの面白味が足りないように感じてしまいました。シングル選手が2人並んで滑っている感じというか…。ところでこのプログラムはアグノエルコーチ(とサムエルさんかな)振付ですか。うたしん組のドンキホーテからマドンナまでテリトリーが広いなぁと感心しました。