エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ スケートカナダ2019 ショート演技 (解説:ロシア語)

2019年ISUグランプリシリーズ第2戦、カナダ・ケロウナ(Kelowna, BC)で開催された国際競技会「2019年スケートカナダ(2019 Skate Canada International)」、ロシア代表-エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2019年10月25日
曲名:モーリス・ラヴェル 「ボレロ」  (Bolero by Joseph-Maurice Ravel)
技術点:38.77
構成点:34.80
合計:73.57

Ravel: Bolero; Borodin: Polovtsian Dances
ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団 & スタンリー・ブラック

カナダ・ケロウナ開催、グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ2019の日程、出場選手、結果、動画リンク。男子シングルは羽生結弦が優勝、田中刑事3位。女子シングルはアレクサンドラ・トゥルソワが優勝、紀平梨花2位、本田真凜6位。 *三原舞依は体調不良のため欠場

(ロシア語し)

(スペイン語し)

(解説なし)

(解説なし)

『エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ スケートカナダ2019 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (1件)

  • 1
    きつねうどん  2019/10/26(土) 18:58:04  ID:bc0c32559

    あ~またやってしまった、ソロジャンプのミス
    ツイストもスロージャンプも高くて凄かっただけに勿体なかった~
    でも見応えのあるプロ。
    ズエワさんの振付かと思ったらトランコフの振付なの?